味噌汁は飲み物ではありません~miso soup isn’t drink~

実は私、料理が苦手。

お味噌汁も上手に作れません。

出汁も自分でとってません。

実はお味噌が苦手!なんです。

でもそれは、もろきゅうとか田楽とかのThe 味噌が苦手なだけで、みそ汁は好きなんです!←説得力ゼロ

そして、お味噌汁はきちんとだしをとったほうが美味しい。ってことはわかっています。

みそ汁は日本の心とか言っておきながら・・・ごめんなさい。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

伊予のみそ汁

私の両親は愛媛県に住んでいます。

私も18歳までは愛媛県に住んでいました。

母が作るお味噌汁は、伊予のみそと、赤みそを混合したもの。

具はお豆腐ワカメ時々お麩が定番でした。

上品な味わいの母のお味噌汁。

大好きです。

味を受け継げなくてごめんなさい。
愛媛の定番と言えば、松山揚げも人気です。

パリパリのお揚げで、湯通しなし・そのままパリパリ割って入れるだけ。

化学添加物不使用で、しかもいい味出してくれるからおススメですよ♡

うちのお味噌汁

今回は、『2010年うーと家の味噌汁』と題しまして、2010年のお味噌汁を写真で振り返りたいと思います。

どうして2010年かというと、その頃の写真しかなかったからです。

当時息子は2歳。

アレルギーが出やすい息子が何を食べたかチェックしやすいように、食事前に必ず写真を撮っていたんです。

メープルシロップを飲みたいの

この頃の息子のお気に入りはメープルシロップ♪

そう。

息子
メープルシロップ飲みたいの

は、「お味噌汁飲みたいの」という意味だったんです。

何度訂正しても、「メープルシロップ飲みたいの」とおかわりを要求してきました。

そんなわけで、息子はコップでお味噌汁を飲んでいました。

うん。何か違う・・・

うちのお味噌汁の具

うちは家族は全員野菜嫌い。

なので、なるべく汁物でお野菜をとるようにしています。

すると気が付いたら具だくさんに!

キュウリやトマトなどは入ることありませんが、根菜はほぼなんでも入れます。

最近では、

うーと
息子っち! お汁全部飲まな!
息子
これはお汁も飲むタイプだったん?
うーと
・・・お味噌汁だからね。
息子
そうなん? これお味噌汁だったん?

なんていうやりとりも。

もう「メープルシロップ」と呼ぶことはなくなったのですが、あまりにも具沢山にしすぎてみそ汁と認識してもらえなくなりました。

スポンサーリンク

だしおばさんはどこへ行ったの?

そういえば1年ほど前にだしおばさんって話題になりましたよね。

知らない方に少し説明をすると・・・

  • 未就学児を連れてイベント開催したり、イベントのために家をあけて旦那さんを一人にするなんて言語道断!
  • 私は幼い頃、母親が趣味に没頭しはじめ、お味噌汁が美味しくなくなったから、お財布からお金を盗んだの

※原文は、言葉遣いがあまりに品がなく書くのもイヤなので、語尾や言い回しを少し変えています。

などの名言を数多く残し、育児をがんばっているお母さんたちを叩いてまわっていた「おだしプロジェクト」のおばさんのこと。

確かに、マイナスワードで人を引きつける方法もあると思いますが、それは頭の良い人が戦略的にするからまだいいのであって、品のないおばさんがヒステリックにわめくのとはちょっと違います。

出汁をとる。

そういうところから気にかけるのが大事。という精神はすごくよかったのに、本当に残念です。

・・・そんな話をしておいて何ですが、私は粉末のだしを使っています。

食は命の源

大事なところで手を抜くのはいけないのですが、何もかもに全力を注ぐ。というのはなかなか難しいです。

力を入れるところと抜くところ。自分の生活ペースにあった見極めが大事ですね。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆