まだヤフオクで消耗しているの?~手数料がえげつないことに!

2015.11.4にヤフオクから驚愕の発表がありました。

なんと!いきなり落札手数料を3.24%(税込)も上げると言い出したんです!!!

そして新たに、2017.2.1以降の出品からの変更点が3点あります。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

主に落札で利用している人

落札者には、ヤフオクからの変更による改悪点はありません。

変更点は2点のみです。

①Yahoo!かんたん決済の決済手数料が無料に!

特定カテゴリ(中古車・新車、オートバイ車体、トラック車体、バス車体、不動産など)を除く、クレジットカード・銀行振込・コンビニ支払いの手数料が無料になります。

これは落札者には嬉しい特典♪

元々ゆうちょ銀行振込を使っていた人は特にプラスになることはないような気もしますが、クレジットカードで支払うと、クレジットカード会社のポイントが付くのでお得ですよね。

Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカード

②Yahoo!プレミアム会員 Tポイントキャンペーン

Yahoo!プレミアム会員であれば落札総額の最大10%をTポイントで付与されるキャンペーンが予定されているそう。
※Tポイントは、Yahoo!かんたん決済で支払うときに使えます。

キャンペーンは色々行われているようですが、落札だと5%くらいしかつかないようです。(出品だと10%近く付くことも!)

Yahoo!プレミアム会員(有料会員)ほど還元率が大きいポイントキャンペーンをどんどん企画していくようですが、正直これはあんまり期待できそうもないですね。

落札者には嬉しいことばかり?

最初にお話しした通り、落札するだけなら、ヤフオクからの変更による改悪点はないんです。

ただ、出品における改悪が大きいので、出品者が負担する金額が増えた分、出品商品の金額に上乗せされる可能性が高くなるんです。

この後、出品に関する変更点を詳しくまとめますが、かなりひどい改悪なんですよ・・・。

主に出品で利用している人

なんと出品者にとっては、5点も変更点がありますが、重視するのはだけだと思います。

※2017年2月1日以降は②も重要になってきます。

それでは詳しく見ていきましょう。

①Yahoo!プレミアム会員 Tポイントキャンペーン

Yahoo!プレミアム会員(月額税抜380円の有料会員)の出品者対象で、落札された総額の最大3%をTポイントがもらえるキャンペーンを予定しているそう。

「最大」とか「予定」とかあまり期待できなさそうな言葉が並びます。

年会費無料【YJカード】

②Yahoo!かんたん決済 不正利用対策強化

不正を今までよりもがんばって見張ってくれるそうです。

私はまだヤフオクをメインで使っていた頃に、数千円不正出品者に盗られたのですが、ヤフオクは何もしてくれなかったんですよねぇ。 かなりたくさんの被害者がいたのですが加害者は逃げたそうです。(被害者団体からの情報)

どの程度の強化なのか見ものですね。

2017年2月からは、Yahoo!かんたん決済の設定が必須となります。

そして、落札代金の受け取りは、今までは全額受け取った後に落札手数料を後日まとめて支払うシステムだったのですが、2017年3月16日からは、Yahoo!かんたん決済で支払われた場合、落札手数料を引かれた金額を受け取るようになります。

③購入意思のない入札への対策強化

悪質な利用者からの入札を制限するオプション「入札者評価制限(悪い評価の割合)」を強化するそう。

うん。これはたいして意味がない気がします。

④システムの増強

サーバーの増強などをするそう。

この改悪で会員減るから増強しなくてもよさそうなのにね。

⑤落札システム利用料改定

今回一番目立ったのがこの改悪だと思います。

早い話が、今まで5.40%(税込)だった落札手数料を8.64%(税込)に。

つまりいきなり3.24%(税込)上げるということ。

※特定カテゴリ(中古車・新車、オートバイ車体、トラック車体、バス車体、不動産など)は元々落札手数料が違うので今回の変更は関係ありません。

5,000円の商品がヤフオクで売れたら

1,000円で落札された場合、54円支払っていたものが、86円の支払いに!

5,000円で落札された場合、270円支払っていたものが、432円の支払いに!

1円スタートは気を付けろっ!

さらに、送料込みで出品していない場合で、625円以下で落札された場合の落札システム利用料は一律54円(税込)です。

つまり、

10円で売れた場合それだけで44円の損!

梱包の手間と発送の手間がかかってさらに44円の損!

※ただし、以下のジャンルのみ625円以下でも8.64%が適応されます。

  • 本、雑誌
  • コミック、アニメグッズ
  • おもちゃ、ゲーム > ゲーム
  • おもちゃ、ゲーム > 食玩、おまけ
  • アンティーク、コレクション > トレーディングカード
  • アンティーク、コレクション > 切手、官製はがき
  • 音楽 > CD
  • ファッション > キッズ、ベビーファッション
  • ホビー、カルチャー > ハンドクラフト、手工芸

2017年3月16日0時以降に終了したものから、すべてのジャンルで金額に関係なく落札金額の8.64%の手数料に改善されます。

2017年3月16日までに、500円以下の商品を出品するなら、アプリのワンプライス出品のほうがおすすめです。

アプリ限定ワンプライス出品の場合

ヤフオク!アプリ限定で、固定価格で出品できます。

ワンプライス出品の場合は金額に関わらず、

  • 一般会員:落札価格の10%(税込)
  • Yahoo!プレミアム会員:落札価格の8.64%(税込)

が適応されます。

「どうせ100円くらいでしか売れないだろう。」と思うのであれば、固定価格で出品したほうがお得。ということですね。

そうなったらモバオクのほうがよくない?

実は、ずっと楽オクをおしていたのですが、楽オクが2016.10.31でサービスを終了しました。

こういうの突然言われると困りますよねぇ・・・今出品しているものを全部移動するのはかなり手間がかかります。

楽オクがなくなることが決まった今、他の有名なオークションサイトと言えば、モバオクです。

モバオクの特徴

  • 月額324円の利用料が必要
  • 出品手数料・落札手数料無料
    ※自動車・バイクのカテゴリーのみ出品者の手数料が必要

出品者側からみると、断然モバオクのほうがお得です。

落札手数料がかからないのは大きいですよね。

ヤフオクは8.64%もとるわけですから。

ただ、注意していただきたいのが、モバオク!の出品数です。

オークションは利用者が少ないとなかなか売れません。

2010年9月頃には約440万商品も出品されていたのが、2016年8月には約218万商品しか出品されていません。

これだと楽オクのように、いつ急にサービスが終わるか不安ではあります。

今流行りのメルカリはどう?

メルカリはオークションではなく、スマホに特化したフリマアプリです。

買う側は、オークションのように落札できるかのドキドキはなく、指定の値段で買うもよし、交渉して値段を下げてもらうもよし、フリーマーケットのように利用できます。

売る側もスマホで簡単に出品できるのがメルカリのいいところ。

ただし、最初の設定した金額から上がることはなく、むしろ値下げ交渉をされることのほうが多いです。

さらに、落札手数料は売上金額の10%です。

メルカリの場合、ほとんどの商品が送料込みに設定しているので、送料(240円)込みで1,000円で出品するとした場合、

1,000円送料込みで出品

値引き交渉で900円送料込みに

900円-90円(落札手数料)-240円(送料)=570円

1,000円で売ろうと思ったものが、570円に!

しかもメルカリの場合、お金がメルカリを経由するので、それを振り込んでもらおうと思うとまた手数料がかかるという・・・

発送の手間は仕方ありませんが、交渉に時間をとられるのもちょっとめんどくさいですよねぇ。

同じフリマアプリなら、今「ラクマ」がお得です。

なんと出品手数料無料!

詳しくはコチラ⇓

ヤフオク!とラクマどっちが売れるか検証してみた(オークションvsフリマ)
半年ほど前に、ヤフオク!の落札手数料が1.5倍以上値上がり!(詳しくはここ) そして今度は2016年10月で楽天オーク...

ヤフオクは見限る?

なんだかんだと言いましたが、やっぱりオークションなら、ヤフオクが一番使い勝手がよさそうです。

出品する場合、慣れるまで少しシステムがややこしいのと、PCがあったほうが便利ではありますが、たくさん出品する人にはヤフオクをおすすめします。

ただし、

  • とにかく早く売りたい
  • 出品したいものが数点しかない
  • フリマが好き
  • ムリな交渉はハッキリきっぱり断れる

という人にはメルカリ・ラクマがおすすめです。




●オークションの便利な配送方法まとめました!

ネットオークション・フリマアプリの発送方法まとめ2017
ネットオークション・フリマアプリなどで「送料込み」に設定した場合、あなたはどんな発送方法を選んでいますか? 今...

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆