トレジャープラネット ~ディズニー映画『宝島』原作の海賊物語

冒険小説として有名な『宝島』のSF版として制作されました。

宝島は、今から100年以上前の1883年にイギリスの作家ロバート・ルイス・スティーブンソンが発表したもの。

ディズニーは、1950年に実写版『宝島』も劇場公開しています。

実写版は海上でのお話でしたが、この『トレジャープラネット』の舞台は宇宙!

ディズニーアニメーション初のSF作品です。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

トレジャー・プラネット Treasure Planet 2002年

主な登場人物

  • ジム・ホーキンズ (15歳の少年)
  • サラ・ホーキンス (ジムの母)
  • ジョン・シルバー (宇宙海賊の頭)
  • ドップラー博士
  • アメリア船長 (レガシー号の船長)
  • ベン (ロボット)
  • アロー (レガシー号の一等航海士)

主題歌・挿入歌など

  • I’m still Here

φ(..)メモメモ

  • 原作は、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの『宝島』

トレジャープラネットのあらすじ

非行少年15歳のジムが、ひょんなことから宝の地図を手に入れます。

子どもの頃からずっと憧れていた大海賊のお宝の地図。

ジムは、母の友人ドップラー博士と共に、船・乗組員たちを雇い宝島(宝が隠されている星)を目指す物語です。

続きは本編で。

トレジャープラネットの見どころ

主人公のジム・ホーキンスは、幼い頃自分を捨てた父への思いがあるのか、問題行動が多く、自分の居場所を見つけられず、もがいている青年。

現実社会にもよくいるようなタイプなので、宇宙が舞台の映画であるにも関わらず、身近に感じられる映画です。

  • 海賊
  • 宝探し
  • サイボーグ

という子ども心をくすぐる要素満載で、冒険ものが好きなお子さんにはおススメです。

ただし、大人は早い段階で結末がわかってしまうので、ドキドキワクワクしたい方にはおススメしません。

そして・・・吹替え版が最強です。

ディズニーまたまたやっちゃった ダメダメ吹替え

主人公ジムの吹替えがひどい!ひどすぎる!

1995年~2005年の10年間は特に、話題集めだけで吹替え人材を選びすぎですっ!(でもこの人そんなに話題にも人気にもなってないような・・・←毒)

もう一人の吹替えアメリア船長は、有名な個性派女優さんで私は大好きなのですが、これはないです。

後半しか出てこない、キーパーソン(ロボットだけど)であるベンは、山寺宏一さんが安定感のある吹替えをしているにも関わらず、周りが周りだけに浮いているという奇妙な状態になっています。

それはある意味見どころかも。

子どもに観てもらいたくても、吹替えがダメだから日本で売れなかったんでしょうね。

大人なら実写版『宝島』が色々な会社から10本以上制作されているのですから、そちらを観るでしょうし、本当に残念でなりません。

海賊映画を観たいのであれば、ディズニーの『パイレーツオブカリビアン』を断然おススメします。

トレジャープラネットの音楽

主題歌「アイム スティル ヒア (ジムのテーマ)」は、アメリカのロックバンド「グー・グー・ドールズ」のジョンレズニックが担当しています。

トレジャープラネット 予告編

うーとおすすめ度 ★★☆☆☆

内容はよくある冒険もの。

吹替えがひどすぎて気持ちが乗らない。などの理由から低評価とさせていただきます。

トレジャープラネット好きに観て欲しいディズニー映画

トレジャープラネット好きのみなさんに、私がおススメしたい映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典②

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆