嵐にしやがれを観ていたら「若返る方法」を思いついた!

こんにちは。

リアルタイムでTVを観ることはあまりないのですが、録画しておいた番組で気に入ったのは何十回でも観るうーとです。

先日、田中彩子さん(ソプラノ歌手)が、『嵐にしやがれ』に出演された回は、100回以上(田中彩子さん出演シーンのみ)観ています。

理由は、嵐のみなさんがかっこよかった。というのはもちろんのことですが(←とりあえずそれは置いといて)、芸人さんもビックリするような、素晴らしい切り返しに惚れたからです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

嵐(二宮和也くん)のキレが半端ない

他人をいじって、場をおもしろくしつつ、その人を傷つけないで、なおかつその人の印象を良いものにするってなかなかできないですよね。

しかもそれをアドリブ(←たぶん)でこなしている二宮くんをみて、

  • 頭がいい!(頭の回転がはやい)
  • きっと本当にいい人!

と思いました。

うーと

そして、その技を習得しようと、100回以上観ているわけです。

2018年1月20日の放送(ネタバレ注意)

まだ録画しているのに観ていない人は読まないでくださいね。

メンバー

  • 田中彩子さん(ソプラノ歌手)

田中彩子さんは、日本語があまりうまく話せないのですが、前回の放送(2017.12.2:「嵐にしやがれ」の二宮さんのコーナー「隠れ家ARASHI」に出演されました)の後、その天然っぽさが人気となり、今回のゲストとなったようです。

概要

「田中彩子さんについてもっと知りたい」特集で、嵐の5人と田中彩子さんとのトークがあり、

  • 記憶力がない
  • ネコが好き
  • 菌が怖い

などの話をしました。

その後、田中彩子さんが、嵐の「Still…」を歌うことになったのですが…

ポップスを歌うのっていつぶりですか?

あー…記憶にないくらい…

十何年ぶりです

えー…ちなみにですけど、みなさんには悲しい話かもしれない…

あぁ!

歌った歌った!

…歌ってます!

(2017.12.2の「嵐にしやがれ」の二宮くんのコーナーで、嵐のOne LOVEを歌った)

記憶がね。記憶が。しょうがないよ。

(笑)

申し訳ないけど、この記憶もすぐなくなりますよ。

(なので、)みなさんの記憶にとどめておいてください。

嵐の一部のファンからすると、「嵐の曲を歌ったことを、半年もたっていないのにキレイさっぱり忘れている!」というちょっとムッとするかもしれない出来事を、こんな風に上手にまとめてくれるなんて、二宮くんすごすぎです!

トークがうまい人と一緒にいると話し上手になる説

「二宮くんのような切り返しができるようになりたい」

そう思って何度も同じシーンを観ていて気付いたのが、トークが上手い人のそばにいると、自分もトークが上手くなるのではないか?ということ。

トークが上手いというのは、

  • ただおしゃべりなだけ
  • 確かにおもしろいけど周りのことは考えていない
  • 自分だけが人気になればいい

というのとは違います。

そういう人からも、反面教師として学ぶこともできるかもしれませんが、精神的に疲れてきちゃいますからね。

うーと

どちらにしろ、本人に学ぶ気がなければダメですけど

かわいい子と一緒にいると自分もかわいくなれる説

その法則でいくと、かわいい子のそばにいると、自分もかわいくなるということになります。

生まれ持った容姿は変えられませんが(整形とかは別)、

  • メイク
  • 雰囲気
  • 服装
  • しぐさ
  • 言葉遣い

など、かわいくなれる要素はたくさんあります。

そして近くにそんなかわいい子がいるだけで、感化される可能性は大きいですよね。

うーと

ただ、僻んだり妬んだりしているうちは、「かわいい」は習得できないかも

若い子と一緒にいると自分も若返る説

この法則からすると、若い子と一緒にいると私も若返るんじゃない?と思えてきました。

うーと

「病は気から」といいますが、もしかしたら「若さも気から」なのかも!?

ただ、若い≠若作り に注意!

まとめ

どんなことも、「いいな」と思ったら「妬む」のではなく、それを自分にうまく取り入れることができると、幸せになれるのかもしれませんね。

つまり、嵐にしやがれを観て、私が学んだことは・・・

やっぱり嵐はかっこいい!

ということでした。 (あれ?)

オススメ記事

●あなたに教えたいとっておきの奥義その①⇒コチラ

●エイジングケアならアスタリフト⇒お試しサンプルについて

●健康・美容におすすめ青汁⇒オススメ青汁ランキング

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆