老舗喫茶店「サンピエール」で昭和パフェと鉄板ナポリタン(津山市)

サンピエールの外観

津山市小田中の大通り「城西通り」沿いにある1955年創業の老舗喫茶店「サンピエールに行ってきました。

うーと

昭和のレトロな雰囲気から今、若い世代にも人気となっている喫茶店です。

 

 

スポンサーリンク

昭和レトロな洋食屋さん

サンピエール店内

昭和レトロな感じの、当時も現在もなんとも言えないオシャレな感じがいいんです。

私が学生だった頃は、ちょっと背伸びをして訪れるような喫茶店でした。

うーと

彼氏とタラコピラフを食べたなぁ・・・(25年以上前)

・・・と、40代以降の津山人なら何かしら思い出がある地元の人に愛されるお店です。

 

スポンサーリンク

メニュー

サンピエールのメニュー

メニューはかなりたくさんありますが、人気なのは何と言っても「鉄板ナポリタン」と「パフェ」です。

 

定番!鉄板ナポリタン

サンピエールの鉄板ナポリタン鉄板スパゲティイタリアン:950円

メニューを見てみると、「鉄板ナポリタン」ではなく、「鉄板スパゲティイタリアン」でした。

そして、このメニューにはサラダが付いてくるのですが・・・でかいっ!

写真で見ると、鉄板が小さく見えますが、鉄板は通常サイズでサラダが大きいんです。

しかも、何かしらフルーツが乗っています。

私は10月に行ったのでパイナップルでしたが、夏だとスイカが乗っていたりします。

しかも三角に切ったそこそこの大きさのやつがどーーーっんと乗っています。

うーと

先にサラダが運ばれてくるので、サラダである程度お腹いっぱいになってしまいます。

メインの鉄板ナポリタン・・・じゃない「鉄板スパゲティイタリアン」は、グリンピースは友達のお皿にそっと乗せて、スパゲティの周りのふわふわ卵にスパゲティを絡めていただきます。

 

ポークカツレツ

サンピエールのポークカツレツポークカツレツ:1,200円

おしゃれなカフェもいいけど、こういうドーンッってメイン料理が出てくる洋食屋や喫茶店にも惹かれる。

 

スポンサーリンク

昭和なパフェ・サンデー

昭和喫茶店のパフェって特別感がありますよね。

サンピエールのパフェは見た目もすごい・・・と思ったら、こちらはパフェ」ではなく「サンデー」でした。

うーと

パフェとサンデーの違いって???

 

パフェとサンデーの違い

パフェとサンデーの違いは、

  • パフェ:フランス語の「パルフェ(完璧)」から
  • サンデー:アメリカで、日曜日だけ販売していから
    ※所説あり

という語源の違いの他に、背の高い入れ物に入っているのがサンデー、アイスがメインなのがサンデー・・・など、地域やお店によって解釈は異なるそうです。

 

プリンサンデー

サンピエールのパフェプリンサンデー:850円

サンピエールの「プリンサンデー」には、コーンフレーク(通称:かさ増し)は入っていませんでした。

入っていないのにこのボリューム!

でも、あれ?

「私、プリンサンデー頼んだのに、プリンサンデーじゃなくて、これフルーツサンデーじゃない???」と思ったら、

サンピエールのパフェ

オシャレにカットされたフルーツが山盛り過ぎて、どこにプリンがあるか見えないかもしれませんが、このフルーツと、カロリーなんて気にしていたら食べられない量のクリームの下に大きなプリンが隠されていました。

これはもう宝探し!

 

バナナサンデー

サンピエールのパフェバナナサンデー:750円

他にも、

  • フルーツサンデー:790円
  • チョコレートサンデー:790円
  • メロンサンデー:790円
  • ピーチサンデー:750円

がありました。

 

スポンサーリンク

定休日・営業時間

サンピエールの外観

  • 住所:津山市小田中2209
  • 定休日:火曜日
  • 営業時間:9時~20時

駐車場は、お店の両サイドにあります。

喫煙可の喫茶店です。

 

タイトルとURLをコピーしました