ファインディングドリーは障害をどうとらえるかを教えてくれるディズニー映画

ファインディング・ニモから1年後のお話です。

前回、主役のニモマーリンに次いで出番が多かった、ナンヨウハギのドリーが主役の映画です。

前作のドリーといえば、物忘れというレベルを超えた、いわゆる健忘症(記憶障害)なのではないか?と思われる行動・発言が目立ったいましたが、この作品でそれが決定的なものとなりました。

どうやら幼い頃から記憶することが苦手なタイプだったようです。

ディズニーでは、ドリーの「障害」を「個性」として表現しています。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

ファインディング・ドリー Finding Dory 2016年

新たな登場人物

  • ハンク (タコ ♂)
  • デスティニー (ジンベエザメ ♀)
  • ベイリー (シロイルカ ♂)
  • チャーリー&ジェニー (ドリーの両親)
  • フラーク&ラダー (アシカのコンビ)
  • ジェラルド (アシカ)
  • ベッキー (アビ)

主題歌・挿入歌など

  • Unforgettable

φ(..)メモメモ

  • ファインディング・ニモの続編
  • 日本語版のエンディングソングは八代亜紀さんが歌っている

ファインディングドリーのあらすじ

ニモ家族たちと仲良く暮らすドリー

ある日、突然幼い頃の記憶が少しだけよみがえります。

記憶をたよりに、ニモマーリンと両親を探す旅に出るのですが、様々なトラブル(そのほとんどがドリーが起こしたトラブル)に巻き込まれながら、道中少しずつ幼い頃のことを思い出し始めます。

はたしてドリーは両親に会うことが出来るのでしょうか?

詳しくは本編で♪

日本語吹替え

メインの2人(ドリーマーリン)はもちろん前作と同じで・・・です。

女優さんとしては好きなんですが、私は苦手です。

今回からの吹替えメンバーとして、

  • ハンク → 俳優の上川隆也さん
  • デスティニー → モデルの中村アンさん

が加わっていますが、メインメンバーが濃すぎてまったく目立ちません。

しかし、目立つといえば、声だけでキャラクターがあるわけではないのですが、なんと!本人役で八代亜紀さんがカメオ出演されています。

そして、脇役(マンボウ役)で、またしてもさかなクンも参加しています。

ファインディング・ドリー予告編

うーとおすすめ度 ★★☆☆☆

アメリカでの評価が高く、日本でもなかなかの高評価だったようですが、私ははっきりいって苦手です。

なのでうまくオススメできません。

吹替えで観なければいいのかもしれないですが、英語で理解できるほどの英語力はないので…。

ただ、「障害」を「障害として」ではなく、個性としてみることができる映画だと思います。

ファインディング・ドリー好きに観て欲しいディズニー映画

ファインディング・ドリー好きのみなさんに、私がおススメの映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典④

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆