小学生(低学年)が1人だけでオンライン英会話を習うことができる?

小学3年生(9歳)の息子は、オンラインで英会話を習っています。

  • 少しお休みしたり(入院した)
  • スクールを変えたり
  • ちょっとイヤになったり

・・・いろいろなことがありましたが、オンライン英会話を習い始めて、もうすぐ3年目です。

今では、レッスン中に同じ部屋にいようとすると、

息子

ママは出て行って!

と言われるようになりました。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

子ども一人でレッスンを受けることは可能(だけど注意点あり)

パソコンでスカイプを立ち上げることが出来るお子さんなら、1人でオンラインレッスンを受けることも可能です。

  1. パソコンの電源を入れる
  2. スカイプを立ち上げる(ログインした状態にしておくこと)
  3. ヘッドフォンを差す

これができれば、物理的にはレッスンを受けることができます。

※スカイプを利用しないスクールもあります

慣れるまでは出来れば側に大人がいた方がよい

ただし、オンラインレッスンに慣れるまでのしばらくは、近くに大人がいたほうがお子さんも不安がらずにすむと思います。

息子は、10社近い教室でレッスンを受けてみましたが、先生に「お母さんはいる?」と呼ばれたのは1社だけでした。

このスクール

オンライン英会話教室の先生は、日本語を話せない人がほとんどです。

そのため、まだカタコトも話せないような状態のお子さんの場合は、子供専用のオンライン英会話スクールがおすすめです。

先生の数もそこまで多くないので、何人かお気に入りの先生を決めておくと、慣れた先生とのレッスンにお子さんも安心でしょうし、子供専用のスクールは、決まった教材を使うところが多く、

  • どこまで(何ページまで)進んでいるか
  • その子のレベルがどの程度か
  • タイピングができるか

など、今までのレッスン状況を先生たちでも共有してくれています。

注意点
  • 最初のレッスンは大人と一緒に
  • 英語があまり話せないお子さんの場合は「子ども専用スクール」を選ぶ
  • 気に入った先生を見つける

本当に勉強になっているのか不安

レッスン状況がわからないと、

  • きちんとレッスンを受けているのか
  • 遊んでないか
  • 身についているのか
  • 進歩しているのか

いろいろ不安ですよね。

オンライン英会話教室には宿題はある?

オンライン英会話教室に、宿題があるスクールはほとんどありません。

英語ではなく英会話を学ぶ教室なので、つづりよりも発音重視です。

ただ、予習は難しいにしても、復習はしたほうがいいですよね。

子供は覚えるのが早いですが、忘れるのも早いです!

そこでオススメの、一人でも復習ができる方法は、小学生の英会話レッスンで多く使われている、LET’S GOEverybody UPの専用ワークブックを使うことです。

教科書と連動しているのでわかりやすく、すべて英語なので勉強にもなります。

Amazonや楽天で売られているので、教科書と合わせて購入しておくと便利ですよ。

動画でレッスン状況をチェックできるスクール

それでも不安な親御さんの場合は、レッスン後に動画(一部のみ)を送ってくれる教室を選ぶ。という方法もあります。

LEARNie(ラーニー)

ラーニーは、

  • 日本人の先生
  • 小学生専用のスクール
  • グループレッスン
  • スカイプを使わない
  • 毎週決まった曜日・時間
  • 1レッスン1時間

など、他のオンライン英会話教室とは違った点も多いですが、英会話だけでなく英語も学べるので、総合的に英語・英会話を習わせたい方にはオススメです。

動画にはお友だちや先生も映っていたため、息子の声だけが入っている部分を少しだけ抜き出したものがコチラです。

おすすめのオンライン英会話教室

ある程度英語を話せるお子さんなら、大人と同じ教室が格安でオススメです。

しかし、

  • 基礎から学びたい
  • 英会話は初めて

というお子さんには、少し割高にはなりますが、子供専用のスクールがいいと思います。

割高といっても、週に1回(25分マンツーマン)のレッスンなら月々3,000円ほどです。

しかも、空いた時間にレッスンを受けれますし、教室にはよりますがだいたいどこでも1日前なら無料でキャンセルもできます。

子どもはいつ風邪をひくかわからないですし、そう考えると通学タイプよりもかなりお得なシステムですよ。

大人のためのオンライン英会話スクール比較&まとめページはコチラ

子供オンライン英会話スクール比較&まとめページはコチラ

無料体験ができるオンライン英会話スクールまとめページはコチラ

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆