遠足のおやつは300円までですか?いいえ0円です!#dagashiblog

先生:「明日の遠足のおやつは300円以内です。それ以上はダメですよー。」

生徒A:「先生! 消費税込みですかー?」

生徒B:「先生! バナナはおやつに入りますかー?」

生徒C:「100円のおやつを半分食べて50円にして計算してもいいですかー?」

などなど楽しいやりとりが行われる遠足前の学活。

ところが、最近の小学校ではこの風景が消えているのをご存知ですか?

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

遠足におやつはNG

もちろん全国どこの小学校も同じではないと思います。

うちの息子が通っている地域の小学校では、「遠足におやつはダメ」なんです。

「はぁ? 遠足の楽しみ半減どこか、遠足の楽しみゼロじゃないかいっ!」

と思ったのですが、これには深い闇があるそうです・・・

遠足おやつダメの闇その①

300円以上持ってくる人がいる。

遠足おやつダメの闇その②

「Aくんがうちの子のおやつを全部食べた。と言ってるんですが・・・」というクレーム電話をしてくる親がいる。

遠足おやつダメの闇その③

おやつを用意できない子どもがいる。

どれが本当の理由かはわかりませんが、巷では、このようなことがささやかれているのです。

遠足におやつを買うのは算数の実践勉強

私が小学生のころは、遠足のおやつを買いに、300円握りしめて駄菓子屋に通っていました。

当時はまだ消費税なんてなかったですから、駄菓子屋へ行くとキリの良い金額でピッタリ300円買うことができました。

確かに今の時代、消費税のせいで計算が難しいですが、この算数の実践勉強って大事だと思うんです。

「これ食べたいけど、10円オーバーするから、うーん。これをやめて、でもそしたら20円余るから・・・」なんて最高に楽しい時間だと思うんだけどなぁ。

友達とキャーキャー言いながら買ったのはいい思い出。うん。

これも時代の流れなのかなぁ。

さみしいです。

おすすめの駄菓子

ここから話をガラッと変えて、私の駄菓子への愛について語りたいと思います。

私は小学生の頃、10円で買える水を入れて飲むジュースパウダーが大好きでした。

水を入れる前に、先にストローでちょっとだけ粉を吸うの。

濃いんだけど美味しい。

そしてむせる!

それと、10円でできるくじ引きで当たれば2杯、ハズレだと1杯入れてくれるチーズあられカレー味のスナック

これらも大好きだったなぁ。

もちろん遠足には持っていけないけど。

同じく、くじ引きで当たれば大きいの。外れたら小さいサイズになる黒棒くじ

これも大好きでした。

ハズレの小さいやつのほうが美味しいの。

大きいのは黒糖味の麩菓子だったんです。

だから、このクジだけはハズレたかった!(でもそういうのに限って当たったりする)

そして駄菓子ではないけど、必ず遠足のときに買っていたのが、クリームソーダーのキャンディ

中にクリームが入っているの。

それが大好きで毎回買っていました。

でも、友達に人気だったのは、同じシリーズのさくらんぼの詩でした。

これも美味しいよね。

小学校を卒業してからは、ビッグカツヨッちゃんイカなんかも食べたけど、私が今でも一番好きなのは・・・

ポテトフライ

これは大人になってからも大好き!ビールに合うの!

というわけで、大好きな黒棒とセットで買ってきましたー\(^o^)/

やっぱり美味しい~(≧▽≦)

駄菓子最高~!

夜中に大量カロリー摂取~!

今の小学生たちが駄菓子を買わなくなってしまったら、30年後には駄菓子はなくなってしまうのではないかと心配です。

どうか先生方、遠足のお菓子を復活させてくださいっ!

最後に

この記事は、もふちゃんしむちゃんに刺激されて書きました。

お2人の記事は、最高にロックなのでチェケラッチョ!ですよ♪

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆