ホテルの朝食「シロヤマテラスのモーニングビュッフェ」津山市

ザ・シロヤマテラス津山別邸

津山市の中心地に新しくオープンしたホテル「ザ・シロヤマテラス津山別邸」にある「地産ダイニング みまさかキッチン」にモーニングビュッフェを食べに行ってきました。

うーと

宿泊しなくても利用できるよ。

朝から贅沢な気分を味わえます。

 

 

スポンサーリンク

地産ダイニング「みまさかキッチン」

ザ・シロヤマテラス津山別邸

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」

地産ダイニング「みまさかキッチン」は、ホテルロビー階、入口から入って右に進み、突き当りを左に曲がった奥、オープンガーデンに面したところにあります。

うーと

フロントに行かなくても、直接みまさかキッチンに行けば対応していただけます。

朝食ビュッフェだけでなく、ランチ、期間限定開催のディナービュッフェもあります。

 

スポンサーリンク

バイキング形式のモーニング

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」

席に案内されたら、好きなものを好きなだけいただきます。

私たちが行ったのは平日だったこともあり、

うーと

そんなにお客さんおらんやろ。

と思っていたのですが、人がいっぱいでした!

宿泊している方はもちろん宿泊者以外の利用者も多かったです(手元に伝票があるのでわかる)。

そのため、上の写真は10時前の終了間際の人がいなくなったときに撮ったものです。

 

朝食ブッフェのメニュー

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」

定番の和朝食、洋風朝食のメニューが並びますが、注目すべきはやはり地産メニュー美咲卵の卵がけごはんそずり肉を使ったおにぎりの具など)でしょうか。

また、上の写真のお姉さん(恥ずかしいから写真はNGとのことでした)が注文後に握ってくれるおにぎりは握り具合が絶妙と、友達が大絶賛していました。

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」朝食ビュッフェ

隣りにトースターがあるので温めていただきます。

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」朝食ビュッフェ

地元産青大豆シリアル(写真右)や、巣蜜(少ししか写っていないけど写真左端)もありました。

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」朝食ビュッフェ

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」朝食ビュッフェ

デザートやドリンクの種類も豊富でした。

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」朝食ビュッフェ

手前のお茶わんに入っているのはお粥です。

「ザ・シロヤマテラス津山別邸」地産ダイニング「みまさかキッチン」朝食ビュッフェ

デザート4種類とカフェオレ。

泊まっていると、チェックアウトの時間を気にしないといけないのでバタバタしますが、私たちはかなりゆっくり過ごすことができました。

 

スポンサーリンク

朝食ビュッフェ利用方法・料金

ザ・シロヤマテラス津山別邸

  • 住所:津山市山下30-1(ザ・シロヤマテラス津山別邸内)
  • 利用可能時間:7時~10時
  • 予約不可
    ※68席あるから突然行ってもたぶん大丈夫
  • 駐車場あり
    ※宿泊者以外は満車の場合利用不可

食事をする時間に制限はありません。

 

モーニング料金

料金は、ビジター(宿泊者以外)の場合、

  • 大人(小学生以上):1,500円
    ※セレクトメニュー付:2,300円
  • 3歳以上小学生未満:1,000円
  • 3歳未満:800円

ですが、小学生未満の子どもは、大人と一緒の場合、大人の人数だけ小学生未満は無料です。
※大人2人と小学生未満の子供2人なら子供は無料、ただし大人1人で子供3人の場合は子供2人は有料ということ

 

タイトルとURLをコピーしました