ヘビ柄の南国フルーツSalacca(サラク)を食べてみた

ヘビ柄フルーツSalacca(サラク)

これがいったい何かわからないのに、見た目に惹かれてシンガポールのスーパーで買っちゃいました。

しかもこんなにたくさん入って250円ほどでした。

蛇柄かわいい~。

 

 

スポンサーリンク

サラク(Salacca)とは?

ヘビ柄フルーツSalacca(サラク)

サラクはヤシの一種で、和名はサラカヤシまたはサラクヤシ、インドネシア・マレーシアに自生しえいるヤシの実だそうです。

見た目通りのスネークフルーツとも呼ばれているそうです。

ヘビ柄がかわいいんだけどね。

匂いがね。

ちょっと強烈。

ドリアンみたいに遠くから「どこかにドリアンあるぞ!」ってわかるニオイじゃなく、

「どんなに匂いだろう?」

くんくん

「ぎゃぁー!」

という流れ。

自ら匂おうとしない限りは大丈夫だけど、食べたくない匂いがします。

 

スポンサーリンク

蛇柄スネークフルーツの食べ方

スネークフルーツって名前のほうがなんかピッタリな気がする♪

食べ方は簡単です。

ヘビ柄フルーツSalacca(サラク)

1.指でピリピリ~と皮をはいでいきます

ますます蛇柄が強調されてかわいいー。

ヘビ柄フルーツSalacca(サラク)

2.3房くらいがくっついているので分けます

上の画像が1房です。

薄皮が付いているから、舌触り悪いのでそれも剥がします。

後はそのまま食べるだけ。

ヘビ柄フルーツSalacca(サラク)の種

大きな種が入っています。

 

スポンサーリンク

スネークフルーツっておいしいの?

うーん。

聞く?

それ聞いちゃう?

 

食感は、そこそこ歯ごたえがあって洋ナシみたいな感じかなぁ。

味は、ほのかに芳香剤の香りがする薄味。

嫌いじゃないけど、好きかと聞かれるとそうでもない。

また買うかどうか聞かれると、多分買わない。

 

でも、3日ほど食べ続けたらクセになりそうな、そんな味がしました。

現地の方は、生で食べるだけでなく、砂糖煮にしたりもするそうですよ。

お値段もお手頃ですし、見かけたらぜひ食べてみてくださいね♪

 

タイトルとURLをコピーしました