マレーシアンフードストリートと鼎泰豐~シンガポールセントーサ島

セントーサ島では、様々なアクティビティを体験することができます。

その中でも、リゾートワールドセントーサエリアには、

  • ユニーバーサルスタジオ
  • 水族館
  • プール

が同じエリアにあり、さらにそこには、ホテルやカジノ、ショッピングや食事が楽しめる、屋根がある2階建てのストリート(画像上参照。一部屋根がないところも)もあります。

日本のUSJとシティウォークみたいな感じ。

ハードロックカフェなど同じような、USJのシティウォークお馴染みのお店も色々ありましたよ♪

カジノ(もちろん息子は入れません)

アートもたくさん

USSでハロウィンナイトをしてたから人が多い!

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

マレーシアンフードストリート

高そうなお店が多いエリアですが、怪しい雰囲気で人がほとんどいない韓国フードストリートや、マレーシアンフードストリートもあります。

シンガポールは、中国・マレー・インドネシア・インド系のお料理や、それらが混じったプラナカン料理が有名です。

マレーシアンフードコートも、チャイナタウンのフードコートにも同じようなメニューがあります。

色々な文化が融合しているんですね。

お箸とかスプーンとか

チキンライス

ヌードル(ヌードル系多いです)

牡蠣のお好み焼きをひっくり返すとき失敗したみたいなやつ(めっちゃ美味しい!)

プロウミー

骨付き豚入り

バクテー(ブラック)

漢方のニオイがします

ロティ・プラタ(鉄板版のナンのようなもの)

香辛料いっぱいで辛いけど美味しい

チャークェイティアオ

お米でできた幅広麺を炒めたもの

ライムプラムジュース(すっぱいマンみたいなのが入ってるよ)

エッグタルト(激うま)

子どもが好きそうなものは少ないかも。

ここでは息子、ほぼ食べず。

辛かったり、酸っぱかったり、独特の匂いがあるから、あまり変わったものに食べ慣れていない子どもは食べれないかもしれません。

支払金額

ライムプラムジュース 3ドル

※ここではほぼ友人が支払いをしてくれたので金額はわかりません。

小籠包といえば台湾の鼎泰豐

ユニバーサル近く、先ほどのマレーシアンフードコートにも近い、小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)です。

実は私、結婚してすぐに妹とグアム、その半年後に友達と台湾、と夫をおいてフラフラしていたときに台湾で美味しくいただいたのがこの鼎泰豐の小籠包だったんです。

ちょっとそれが心苦しかったこともあり、今回夫に食べさせてあげよう。と思ったのですが・・・

ほぼ全部息子が食べました。

息子よ・・・

  • 水(有料)1ドル×3
  • 小籠包 11.3ドル
  • エビ餃子 13ドル

これに17%の税金が入って、32.10ドルでした。

今は日本でも鼎泰豐の支店が17店舗もあるので、そのうちパパの口にも入るでしょう(;´∀`)

ユニバーサルスタジオの中のレストランは高いし、美味しくないので、外で食べる方が間違いないと思います。

どちらもユニバーサルスタジオ出口から徒歩5分以内ですよ。

シンガポール旅行記☆目次☆

※鼎泰豐については旅行2日目の記事、マレーシアンフードストリートについては旅行7日目の記事にも書いています。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆