セミナー(勉強会)に参加するなら名刺は必要?

名刺は、営業職の必須アイテムだと思っていたら、その他事業などをしている方だけでなく、ブロガー名刺や、ママ名刺なんてものもあるようです。

実は明後日、岡山でブロガーの勉強会があるんです!

私は、そういう催しに初めて参加するのでわからないことだらけですし、ほとんどの方に初めて会うことになります。

そんなこんなで、勉強会の2日前になって、

うーと

あっ! 名刺ってあったほうがいいよね?

となったわけです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

オリジナル名刺を作ろう

これから名刺を配る機会があるかもしれないので、オーダーしてもよかったのですが、もしかしたら名刺に記載する部分に近々変更するかもしれない箇所があったこと、今回は20枚程度でよかったこともあり・・・というか2日前(というか正確には1日ちょい)だと、どこにオーダーしても間に合わないですよね。

そんなわけで、手作りすることにしました。

名刺作りに必要なもの

名刺サイズのカードを用意します。

私は、「ママ名刺」とまではいかないものの、息子が幼稚園時代は、息子が仲良くなった子のお母さまにカードを渡すことが多かったです。

幼稚園だと全部が平仮名なので、

  • 漢字と読み仮名つきで息子と私の名前
  • 私の電話番号
  • メールアドレス

など。

当時はそんなにLINEが一般化されてなかったので、メアド交換が主流でした。

そんな経緯からうちにはカードがたくさんあります。

シンプルなものから凝ったものまで、100均で購入できますよ。

名刺の作り方

  1. カード台紙
  2. ペン
  3. ハサミ
  4. マステ

私は、100均(セリア)で売られているシンプルなカードにしました。

ペンは、三菱鉛筆のSignoがお気に入り♪

これも100均で買えます。

このカードが思ったより薄くてペランペランだったので、たくさんの名刺に紛れてしまわないようにお気に入りのmt(マステ)を使いました。

ハサミは、mtをカットするためのものです。

あっ!よく考えたら、プリンターで出力する方法もありますよね。

でもまぁ「TV観ながら」とか、「子供の習い事の待ち時間に」とか、隙間時間で作れるので手書きもいいかな?(←本当は、ただプリンターを使うという現代的な行為を思いつかなかっただけ)

①デザインを考える

色々書いてみました。

名刺に「よろしくお願いします」って書いてみたのですが、それだと渡すときに言うセリフがなくなってしまうことに途中で気付きました。

②書く・貼る・カットする

デザインが決まったら、ひたすら書きます。

そしてmtを貼って、端っこをきれいに切れば出来上がり。

mtがはみ出てると、他の方の名刺にくっついてしまったりして、相手の方にご迷惑がかかってしまうため、きっちりカットしましょう。

手作り名刺のメリット

  • 作っていて楽しい
  • 自分好みのカードを作れる
  • 材料代がかからない
  • ブログのアドレスを覚えれる

今回は、家にあるものだけで作ったので制作費は無料です。

さらに、20枚書いたら自分のブログのアドレスを覚えることができました!

手作り名刺のデメリット

  • 時間がかかる
  • 結局はコスパが悪い

20枚作るのに30分ほどかかりました。

そう考えると、近頃は1枚10円かからず作れるところもあるので、コスパは悪いです。

名刺はオーダーするもの?

今回は手作りしましたが、名刺を渡す機会がそこそこある状態なら、オーダーしたほうが手っ取り早いと思いますよ♪

プロに任すなら⇒♪ビスタプリントのプレミアム名刺♪ 3500種類以上のデザインから選べる(写真/ロゴアップロード可)

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆