きつねと猟犬・トッドとコッパーの大冒険~ディズニークラシック映画

1981年にアメリカで公開された映画『きつねと猟犬』です。

日本では1983年に、東京ディズニーランド開園記念として『バンビ』とともに公開されました。

原作は、アメリカの作家ダニエル・P・マックスの『きつねと猟犬』です。

よくあるディズニー映画の勧善懲悪的なハッピーエンドではありません。

日本では猟犬があまり日常ではないので、子どもは少しわかりにくいかもしれませんが、先に猟犬について理解していれば、子どもにも大人にも深く考えさせられる映画です。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

きつねと猟犬 The Fox and the Hound 1981年

主な登場人物

  • エイモス・スレッド (猟師)
  • コッパー (エイモスが飼っている猟犬)
  • トゥイード婦人 (エイモスの近所に住んでいる)
  • トッド (トゥイード婦人に育てられたキツネ)

φ(..)メモメモ

  • 原作は、アメリカの作家 ダニエル・P・マックスの『きつねと猟犬』
  • 続編『きつねと猟犬2~トッドとコッパーの大冒険』がある。

きつねと猟犬のあらすじ

森の中で、一人暮らしのおばあさんに育てられている子ぎつねのトッドと、隣のこれまた一人暮らしの猟師の家に住む猟犬のコッパー

2匹は大の仲良しで、毎日森で楽しく過ごしていました。

しかし時が経ち、2匹は自分たちの意思に反して対立を深めていくことになります。

2匹は、心の中では永遠の友情を誓うのですが、別々の世界で生きていくこととなるのです・・・

続きは本編で

きつねと猟犬のテーマ

立場が違う2匹の純粋な友情が、成長とともに崩壊していくという物語。(猟犬はきつねを追うものなので)

こういうことは、人間の世界でも多くあると思います。

幼い頃一番仲が良かった2人が親の転勤で離ればなれになり、次に再会したときは敵同士になっていて・・・なんてドラマや映画多いですよね。

これを見事に純粋に動物を使って描いた素晴らしい作品が『きつねと猟犬』です。

状況の変化に順応するべきなのか。

状況の変化より自分の気持ちを優先すべきなのか。

色々考えさせられる映画です。

きつねと猟犬2~トッドとコッパーの大冒険

2006年に続編が発売されました。(映画化はなし)

続編というよりは、トッドコッパーが幼い頃の一コマで、番外編のようなものです。

今回は登場動物(キャッシュディキシーなど)も増えました。

きつねと猟犬が重かったので、こちらは友情がメインの少し軽めの仕上がりです。

しかし、色々考えさせらることも多いので、ぜひお子さんには2作とも観ていただきたいです。

きつねと猟犬 予告編

きつねと猟犬2 予告編

うーとおすすめ度 ★★★★★

かわいいキャラクターとは裏腹に、考えさせられるの多い重めの映画です。

また、涙なしでは観れないシーンが多く大好きなペットとお別れするシーンもあるので、気持ちが弱っているときには観ないほうがいいかもしれません。

きつねと猟犬好きに観て欲しいディズニー映画

きつねと猟犬好きのみなさんに、私がおススメしたい映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典①

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆