ロジャーラビット☆ジェシカラビット・ベニーザキャブ at トゥーンタウン

1988年に公開されたロジャー・ラビット

アカデミー賞4部門受賞しています。

  • 編集賞
  • 音響効果賞
  • 視覚効果賞
  • アニメーション演出特別賞

この時代に実写アニメーションを作ったことも驚きですが、合成をフィルム上(オプティカル合成)で行っているのです。

まずは実写を撮影して、その後その映像に合わせてアニメを作り、さらに手書きで細かい影を付けていきます。

今のデジタル合成とは違う、今観るとちょっと違和感があるかもしれない、そんな映像を楽しめますよ。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

ロジャー・ラビット Who Framed Roger Rabbit 1988年

主な登場人物

  • ロジャー・ラビット (アニメ:ハリウッドスターのうさぎ)
  • ジェシカ・ラビット (アニメ:ロジャーの妻。ナイスバディの人間)
  • ベビー・ハーマン (アニメ:ロジャーの共演者)
  • ドゥーム判事 (???)
  • 探偵エディ・バリアント (実写:人間♂)

主題歌・挿入歌など

  • smile darn ya smile

φ(..)メモメモ

  • ミッキーや仲間たちだけでなく、ユニバーサルスタジオのキャラクターも登場する映画。

ロジャーラビットのあらすじ

1947年のハリウッド。アニメと人間が共存する世界。

アニメのキャラクターたちはトゥーンタウンに住んでいます。

ロジャーラビットベビーハーマンは映画撮影をしているのですが、ロジャーは愛妻ジェシカが浮気しているのではないかと心配で撮影に身が入りません。

そこで映画会社社長R.K.マルーンは探偵エディジェシカの浮気調査を依頼します。

エディはアニメキャラクターに弟を殺された過去をもっていて、アニメキャラクターを嫌っているのですが・・・

続きは本編で♪

見どころ

あまり幼い子には見せたくないようなシーンも出てきますが、それでも残虐なシーンはカットされてこの仕上がりです。(カットされたシーンはスペシャル版DVD・Blu-rayの特典映像で観れます)

ジェシカがあまりにもダイナマイトバディなところを見ても、やはり大人向けのアニメといったところでしょうか。

ロジャーラビットのカートゥーンスピン

東京ディズニーランドのアトラクションで有名なロジャーラビットのカートゥーンスピン。

もちろんこの映画が元になっています。

ベニー・ザ・キャブ(黄色いおしゃべりなタクシー)がキュートですよね。

有名キャラクター多数

ディズニーキャラだけでなく、ワーナーブラザースからも多くキャラクターが出てくれています。

  • ウディー・ウッドペッカー
  • ベティ・ブープ
  • バッグス・バニー
  • ダフィー・ダック
  • トゥイーティー
  • シルベスター・キャット
  • ドル―ピー

など

もちろんディズニーからも、

  • ミッキーマウス
  • ミニーマウス
  • ドナルドダック
  • デイジーダック
  • グーフィー
  • クララベルカウ
  • ダンボ
  • ブレアベア
  • ピノキオ
  • バンビ
  • ドーピー(七人の小人より)

などなど多数友情出演してくれているので、ストーリー中にキャラを探すのも楽しいと思います。

ロジャーラビット予告編

※ごめんなさいm(__)m 見つかりませんでした。

うーとおすすめ度 ★★★★☆

子どもと一緒に観れないなぁ。とうところで☆を一つ減らしましたが、大人にはおススメです。

なんといってもジェシカ

彼女の色気にメロメロです。

もちろん内容もおもしろいですよ。

ロジャーラビット好きに観て欲しいディズニー映画

ロジャーラビット好きのみなさんに、私がおススメしたい映画は、

大人のみなさんには

  • 魔法にかけられて
  • 南部の唄

子どもさんには

  • 三人の騎士
  • こぐま物語、ミッキーと豆の木

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典①

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆