お菓子のカバヤ工場見学~岡山市

岡山県岡山市、国道53号線沿いに、カバヤ食品の本社岡山工場があります。

カバヤのお菓子は、

  • ジューC
  • 塩分チャージキャンディ
  • ピュアラルグミ
  • さくさくぱんだ

などが有名ですよね。

半年~1週間前までに予約が必要で、日時がかなり限られていますが、個人でも無料で工場見学ができるんですよ。

※通常は10人以上の団体のみ

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

カバヤ工場とは?

中に入るとカバだらけ!

「カバヤ食品」という社名は、おとなしく、平和を愛する穏やかなイメージをもつカバからきているんだそうです。

トイレのマークは、カバガラスちゃんのシルエットでした。

カバガラスちゃん

カバヤの工場見学

まずは、全員オリエンテーションルームでビデオを観たりお話を聞いたりします。

この部屋もカバでいっぱいでした!

この椅子がいっぱいになるほど人が集まります。

私が行ったときは、5歳くらいのお子さんが多いように感じました。

お土産をもらったら自由に工場見学

カバヤのお菓子のお土産セットをいただきました。

大人にも1セットいただけます。

その後は自由に工場見学です。

たまにスタッフの方が通りがかりますが、基本自由にみてまわり、自由解散です。

生産ラインを見学できる(写真撮影NG)

カバヤ食品の今までのパッケージや、おまけなどが飾られていました。

上の画像右下のように通路があり、左側はギャラリー右側は階下にある工場ラインをガラス越しに見学できる。というものです。

工場内の写真はNGでした。

この日は、キャンディを作っているところを見学することができました。

キャンディが作られている様子がおもしろかったようで、息子は食い入るように見ていました。

通常は、オリエンテーションの時間も入れて1時間くらいで終了です。(うちは2時間近くいました)

スポンサーリンク

カバヤの車「カバ車」の作り方

カバヤといえば、カバ車です!

ナンバープレートもあるので公道を走ることも可能です。

なんと、目や耳が動いたり、ボンネット部分(カバでいうところの口)は開くんですよー。

そして女の子のカバ車もあるんです。

このカバ車は、トヨタのエスティマに発泡スチロールを貼り付け、カバ車型にカットし形を整えたあと、樹脂を塗りポリエステルを染み込ませ、ガラス繊維布を貼り付けます。

さらに線維強化プラスチックで強度を高め、防水加工、接着、塗装などをして完成するそうです。

たまにイベントとかで見かけますよね。

カバヤ工場情報

●住所:岡山市北区御津野々口1100 カバヤ食品㈱岡山本社工場

うーと

個人の工場見学が可能な日時は少ないので、あっという間に予約がうまります。

1ヶ月前には予約したほうが良いと思いますよ。

JR津山線「野々口駅」から徒歩5分ほどです。

津山方面からだと、国道53号線を走って右手にファミリーマートがあるすぐ先の三叉路の交差点を、左に曲がったところにあります。

国道からも左手に大きな「kabaya」の看板が見えるのですぐにわかると思いますよ。

広い駐車場があるので、車で行っても大丈夫だと思います。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆