チャイナタウンのマックスウェルフードセンターに一番美味しいチキンライスがある?

シンガポールでローカルフードを食べたいのなら屋台が一番!

屋台はシンガポールでメジャーな存在です。

一般的に、外にあるお店の集まりをホーカーズ(屋根があるところが多い。倉庫みたいなイメージ)

建物の中にあるお店の集まりで日本にもよくあるタイプをフードコートと言います。

今回紹介するマックスウェル・フードセンター以外にも、

にも行ったのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

一番美味しいチキンライスはマックスウェル・フードセンターに!

日本人向けのガイドブックで人気1位常連は文東記なのですが、タクシーの運転手さん、私の友人が一番美味しい!というのがこのマックスウェル・フードセンターにあるチンライスなのですが・・・

閉まってました(´;ω;`)

ここには11時までには行ったほうがいいと思います。

人気のお店が多く、売切れたら閉まります!

ホーカーズ・フードコート利用の仕方

1人の場合は難しいですが、まず席を確保しましょう。

席をゲットしたら、盗まれても大丈夫なものをテーブルに置いて存在をアピール!(それでも無視して座る人もいるそうです)

何人かいる場合は、誰か1人残って席をキープしておくのが得策です。

席には番号があるので、それを覚えておけば席まで運んでくれるお店もあります。

マックスウェル・フードセンターで食べたもの

さとうきびを生絞り?

シュガーケイン ジュース

甘いだけでなく、ちょっと草っぽい味がしました。

なんだか懐かしい感じ。

でも息子は飲めず。

シンガポールではキャロットケーキも有名!

「ケーキ」といっても甘いものではなく、大根餅のことです。

黒と白があります。(上の画像真ん中が黒、その右側が白)

上:キャロットケーキ(黒)
下:オイスターオムレツ

キャロットケーキは黒にしました。

ビールに合う美味しさ。

そして、息子がほぼ全部食べたのがオイスターオムレツです。

まとまっていない牡蠣入りお好み焼きみたいな感じで美味しい!

左:ロジャ
右:ポピア

ロジャは、キュウリやパイナップルや揚げなど、普段日本では融合することない野菜たちが一緒になって炒められているもの。

ポピアは、春巻きの皮で大根や野菜や卵を巻いたものです。

味が濃いので右下のお粥に混ぜて食べる・・・

カエルです。

COCKLEという貝。

オイスターオムレツを食べ終わった息子が次にはまったのがこの貝です。

ダックライス(チキンとダック)

この日は、友人2人と一緒だったのでたくさんの種類を食べることができました♪

チャイナタウンフードストリート

もうお腹いっぱいなので、すぐ隣のチャイナタウンで雰囲気を味わったあと、締めのスイーツを、チャイナタウン・フード・ストリートでいただきました。(スイーツは別腹)

ここには、おもしろお店がいっぱいあるのでお土産にもいいかも!

地元の人が多い感じ

2番と3番を注文

奥:③のチェンドル
手前:②のアイスカチャン

チェンドルはシンガポールで有名なかき氷で、ココナッツミルクブラウンシュガー寒天(パンダンリーフで色付けされた緑色のもの)・小豆がかかっています。

これは日本人好みかも!

アイスカチャンは、3色のシロップ練乳小豆ゼリーコーンがかかったかき氷。

コーン・・・

コーン・・・

コーン・・・(T_T)

チャイナタウンコンプレックスにはミシュランの屋台も

私は今回行けなかったのですが、チャイナタウンコンプレックス フードセンター(2F)にある、香港油鶏飯麺は、ミシュランの星がついた世界初の屋台です。

開店前に行っても1時間以上待つこともあるそう。

平日の朝一番に行くのがいいかも。

数々の宗教が混在するエリア

スリ・マリアマン寺院

シンガポール最古のヒンドゥー教の寺院です。

チャイナタウンには、モスク(イスラム教)や寺院(道教)など、様々な宗教系の建物があります。

スリマリアマン寺院の前の歩道は靴だらけ(靴を脱いで入るらしい)で踏まずに歩くのは不可能なほどでした。

シンガポールは比較的安全な国ですが、この辺りは人混みもありますしスリなどに注意してくださいね。

シンガポール旅行記☆目次☆

※チャイナタウンについては旅行6日目の記事にも書いています。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆