楽天ポイントが毎月1万円以上ドンドン貯まる方法【2018年版】

シェアしてね♪

楽天ポイント毎月の獲得ポイントと通算ポイント

私は、毎月2万ポイント以上楽天ポイントをゲットしています。

「ブログをしているから楽天アフィリエイトで稼いでいるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、楽天アフィリエイトでは毎月500ポイントも入っていません。

うーと

こんなに楽天ショッピングをオススメしているのにそれはそれで悲しい。

それでは私がどうして毎月2万ポイント(1ポイント=1円)以上ゲットできているかを説明しますね。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

楽天ポイントは楽天ショッピングでどんどん貯まる

楽天ポイントSPU(スーパーポイントアッププログラム)

2018年2月にでポンカンキャンペーンが終了し、1年ほど並行して行われていたこちらのスーパーポイントアップブログラムが、3月から最大8倍から最大11倍にUPし、翌4月からは最大12倍に、さらに7月からは最大14倍にUP、さらに9月からは最大15倍にUPしました。

ただ、2018年7月の改正は、最大倍率は上がったものの改悪といっていいものでした。

  • 楽天カードを持っている+2倍
  • そのカードが楽天ゴールド(プレミアム)カードである+2倍
  • 楽天口座から楽天カード代金を引き落とし+1倍
  • 楽天ブックスで月に税込2,000円以上購入+1倍
  • スマホの楽天市場アプリを使って購入+1倍
  • 楽天モバイル利用+2倍
  • 楽天トラベル(国内宿泊)の利用+1倍
  • 楽天ブランドアベニューでの買い物+1倍
  • Rakuten NBA Specialの利用+1倍
  • 楽天ビューティを月に1回:1,500円以上の利用+1倍

さらに、2018年9月から楽天証券が加わりました。

楽天証券+1倍の条件は、楽天証券 月1回500円以上のポイント投資と楽天スーパーポイントコースの設定です。

最大15倍ですが、毎月15倍をゲットするのは難しいと思います。

今まで、比較的すぐできる方法だと紹介していた、

  • 楽天ブックスで1,000円以上購入
  • 楽天市場アプリを使って購入

これだけで、通常の3倍のポイントをゲットできます。

↑これが2018年7月に改悪されたんです!

楽天ブックス(kobo)は、合計2,000円以上に変更となり、楽天市場アプリは、楽天市場アプリから月1回購入するだけでよかったのに、楽天市場アプリからのお買い物分のみ+1倍に変更となりました。

楽天証券に月1回500円以上のポイント投資

  1. 楽天証券に口座を開設
  2. 楽天スーパーポイントコースの設定
  3. 楽天ポイントで500円以上を投資

これだけで+1倍です。

ただし、投資に使える楽天ポイントは通常ポイント(期間限定ポイントは不可)です。

株とかそういうのにまったく疎い私でも、楽天証券に口座を開設できました。

開設までそこそこ時間がかかるので、早めに行うのがオススメです。

楽天証券口座開設までの道のり

楽天での買い物が2割引(20%オフ)以上になる

楽天ポイントSPU(スーパーポイントアッププログラム)

2018年7月に改悪がありましたが、2018年9月現在、私は基本倍率10倍(常に1割分・10%分のポイントが入る)です。

楽天アプリで購入することはなくなりましたが、新しくポイント+1倍の対象となった「楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行」・「楽天証券で500ポイント投資」をしたからです。

楽天ブックスではなんだかんだで、毎月3,000円ほど買い物していますしね。

基本が10倍で、さらに楽天マラソン(スーパーセール)の時にしか楽天で買い物をしないので、毎月購入した金額の20%以上がポイントで戻ってきます。

楽天ポイント明細

まず、楽天ショップでよく買い物をする方に、ぜひ検討していただきたいのが、

  • 楽天カード
  • 楽天モバイル
  • 楽天証券

です。

楽天カードは年会費無料で、ポイント還元率1%、さらにポイントの使い道も豊富です。

格安SIMは少しハードルが高い…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、かなりの節約になりますし、乗り換えって思っているより簡単ですよ。

むしろ、「どこの格安SIMにすればいいか」などを調べるほうがめんどくさいくらいです。

楽天カードについて詳しくはコチラ

楽天カードは本当にポイントがどんどん貯まるのでオススメですよ。

元カード会社所属の私が使っているクレジットカード

 公式 楽天カード

楽天モバイル(格安SIM)について詳しくはコチラ

楽天モバイルは家族誰か1人契約しておけばOKです。

スマホを使いこなせないアラフォー主婦が格安SIMに挑戦

 公式 楽天モバイル

楽天証券について詳しくはコチラ

楽天証券の口座開設は無料でできるので、とりあえず開設しておくのがオススメです。

楽天証券に口座を開設するまでの流れ

 公式 楽天証券

通常ポイントを楽天ショッピングで使うのはもったいない

期間限定ポイントではない「通常のポイント」は、他のポイントに移行することができます。

期間限定ポイントの使い道の記事に詳しく書きましたが、楽天で楽天ポイントを使うのは損です!

期間限定ポイントの使い道についてはコチラ

通常ポイントも、期間限定ポイントと同じような使い方ができますが、

  1. Edyに移行(1ポイント⇒1円分)
  2. ANAマイル(2ポイント⇒1マイル)
  3. 楽天証券での投資(1ポイント⇒1円分)

これらは、期間限定ポイント利用不可の通常ポイント限定の利用方法です。

Edyに楽天ポイントをチャージ

Edyへの交換が一番手軽で、なおかつオススメです。

等価交換だからお得!というだけでなく、1ヶ月~2ヶ月に1回は、楽天ポイントをEdyに交換(チャージ)すると、2%上乗せしてくれるキャンペーンが開催されています。
※要エントリー

楽天ポイントEDYチャージキャンペーン

さらに、Edyで貯まるポイント設定を楽天ポイントにしておけば、200円の利用で1ポイント貯まります。

もちろん、楽天ポイントから移行してきた(チャージした)Edyを使っても同じように200円で1ポイント貯まります。

楽天カードの支払いに楽天ポイントが使える

楽天ポイントで楽天カードの支払いをする画面

通常ポイントにが限り、楽天ポイントを楽天カードの支払いにまわすことができます。

毎月12日~20日の22時(一部金融機関は15日22時まで)、1ヶ月に5回まで利用できるので、その都度追加することも可能ですね。

利用限度ポイントはランクで少し違います。

ダイヤモンド会員

  • 1回:50~500,000ポイント
  • 1ヶ月の上限:500,000ポイント
    ※1ヶ月の利用上限は他の楽天グループでの利用分も含めたもの

ダイヤモンド会員以外

  • 1回:50~ 30,000ポイント
  • 1ヶ月の上限:100,000ポイント
    ※1ヶ月の利用上限は他の楽天グループでの利用分も含めたもの

どちらにしろ、1ヶ月に10万ポイント以上通常ポイントが貯まる人は稀だと思うので、実質上、会員ランクでの区分けはないといっていいと思います。

楽天証券での取引で楽天ポイントが使える

楽天ポイントを楽天証券で使う方法

楽天スーパーポイントを楽天証券ポイントに交換し、それを投資に利用することができます。

ただし2018年9月現在使えるのは、投資信託の通常買付(金額指定のみ)で、

  • 積立買付
  • 口数指定買付
  • ジュニアNISA口座での買付

には使えません。
※近々積立でも使えるようになるそうです

私はEdyにまだ3万円ほど残高があるので、今回は通常ポイント1,000円分を投資に使ってみました!

といっても、今月楽天証券の口座を開設したばかりで、いったい何に投資したのか、実はよくわかっていません…。

超初心者アラフォー主婦が勉強しないまま株式投資を始める

勉強するよりまずは体験!

これから毎月、行き当たりばったりの投資状況についても更新していこうと思います。

まとめ

楽天ポイントを上手に貯めて、上手に使いこなしましょう!

毎月2万円分のポイントがもらえたら家計も大助かりですよね。

最後に、楽天ポイントをどんどん貯めるコツをまとめました。

  • 楽天カード(できればゴールドカード)を持つ
  • 楽天モバイルにする
  • 楽天ショップでの買い物は、楽天マラソン(スーパーセール)のときにまとめて
  • 楽天マラソンのときに楽天ブックスで2,000円以上購入
  • 楽天カードを使って買い物をするときは、0か5が付く日に ※要エントリー
  • イーグルス、ヴィッセル、バルセロナが勝利した翌日はポイント2倍、W勝利で3倍、トリプル勝利で4倍 ※要エントリー
  • 楽天証券に口座を持つ

エントリー(無料)が必要なものもありますが、楽天市場のトップに出ていますのでクリックするだけですよ。

公式ページ⇒楽天カード

公式ページ⇒楽天モバイル

公式ページ⇒楽天証券

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

シェアしてね♪

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆