七色に輝く鍾乳洞「満奇洞」の名物は爆弾キャンディーin岡山県新見市

岡山県新見市に、岡山県指定天然記念物の鍾乳洞があります。

与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と歌に詠んだことから、この鍾乳洞は、満奇洞(まきどう)とよばれるようになったそうです。

満奇洞は、全長450mのそこまで長くない洞窟ですが、映画「八つ墓村」のロケ地としても使われた独特の雰囲気は見どころは満載ですよ。

そして謎の名物「元祖 バクダンキャンディー」も必見です!

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

満奇洞はLED照明がすごいっ!

満奇洞は、入口も出口も同じです。

なので、入ってすぐのところに休憩所があります。

入ってすぐなのにめっちゃ涼しいんです!

この日の外の気温は33度、洞内の気温は15度ほどでした。

長袖が必要かな?と思ったのですが、そこまでではありませんでしたよ。

洞内はアップダウンは少なく、一部分天井が低いところもありますが、比較的歩きやすかったです。

もちろん鍾乳洞を純粋に楽しむこともできますし、要所要所にLED照明等でライトアップされた箇所もあり、ワクワクが止まりませんでした。

コウモリも飛んでました。

もう1周したいくらいの楽しさでした。

バクダンキャンディー(アイス)は危険な食べ物?

駐車場のすぐ隣に満奇洞観光ドライブインがあります。

ここは、岡山県民なら知っている、あのソウルフードバクダンキャンディーの「元祖」のお店だそうです。

昭和のあの頃は、30円だか50円だかで買えた気がするのですが、(あの頃食べたものは「元祖」ではなかったのかもしれません)今では1本200円!するこのバクダンキャンディーは、ゴム製の入れ物に入った氷菓子です。

ビジュアルがアレなので、入れ物からは出しませんでしたが、ゴム製の入れ物の先っちょを切って(切ってくれます)チューチューします。

最初は噛むと割れちゃうことがあるので、初めは優しく舐めましょう。

ある程度溶けてきたら噛んでも大丈夫ですが、あまり強く噛みすぎるとキケンです。

食べ終わった後のゴム…。

満奇洞の料金・時間

  • 住所:岡山県新見市豊永赤馬2276-2
  • 営業時間:8:30~17:00(最終入洞は16:30まで)
  • 入洞料金:高校生以上1,000円・中学生800円・小学生500円

発券機でチケットを買うのですが、なんと!交通系ICカードを利用できます。

※洞内食べ歩きNG
※ペット同伴NG
※駐車場有り(無料)

新見市には、ここから車で25分ほどのところにも「井倉洞」という鍾乳洞がありますが、どちらか1ヶ所だけ行くのであれば、私は満奇洞をオススメします。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆