トイストーリー1~ディズニー映画・ピクサーとは? 

シェアしてね♪

1995年に史上初!

全編がCG映像、100%デジタルムービーが公開されました。

それがこの映画トイ・ストーリーです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

PIXAR(ピクサー)とは?

もともとは、スターウォーズで有名なジョージルーカスが率いる『ルーカスフィルム』のコンピューター部門でしたが、1986年にピクサー社として独立しました。

しかし、コンピューター系での収益は思わしくなく、CGアニメーション分野でディズニー(ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ)と契約します。

その後、すったもんだありまして(←にごしてみた)2006年にディズニーの完全子会社となったのです。

トイ・ストーリー Toy Story 1995年

主な登場人物

  • ウッディ(カウボーイ人形)
  • バズ・ライトイヤー(スペースレンジャーのアクション人形)
  • アンディ(ウッディの持ち主 人間の男の子)
  • レックス(ティラノサウルスのおもちゃ)
  • ハム(ブタの貯金箱)
  • ミスター・ポテトヘッド(顔のパーツを外せるおもちゃ)
  • ミセス・ポテトヘッド
  • ポー・ピープ(陶器のランプスタンド)
  • スリンキー・ドッグ(胴体部分がバネになっている犬のおもちゃ)
  • エイリアン(三つの目がある緑色のエイリアン。リトルグリーンメン)
  • グリーン・アーミー・メン(全身緑のおもちゃの兵隊たち)
  • シド(アンディの隣の家に住む悪ガキ)
  • スカッド(シドの凶暴な飼い犬)

主題歌・挿入歌など

  • 君はともだち

φ(..)メモメモ

  • 続編に、
    『トイストーリー2』
    『トイストーリー3』
    『トイストーリー4』(2019年公開予定)がある
  • バズ・ライトイヤーが主人公の『スペースレンジャー バズ・ライトイヤー 帝王ザーグを倒せ!』がある
  • DVD作品に『トイストーリー・オブ・テラー!』、『謎の恐竜ワールド』がある

トイ・ストーリーのあらすじ

おもちゃにはおもちゃの世界があるんです。

アンディの誕生日、おもちゃたちはみんなドキドキ。

新しいおもちゃ仲間がくるからです。

アンディの一番のお気に入りのおもちゃであり、アンディのおもちゃたちの中のリーダーウッディ

ところが誕生日に新しくきたおもちゃバズ・ライトイヤーにその座を奪われ、ちょっとしたトラブルからウッディバズは家の外に出てしまうのです・・・

続きは本編で♪

トイストーリーのみどころ

これはおもちゃの世界のお話ですが、こういうことあるなぁ。と感じるところがたくさんあります。

ウッディバズの関係は、小学生の頃、クラスの人気者がある日突然きた転校生に・・・。なんていうの似ています。

でもそういうことがあってこその絆って深いんですよね。

トイストーリーの吹替え

これはもうみなさんご存じかもしれませんが、唐沢寿明さん(ウッディ)と所ジョージさん(バズ)のペアです。

この映画は、2人の印象が強いのでトイストーリー2、トイストーリ3でも引き続き吹替えを担当されました。

人気ディズニー映画なんですけど・・・

実は私、トイストーリーが苦手なんです。

隣に住んでいる悪ガキのシド・フィリップス

こういう悪ガキの遊びは、男の子あるあるなのかもしれないのですが、乱暴な子が苦手で見るに耐えないというか・・・。

なので息子にもみせていない映画です。

そんなわけであまりいいレビューが書けなくてすみません。

人気のキャラクター

主人公のウッディバズライトイヤーだけでなく、たくさんの人気おもちゃがいます。

私はトイストーリーが苦手ですが、キャラクターは大好きです。

リトルグリーンメン(三つ目のエイリアン)やミスター・ポテトヘッドなどのアイテムは、ついつい集めちゃう♪

トイ・ストーリー予告編

うーとおすすめ度 ★★★☆☆

星が少なくてごめんなさい。

キャラクターは好きなのですが・・・。

トイ・ストーリー好きに観て欲しいディズニー映画

トイ・ストーリー好きのみなさんに、私がおススメしたい映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

トイストーリー2スペースレンジャー バズ・ライトイヤー 帝王ザーグを倒せ!はコチラ
https://uto-blog.com/toy-story2

トイストーリー3 トイストーリーオブテラーピクサーショートムービーはコチラ
https://uto-blog.com/toy-story3

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典②

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

シェアしてね♪

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆