くそじじいの物語~昭和亭主関白編~

これからご紹介するお話は、今から10年ほど前、私がクレジットカード関係の仕事(ローン受付・カードの勧誘・カード発行受付など)を週末のみしていたときに出会った愛すべきくそじじい達のお話です。

※私は数社のカード会社(信販会社)に登録していましたが、各店舗(ショッピングモール・デパート)とは関係ありません。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

何をそんなに急いでいるんですかクソジジイ様

その日は、某大型ショッピングセンターに特設コーナーを設けて、カードの受付をしておりました。

じじぃ
カードを作るのはここか!

うーと
はい。

ありがとうございます。

後ろに見える、ににこやかに微笑むおばあさんは幻・・・ではないよね?

じじぃ
おまえが書け

(おばあ様が静かに前へ出てくる)

あっ幻じゃなかった!

じじぃ
はよ書け!

じじぃ
はよ書け!

はぁ。くそじじぃうるさいなぁ。

うーと
お急ぎでしたら、ご自宅でご記入していただいた後、郵送していただくという方法もございますよ。

仮のカードはすぐにお渡しできますし。(小声)

おばあ様は申し訳なさそうに静かにほほ笑み、書き続ける。

あー・・・くそじじぃはいつもこんな感じなのか。

じじぃ
はよ書け!

じじぃ
なんでこんなに時間がかかるんな!

めんどくせぇ。まぁとりあえず謝っておこっと。

うーと
申し訳ございません。

じじぃ
もうえぇ!

そんなカードはいらんっ!

おばあ様がまた申し訳なさそうに頭を下げてくそじじいの後を追って行く・・・

昭和のくそじじぃは頑固

昭和のくそじじぃには、頑固な人が多いです。

いつでも自分が中心なので、妻や子供を自分の部下のように扱います。

今の時代では考えられないかもしれませんが、私の父の時代では、

「男子厨房(台所・キッチン)に入るべからず。」

という言葉があり、私の父も例外ではなく家事がいっさい出来ませんでした。

お風呂・食事・就寝すべて夫が一番!が当たり前の時代があったのです。

随分昔の話のように感じるかもしれませんが、私が学生の頃(30年ほど前)でも、

  • 男子は技術・女子は家庭科
  • 男子は格技・女子はダンス

と習う科目が違っていました。(普通の公立中学校です)

そんな時代で何十年も育ってきた世代の人が、すぐに考えを変えるのは難しいのかもしれません。

私の目には、おばあ様が「虐げられていてかわいそう」と映りましたが、おばあ様にとっては、それが普通で、それも含め幸せなのかもしれません。

それに実はくそじじぃも家では、優しいのかもしれませんしね。

スポンサーリンク

私も忙しいんですクソジジイ様

この日は、某デパートの特設コーナーでカードの勧誘を行っていました。

じじぃ
○○○(有名なお菓子)を▽▽▽(外国)へ送りたいんじゃが

うーと
はい。

それでしたら地下1階のお・・・

じじぃ
○○○(有名なお菓子)は美味しいけんのぉ

うーと
はい。

では地下1階のお・・・

じじぃ
前はここでも買えたのに、岡山にも売りよらんようになったわ。

最後までしゃべらせろやっ!

っていうか、ここで買えんお菓子だったんかーーーい!

うーと
それでしたら他の店舗からお取り寄せできるかど・・・

じじぃ
○○○(お菓子の名前)は◇◇県で作られとって・・・

この状態が続きます。

この日の私の仕事はカードの勧誘なので、カード獲得人数が肝心なのです!

こんなところで、長々とくそじじぃのどうでもいい話を聞いている暇はないのです!

クレジットカードの受付をしているということは、個人情報を預かっているので、それらを特設カウンターに置いておくわけにもいかず、重要書類だけをささっと袋に詰め、それを持ってくそじじぃを地下へ案内しようとしたその時です。

じじぃ
なんで最後までワシの話を聞かんと、また違うところへ連れて行こうとするんじゃ!

くそじじぃが怒り出しました。

しかも「また」ってことは、どこかから回されてきたのか・・・。

怒り狂うくそじじぃに見かねた店舗の社員さんが副店長を呼んできてくれ、副店長とくそじじぃは奥へ消えていきました。

はぁ。

1時間ほどして副店長が現れ、

「○○さんは、戦争中にお世話になった外国の戦友にお菓子を送りたかったらしく、その話を聞いてほしかったようです。次回からはきちんと最後まで話を聞いてあげてください。」

と。

うーと
・・・はい。

お手数をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。

いやいやいやいや。

なんで私が勤務中にデパートの通路の真ん中でくそじじぃの戦時中の話を聞かなあかんねんっ!

最後まで話を聞かんかったのは私じゃなくておまえのほうだ!くそじじぃ!

とその日は怒りのあまりくそじじぃが夢に出てきたほどでしたが、よくよく(10年ほどたってから)考えると、くそじじぃはさみしかったのかもしれないなぁ。と。

自分が輝いていた頃の話を誰かに聞いてもらいたかったのかも。

今度ヒマな日に公園でゆっくり聞いてあげますよ。

くそじじぃ様。

スポンサーリンク

絶対なんてことはないんですクソジジイ様

また別のお店の総合カウンターに入ってカードの受付・相談をしていたときのことです。

じじぃ
カードを作りたいんじゃが。

うーと
はい。

ありがとうございます。

カードの説明をした後に、申し込み用紙を書いてもらいます。

そして暗証番号の欄にさしかかったときのことです。

うーと
お誕生日、お電話番号はご利用いただけません。

じじぃ
でも忘れてしまうけんのぉ。

うーと
この暗証番号は、お金を借りるときに必要ですが、普段のお買い物の際に使うことはありませんよ。

じじぃ
あーじゃぁこれと同じのにしよう

他社のクレジットカードを取り出すくそじじぃ様。

そのカードの裏面にはでかでかと油性ペンで4桁の番号が!

うーと
!!!

あの・・・もしかしてこれはこのカードの暗証番号ですか?

じじぃ
そうじゃ。

こうしとったら忘れんけんのぉ。

銀行のカードも全部書いておる。

うーと
ダメですっ!!!

もしも落としたときにお金を引き出されてしまいますよ。

じじぃ
わしは落としたりせん!

うーと
落とさなくても、スリにお財布をとられてしまうこともあるかもしれないじゃないですか。

せめて違う紙に書いて、カードとは別のところへ保管しておくようにするとか。

じじぃ
その紙をどこ置いたか忘れるんじゃ。

メモした紙をどこに置いたか忘れる人が、お財布を絶対忘れないなんてありえなーーーい!

うーと
カードに暗証番号を書いていて悪用された場合、補償の対象外となります。

そしてここへはお名前を書いてください。

そうなのです。

普通はサイン(名前)を書くところに暗証番号を書いているのです。

じじぃ
わしは大丈夫じゃ!

うーと
もしものことがありますから・・・

じじぃ
わしは大丈夫じゃ!

・・・結局聞き入れていただけませんでした。

即日発行のクレジットカードではないので、仮のカードをお渡しし、それにはその場で名前を書いていただきましたが、はたしてクレジットカードにきちんと名前を書いていただけたかどうか・・・心配です。

スポンサーリンク

お願い

歳をとると頑固になります。

新しいことを覚えるのが苦手になり、そのため新しいことを拒否するようになり、「昔はよかった」と古い時代の思い出にひたることが多くなります。

昔覚えたことのほうが、新しいことを覚えるより早い気がするんです。

私は、フリック入力(スマホの文字入力方法、指をシュッシュッってすべらせて入力する)なんて使うことはない。と思っていました。

今のままで充分だと。

でも、「新しいことを覚えないと!」と練習すると、時間はかかりましたが習得することができました。

フリック入力便利です!

歳をとると、覚えるまでの時間が長くなるため、新しいことに飛び込む力や気持ちがなくなってしまいます。

私も今は意識して新しいものにチャレンジしようと思っていますが、それでも日々新しいものが増えて、気持ちも体も追いついてきません。

新しいことに対応できなくて、どんどん卑屈になってしまったくそじじぃや、まだ自分が輝いていた時代を背負っているくそじじぃ

自分が正しいと信じて疑わない頑固さから、腹が立つことを言ってきたり、わけのわからない行動をしてくるかもしれません。

今の時代と考え方がズレているかもしれませんが、愛すべき昭和のくそじじぃたちを、少しだけ優しい目で見守ってあげて欲しいのです。

「時代に取り残されないように上手歳を重ねるぞ!」と誓ったのに、くそばばぁになりつつある私からのお願いです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆