ヴィーガンカフェ「菜食喫茶まぼろし」でランチ湯原温泉(真庭市)

ヴィーガンランチ「菜食喫茶まぼろし」湯原温泉

岡山県真庭市の湯原温泉には、全国露天風呂番付で西の横綱と認められた「砂湯(すなゆ)」があります。

うーと

砂湯は、24時間オープン水着OK無料!の混浴露天風呂だよ。

 

2021年8月8日、そんな砂湯の側にヴィーガン料理がいただける「菜食喫茶 まぼろし」がオープンしました。

息子

来週も行きたいんだけど。

息子がドはまりしています。

 

スポンサーリンク

ベジタリアンランチメニュー

ヴィーガンランチ「麻婆丼」豆腐と茄子の麻婆丼:900円

ホントに肉入ってないの?と思うくらい食べ応えあり!

麻辣の辛さもちょうどいい!

ご飯は土鍋で炊いていて、お水は湧き水を汲んできているそう。

そんな湧き水で入れたお茶(ジャスミンティー・無料)も美味しくて。

私はコンビニでペットボトルのドリンクを買うときは迷わずジャスミンティを選ぶくらい好きなのですが、息子は嫌いなんです。

でも、なぜかこのジャスミンティーは美味しかったようで、おかわりし続け、5杯は飲んでいました(少しは遠慮しろ!)。

ヴィーガンランチ「菜食カレー」ひよこ豆とトマトのビーガンキーマカレー:900円

息子と私は、肉が大好きで野菜が苦手、そして何より「豆」が苦手なんです。

とくに息子は、豆腐も枝豆も苦手です(私は豆腐と枝豆は好き)。

そのため、息子は食べないかなぁ?と思いながら、麻婆丼とカレーを注文したのですが、どちらも2人で奪い合うように食べました。

特にこのカレー!

どう見ても豆が入っているのですが、あの豆独特のパサパサモサモサぬぅーんな感じがなかったので、息子はたぶん豆が入っていることに気付かなかったと思います。

ヴィーガンランチ「菜食喫茶まぼろし」湯原温泉

コーヒーだけで9種類ありました。

コーヒーにもかなりこだわっていらっしゃるので、食後もまったり楽しめます。

ヴィーガンランチ「菜食喫茶まぼろし」湯原温泉

子供にも嬉しいジュースは、なんとストレートジュース!

同じ100%ジュースでも濃縮還元とは味がまったく違うよね。

 

スポンサーリンク

Bob(ぼぶ)さん

ヴィーガンランチ「菜食喫茶まぼろし」湯原温泉

どうして何度も通いたくなるか。

それはやっぱり人なんです。

私がお店を選ぶときは、雰囲気・接客を重視しています。

もちろん美味しいほうがいいんだけど、横柄だったり、偉そうだったり、バイトさんをお客さんの前で怒鳴るような店主のいる美味しいお店には行きたいと思いません。

うーと

すっごく、そりゃもうありえないくらいすっごく美味しいのであれば、私の精神状態が整っているときに、心の準備をして行くのであればなんとか…(そこまでして行くことはないけど)。

 

このお店の店主「Bob(ぼぶ)さん」は、博識で多趣味。

本を読むのが好きで、詩人で、絵を描いていて、お店の家具も作って、アクセサリーも作って、哲学的でお店の外のベンチ(もちろん手作り)ではお香がたかれていて、民族音楽も詳しくて、ベジタリアンで、20代はほとんど日本にいなかった・・・などなど

私より若いのに仙人みたいだし(褒めてます)、話題がポンポン出てきてどれも深くておもしろくて、ずっとここでコーヒー飲んでいたい!って思うの。

だから、大人数で行くのではなく、1人か2人くらいの少人数で、Bobさんの話を聞きに行きたいとなるお店です。
※もちろん人と人なので合う・合わないはあると思います

 

コンタクトジャグリング

コンタクトジャグリング

息子は、Bobさんにコンタクトジャグリング(水晶みたいな玉を浮いているかのように見せるやつ)を教わりました。

私がコーヒーを飲みながら道行く人を観察している間も、子分のようにBobさんに付いてまわっていました(笑)
※砂湯に行くには前の道を通らないといけないから窓際のカウンター席からいろんな人を観察できるよ(砂湯は見えないよ。でも道からは見えるよ)

結局この日は閉店時間まで居座りました。

 

スポンサーリンク

住所・定休日・営業時間

ヴィーガンランチ「菜食喫茶まぼろし」湯原温泉

  • 住所:真庭市湯原温泉8-2
  • 営業日:金・土・日・月
  • 営業時間:12時~20時
    ※15時くらいから中休みあり

湯原温泉街は川沿いにずっとまっすぐなので迷わないと思います。

駐車場は河川敷にたくさんありますし、少し中に入った市営駐車場もあります(無料)。

砂湯に上がる手前から(この上の写真のところから)は車両通行禁止です。

上の写真の右奥の山添いに見える建物の奥側が「菜食喫茶まぼろし」です。

 

タイトルとURLをコピーしました