セントーサ島への行き方「タクシーはダメ?」~シンガポールVivoCity

シンガポールへ行くなら、セントーサ島はおさえておきたい場所!

  • ユニバーサルスタジオ(USS)
  • 一番大きなマーライオン
  • キッザニア
  • 水族館
  • 熱帯魚と一緒に泳げる、ウォータースライダーが有名なプール
  • スカイダイビング気分が楽しめる「アイ・フライ」
  • セグウェイで散歩
  • スカイラインリュージュ
  • メガジップアドベンチャー
  • 4Dアドベンチャー
  • ビーチ

オレンジ文字は私が体験したものです。詳しくはコチラ

など、様々なアクティビティが楽しめます。

そんなセントーサ島へは、シンガポール市街地からタクシーで10分かかりません。

でも、タクシーで行くのはちょっと待って!

セントーサ島へ行くなら他の方法のほうが絶対お得なんです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

セントーサ島へ行く方法

画像左:イージーリンクカード
画像右:スタンダードチケット

セントーサ島へ入るのは、有料です。

入る方法は、

  • 徒歩:1ドル
  • バス:2ドル
  • モノレール:4ドル
  • ケーブルカー(ロープウェイみたいなもの):大人13ドル~
  • タクシー:???

私はセントーサ島へ2日間行ったのですが、初日はタクシー、2日目はモノレールを利用しました。

もちろんタクシーもいいのですが、MRTを利用している方でしたら断然モノレール。

そうでなくてもVivo Cityで一度タクシーを降りてみるのもいいかも!

セントーサ島内の移動

画像左:セントーサ島モノレールのチケット4ドル
画像右:改札で息子がもらったステッカー

セントーサ島内のアクティビティをはしごする場合、モノレール(モノレールチケットを買えば、島内は何度でも乗れる)、無料のバスを使います。

セントーサ島内のタクシー移動はNGです。

まず、断られます!(はい。私、怒られました。そしてムダに15.56ドルも払いました)

※体の不自由な方はこの限りではありません。足が痛いとか、体調が悪いときとかは理由を話せばOKかも。

近いので頑張れば歩いていける距離のところもありますし、バスを利用すればタダです。

モノレールも次の駅まで1分。という距離です。

島内の移動は、無駄にタクシーの列に並ばないで、バスやモノレールを使いましょう。

VivoCity(ビボ・シティ)

イージーリンクカード(日本でいうPASMOみたいなもの)を持っている場合は、新たにチケットを買う必要はありません。

VIVO Cityの改札横には、長蛇の列ができるセントーサ島のアクティビティチケット売り場があります。

何個かのアクティビティを利用するならここで買うのがおススメ!

めっちゃ安いです。

別々に買った初日がバカらしくなるくらい・・・(´;ω;`)

そしてここには、フードコートもありますよ♪

Food Republic(フードリパブリック)

フード・リパブリックは、Vivo City以外にもたくさんある有名なフードコートです。

Vivo Cityのフードリパブリックは、モノレールを使う人には便利な立地ですし、お店もたくさんあるので食べ物も色々選べ・・・ませんでした。

私が行った日は閉まっているお店が多かったんです。

でも、ゆーーーっくり食べることができました。

利用したのは9:30頃と17:00頃の2回です。

カヤトーストで有名なToast Box

カヤトーストが有名なトーストボックス

カヤトーストは、そのままでも美味しいですが、どうせなら、ローカルっぽい食べ方をしてみましょう!

セットをオーダーすると、温泉卵みたいな超半熟卵っぽいのが2つ付いてきます。

生卵を割って、白コショウと甘いトロッとしたさしみ醤油みたいなものを入れて、混ぜたものにカヤトーストを付けて食べます。

うーん!美味しい(≧▽≦)

セットのコーヒーは、Kopi O Koson(コピ・オ・コソ)をオーダーすればブラックコーヒーを飲めますよ♪

※フェリーターミナルで食べたカヤトーストはコチラ

タピオカフライ

フライド・タピオカ・ケーキです。

モッチモチの不思議な食感でした。

あまり粘りのない軽いお餅をフライにした感じ?(わかりにくい)

ドラゴンフルーツ

南国フルーツ系はアレルギーがあるので避けていたのですが、最終日ということもあり食べてみました。

ドラゴンフルーツは、薄味で水分補給にいいかも!

ここでは、生フルーツを絞ったジュースもいただけます。

知覚過敏の人も大丈夫!

氷入りと氷なしを選べます。

行きも帰りも同じジュースをオーダーする2人(息子と友達)

TUTU KUEH ~ローカルスイーツ

優しい味のお菓子です。

温かいうちに食べるのがおススメ!

味は、ココナッツとピーナッツから選べます。

これはピーナッツ

下の葉っぱは、パンダンリーフです。

カヤジャム(カヤトーストにはさんであるジャム)の緑色はこの葉っぱの色なんですよ♪

フードコートやホーカズを利用すれば、ローカルフードも食べることができますし、食事代も抑えることが出来ます。

セントーサ島へ行くならVivoCityでちょっと休憩するのもおススメです。

シンガポール旅行記☆目次☆

※Vivo Cityについては、旅行7日目の記事にも書いています。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆