ブラザーベア~ディズニーファン以外からの評価が高い映画

ネイティブアメリカンの神話をヒントに生まれた『ブラザー・ベア』

絵のタッチがあまりかわいくないので、(ネイティブアメリカンをイメージしているのでしょうが、ムーランポカホンタスなどと同じようなのっぺり系の人物たち)ディズニーの華やかな映画が好きな人には向かないかもしれません。

しかし、大自然の美しさと、フィルコリンズの音楽、壮大なテーマで、ディズニーファン以外からの評価が高い映画でもあるのです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

ブラザー・ベア Brother Bear 2003年

主な登場人物

  • キナイ (クマ。元人間 ♂)
  • コーダ (キナイを兄のように慕うこぐま ♂)
  • トゥーク (ヘラジカ ♂)
  • ラット (トゥークの弟。ヘラジカ ♂)
  • デナヒ (キナイの兄)
  • シトゥカ (キナイ・デナヒの兄)

主題歌・挿入歌など

  • ルック・スルー・マイ・アイズ
  • グレイト・スピリット
  • ようこそ
  • ブラザー・ベア
  • 変身
  • ぼくの旅

φ(..)メモメモ

  • 続編に、『ブラザー・ベア2』がある。

ブラザー・ベアのあらすじ

氷河期後のアメリカ北西部。

まだ人間が自然の一部として、動物たちの精霊に守られて暮らしていた時代のお話です。

主人公のキナイは3兄弟の末っ子。

しっかり者の長男シトゥカはクマとのトラブル(正確にはキナイが原因ですが)で命を落とします。

その後、復讐のためにクマを殺したキナイは、大自然の怒りに触れ、クマの姿に変えられてしまいます。

人間に戻るために、キナイは光が降り注ぐ大地へ向かうのですが、ひょんなことから迷子の小熊コーダと一緒に向かうこととなり、やがて2人(2匹)の間に絆が芽生えます。

しかしコーダの母熊は、あのときキナイが殺したクマだったのです!

続きは本編で♪

ブラザーベアの見どころ

復讐をすることで、また新たな復讐を生むことになりかねない。

相手の立場からも物事を考える重要性が描かれています。

私は、もし愛する息子が殺されたとしたら、刺し違えてでも相手を殺しに行くと思う。

ただ、それが正しくない行動だということはわかっています。

この映画を観ると本当によくわかります。

でも・・・難しいですね。

ブラザーベアの特徴

DVDの最初に注意(お知らせ)が出ますが、この作品は最初の24分とその後で画面のサイズが変わります。

ちょうど、キナイが熊に変わったところです。

主人公が熊になったところで、私たちの視野も広がり視覚的効果が得られるのだと思います。

ブラザーベアの音楽

なんといっても音楽!

最初の壮大な大自然と共に流れる掴みの部分。

ここはティナ・ターナーが歌う♪グレイトスピリットがピッタリ。 なんと日本語版では、天童よしみさんが歌っています。

さらに、フィルコリンズが日本語で歌う ♪No Way Outは心に沁みます・・・

左から:コーダキナイ

ブラザー・ベア2

ブラザーベアの続編。

キナイが幼い頃の友達、ニータ(人間の女性)が登場します。

ブラザーベア2のあらすじ

キナイコーダが楽しく暮らしているところへ、ニータが現れます。

ニータは、幼い頃のキナイとの縁を断ち切らないと結婚できない。とグレイトスピリッツ(祖先・精霊・動物たちの魂のようなもの。見た目はオーロラ)に言われました。

縁を断ち切るために、幼い頃にキナイにもらったお守りを2人で、グレイトスピリッツの元で燃やさないといけません。

キナイコーダニータで旅をするうちに、ニータの気持ちが変わっていきます・・・

続きは本編で♪

ブラザーベア2について

映画ではなく、OAV(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として2006年に販売されました。

内容は、前回とは違い軽いです。

兄弟(家族)愛と、恋愛が少し入ったもので、観る前から結末が予測できるタイプ。

でも、わかっているのになぜか泣いちゃうんですよねぇ・・・。

ブラザーベアの吹替えについて

ブラザーベアではキナイの吹替えを、少年隊の東山紀之さんがしていたのですが、ブラザーベア2は声優さんだけでの吹替えになっています。

ブラザーベア 予告編

ブラザーベア2 予告編

うーとおすすめ度 ★★★★★

未就学児には少し・・・かなり難しい内容かもしれません。

また、絵がこんなのなので最初の24分はつまらなく感じるかも。

ディズニーが好きでない大人の方にもおすすめの映画です。

最初は少し重いですが、ディズニーらしいハッピーエンドなので、観終った後にグッタリすることもないと思いますよ。

ブラザーベア好きに観て欲しいディズニー映画

ブラザーベア好きのみなさんに、私がおススメしたい映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典②

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆