岩塩で食べる牡蠣・カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」日生町

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」

岡山県の日生(ひなせ)町は、牡蠣が有名な海沿いの町です。
※現在は合併して備前市日生町となっています

牡蠣料理はいろいろありますが、B級グルメで有名になったカキオコは、日生町内の様々なお店で食べることができます。

うーと

今回は岩塩で食べるカキオコが有名な「タマちゃん」に行ってきました。

人気とは聞いていたのですが、15時30分というなんとも中途半端な時間に行ったのに、10組ほど待っていました。

そんな人気店なので、混雑緩和のための注文方法やルールがあり、少し戸惑ったので詳しくまとめました。

 

 

スポンサーリンク

注文方法と注意点

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」

  1. まずは店内へ入って名前を書きます
    ※外で待っているだけじゃいつまでたっても入れないよ!
  2. 名前を書いたら白色の注文用紙をとります
    ※ピンク色はテイクアウト用だよ
  3. 一度外に出て、メニューを見ながら注文を決めて書き込みます
  4. また店内に入って注文用紙を店員さんに渡します

これで注文完了です。

 

注文用紙の書き方

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」メニュー

注文用紙には、注文内容の他に、

  • 名前
  • 人数
  • 受付番号
  • 携帯電話の番号

を書きます。

うーと

受付番号を書き忘れる人が多かったです。

また、席についてからの持ち帰り以外の追加注文はできない場合が多いようです(席についたらすぐに注文したものが運ばれてくるシステムだから)。
※残ってしまっても、容器代(50円)を支払えば持ち帰れるので多めに頼むのもあり!

私は、「できたら携帯へ電話」にチェックを入れていましたが、電話はかかってきませんでした(たまたま近くで私が代表して待っていたので「○○さーん」と呼ばれたときにすぐに反応できたからかもしれません)

待っている人数は多かったですが、回転が早いので20分ほどで名前が呼ばれました。

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」

待機スペースはたくさんあるので、ゆっくり待つことができます。

ただ、中に入ってしまうと狭いですし、名前を書きに入ってくる人がたくさんいて、落ち着いて食べられなかったけど。

 

スポンサーリンク

牡蠣のメニュー

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」メニュー

せっかくだから、牡蠣がいっぱい入ったものを食べようと、

  • カキオコの丞:1,500円
  • カキネギの丞:1,500円
  • たまがき3:1,300円

をオーダーしました。

 

定番「カキオコの丞」と「カキネギの丞」

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」

  • 左:カキオコの丞
    ソース岩塩のハーフ&ハーフ
  • 右:カキネギの丞
    特製醤油岩塩のハーフ&ハーフ

どちらも1つ1,500円です。

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」

追加の塩もありました。

 

牡蠣の卵焼き「たまがき」

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」牡蠣の卵焼き

オリーブオイルと牡蠣の卵焼き「たまがき」:1,300円です。

フワフワで、どこを食べても牡蠣が入ってくる具沢山な卵焼きでした。

 

スポンサーリンク

「タマちゃん」住所・定休日

カキオコ「お好み焼き・鉄板焼きタマちゃん」

  • 住所:備前市日生町寒河1118
  • 定休日
    夏:火曜日・水曜日
    冬:火曜日
  • 営業時間:11時~20時

 

日生でオススメのお店

日生といえば五味の市

牡蠣が買えたり、牡蠣フライソフトクリームが食べられり、たくさんの出店で色々なものが食べられます

地元の人に人気のかきおこのお店「カキオコ あらた」

五味の市からちょっと行ったところにある人気のかきおこ店

みかん狩りだけじゃない「はっさく大福」もオススメ

日生から橋を渡った鹿久居島に、おかあさんとおとうさんがとっても親切な「みなみ農園」があります

インスタ映え間違いなしっ!オシャレなリゾート風カフェ「おやじの海」

日生から橋を2つ渡った頭島に、ペンションおやじの海が経営する「カフェ ラララ」があります
※もちろんカフェだけの利用もOK

 

タイトルとURLをコピーしました