城西浪漫館ソーズカフェSo’s Cafe~珈琲の漢字を考えた人?in 津山市

ソーズカフェ

津山市の城西地区にある、国登録有形文化財である中島病院旧本館が、今では城西浪漫館として活用されています。

館内は、2階が貸しギャラリー、1階がソーズカフェになっています。

1997年NHK朝の連続小説「あぐり」のロケ地になったことでも有名な場所なんですよ。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

城西浪漫館~ギャラリー

ソーズカフェ

1917年(大正6年)建築の木造2階建ての建物です。

屋根や窓には細かい装飾がしてあり、部屋ごとに異なる材質の大理石を使った暖炉があります。

ソーズカフェ暖炉

ソーズカフェ窓から津山城が一望できる

※今は津山城はなく、再建された備中櫓が見えます。

会議室としてのレンタル(1時間500円)もしていることがあるため、すべての部屋を見学できない場合もあります。

普段は無料で見学できますよ。

「珈琲」の字は当て字?

コーヒーの漢字「珈琲」は、江戸時代に津山藩医で蘭学者であった宇田川 榕菴(うだがわ ようあん)が作った造語だと言われています。

宇田川 榕菴(1798-1846)は、植物学や化学などを初めて書物にして紹介した人物で、珈琲以外にも、

  • 元素名…酸素、水素、窒素、炭素、白金など
  • 科学用語…元素、酸化、還元、溶解、分析など
  • 生物学用語…細胞、属など

の造語(漢字表記)を生み出した人物なんです。

ソーズカフェでは、榕菴が書き残したイラストから復元した江戸時代のコーヒー煮出し器(コーヒーカン)で淹れた、「榕菴珈琲」という幕末の味を再現したコーヒーをいただくことができます。

ソーズカフェ(So’s Cafe)

ソーズカフェ

店内は大正時代の趣があるゆったりとした空間。

私は店内に入ってすぐのカウンターに座りましたが、奥の部屋には樹齢100年以上の楢材を使用した8人掛けのテーブル席と、窓に向かってすわれるカウンター席がありました。

ソーズカフェここにも暖炉が

ソーズカフェカウンターはゆったり3席

ソーズカフェのメニュー

ソーズカフェソーズカフェ

8:30~11:00まではモーニングもしています。

お値段なんと500円!

  • 本日のコーヒー
  • ホットケーキ
  • ベーコン
  • スクランブルエッグ

気になる榕菴珈琲は620円です。

ここに来たらもちろん榕菴珈琲をオーダー・・・しようと思ったのですが、

ソーズカフェオーガニック珈琲:300円

今月お小遣いが足りなくて。

次回チャレンジしてきます。

でも、私に味の違いがわかるかどうかは・・・。

城西浪漫館・ソーズカフェ情報

ソーズカフェ

城西浪漫館

  • 住所:津山市田町122
  • 休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
  • 開館時間:9時~17時

ソーズカフェ

  • 住所:津山市田町122
  • 定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
  • 営業時間:8時30分~16時

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆