「囲炉裏焼きあなみ」でランチ~子どもに体験してもらいたいこと in 津山(阿波)

旧:阿波村(現在は津山市に合併されています)にある、『あなみ』へ行ってきました。

阿波村は、合併してしまったがために、幼稚園小学校ガソリンスタンド・・・色々なものがなくなりました。

そうなってくると、どんどん村が寂れてくると思いきや、

村人たちは元気です!

前向きです!

そんな阿波村で休日を過ごしてみませんか?

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

岡山県の阿波村というところ

津山市街地から車で50分近くかかります。

人口は数百人。

冬はかなりの積雪量があり、屋根の雪下ろしは必須です。

そんな中でも、村人たちは阿波の土地を活かした暮らし方をしています。

  • 間伐材で薪ボイラー
  • あひる農法(あひるを田んぼに放して虫とか食べてもらう)で有機無農薬米作り
  • 様々なイベント

私が毎年行っているのは『雪まつり』

阿波渓流茶屋で毎年行われています。

地元のお母さんたちが作ってくれた豚汁を食べたり、ソリで遊んだり、スノードームを作ったりして過ごします。

夜には作ったスノードーム一つ一つにロウソクが入り、

幻想的な世界に。

もちろん冬だけでなく、夏は比較的涼しい場所なので快適に過ごせます。

  • 尾所の桜(おそのさくら)
  • 布滝(のんだき)・白髪滝・大滝
  • 渓流釣り
  • 紅葉
  • 雪まつり
  • 温泉

春夏秋冬楽しめるところです。

阿波森林公園には、バンガローやテントサイトもありますし、あば交流館にも宿泊できますよ。

囲炉裏焼きあなみ

囲炉裏焼きあなみは、昔の文化を活かしつつ近代的要素を取り入れたお食事処です。

息子も私もワクワクがとまらなくて、なぜかずーっとニコニコしながらゴロゴロしちゃいました。

そんな空間なんです。

店内の様子

キレイな店内。

1席1席の空間を広くとっているので、本当にくつろげます。

メニュー

私たちは、

  • すみれ:1,200円
  • かりん:1,800円
  • アマゴのお刺身:800円

をオーダーしました。

アマゴのお刺身は薄いピンク色でキレイ!

そして(ちょっと小さいイクラみたい)もついていました!

アマゴはサケ科だからやっぱりちょっと似てるのかな?

くみあげ豆腐を使ったお味噌汁や、とろろご飯五平餅アマゴの塩焼き

お豆腐は、何もかけないでそのまま食べれます。

お豆の味がしっかりして美味しい。

梅味噌を付けて食べてもGood!

アマゴの塩焼きは持ち帰りにしました。

おなかいーーーっぱいになります!

体験!自分でやってみよう!

自分でひっくり返したお魚の味は格別だよね!

囲炉裏だけじゃない

あなみには、イベントホールもあります。

イベントホールは体育館並みの広さ。

そこでは、ヨガレッスンや合宿で使われることが多いようです。

Globeの合宿でも利用されているそうですよ。

さらに、お餅つき(要予約)ができたり、囲炉裏焼きあなみの店内で豆腐製品の販売もあります。

くみあげ豆富が美味しすぎて、ついつい定期購入することにしちゃいました。

囲炉裏焼きあなみ情報

  • 住所 岡山県津山市阿波1170
  • 定休日 火曜・水曜(臨時休業有・冬季不定休)
  • ランチタイム 11:00~15:00(ラストオーダー14:00)
  • カフェタイム 14:00~15:00
  • ディナータイム 17:00~20:30

靴を脱いで上がります。

床暖房設置。

好みに応じて席を選べます。

  • 掘りごたつ式囲炉裏(8人掛け)×2
  • 昔ながらの切囲炉裏(6人掛け)×5
  • 車椅子OK!テーブル式(6人掛け)×2

さらに、阿波渓流釣り場で釣ったお魚は、ここで調理してもらって食べることが可能です。

忘れられない貴重な体験。

いかがですか?

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆