デヴィットボウイ(デビットボーイ)のラビリンス魔王の迷宮

イギリスの歌手 デヴィット・ボウイさんが、2016年1月10日に亡くなりました。

私はあまり洋楽に詳しくなく、有名な方でも存じ上げない方が多いのですが、私の中で彼は特別でした。

デヴィット・ボウイを教えてくれたのは、このブログのタイトルを決めるきっかけになった彼女です。

彼女は、彼の音楽からビジュアルから、何から何まで大好きでした。

そんな彼女が、ある日ビデオ(当時はBlu-rayもDVDもまだない)をくれたんです。

それがラビリンスだったんです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

ラビリンスについて

1986年に作成されたジョージ・ルーカス監督のアメリカ映画。

主人公は、デヴィット・ボウイジェニファー・コネリー

ファンタジー系ですが、デヴィットボウイのかっこよさと歌声を存分に味わえます。

ラビリンスのあらすじ

15歳のサラ(ジェニファー・コネリー)が、1人で異母兄弟である弟の子守をしていました。

なかなか泣き止まない弟に嫌気がさして、「どこかへ消えてしまえ」と、おまじないをかけてしまいます。

すると魔王ジャレス(デヴィット・ボウイ)が現れ、弟を魔宮(ラビリンス)へ連れて行ってしまったのです。

13時間以内に迷宮を抜けて、魔王ジャレスの城へたどり着かないと、弟はゴブリンに変えられてしまう。

サラは魔宮へと向かうのでした。

ラビリンスの感想

私が思うこの映画ラビリンスは、

  • 迷宮が、ドロドロした不思議の国のアリスみたい。
  • 10代のネバーエンディングストーリーみたい。
  • ちょっと古い映画なので、最新CGに慣れている人は・・・かもしれない。
  • 少女漫画が好きな人は好きかも!
  • 演技はともかく、かっこいい!
  • 私は好きだ!

です。

子ども(小学生以上におススメ。特に弟や妹がいる子)から大人まで楽しめる映画だと思います。

ラビリンス予告編

ラビリンスといえばこれ!

※最初の画像のDVDは私物です。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆