0歳からの子供の習い事は虐待?意味・効果はあるのか?

シェアしてね♪

ジャンパルーに乗る赤ちゃん

うちの息子は、0歳から英会話を習い始めました。

だからといって、11歳になった現在、英語がペラペラにはなっていません。

そんな状況も踏まえて、子供の習い事について考えてみました。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

子どもの習い事について

今回まずチェックしたのが、リクルートさんの「未就学児から小学生のママ927人に聞いたお稽古ランキング」です。

2017年以降統計をとっていないようなので、少し古いですが、2016年度と2017年度のアンケート結果です。

今習っている「習い事ランキング」

2016年2017年
1位水泳水泳
2位英語・英会話英語・英会話
3位ピアノピアノ
4位体操書道
5位学習塾・幼児教室学習塾・幼児教室
6位サッカー体操
7位書道サッカー
8位ダンスそろばん
9位空手その他スポーツ
10位そろばんダンス
空手

今後「習わせたいランキング」

2016年2017年
1位英語・英会話英語・英会話
2位水泳水泳
3位書道書道
4位ピアノ学習塾・幼児教室
5位そろばんそろばん
6位学習塾・幼児教室ピアノ
7位ダンスダンス
8位空手体操
9位体操空手
10位パソコン関連サッカー

水泳、ピアノ、英語など、親が教えることが難しいものがランクインしているようです。

うちは息子を幼稚園へ通わせていたのですが、幼稚園は夏休みもあるし、そうでない日も14時までなので、週3~5回習い事へ通っている子どもさんが多かったです。

小さい頃から習い事をするのはどうなの?

これ。よく言われるんですよね。

子どもが自分で「習いたい」って言う前に親が習い事を決めるってどうなの?みたいな。

でもね。

3歳児の「ピアノやりたい」なんて、「リンゴ食べたい」くらいの ふわっとしたものだと思うんです。

もちろん、それはいいことなんですけどね。

  • 住んでいる地域、金額、時間帯を考えて習えるものは何があるのか?
  • 自分の子どもに何が合っているのかわからないから、とにかく何かいろいろ習わせたい
  • 将来困らないように幼い頃から習わせたい
  • 体が弱いからちょっとでも強くなってもらいたい
  • 親子で触れ合いながら学べる時間を作りたい

など、親が一生懸命その子のことを考えて習うのであれば、私は全部「あり」だと思います。

きっかけなんてなんでもいいんです。

やってみて、この教室(先生)合わない。と思ったら、いつでもやめれるのですから。
※なんでもすぐにやめてしまえばいい。と言っているわけではないですよ!

0歳から英会話を習った体験談

ディズニーワールドイングリッシュ(ディズニー英語システム)

コチラ「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

うちの夫は育児にまったく関わらないスタイルです。

そのかわり、子どものことに関しては、すべて私に決定権があります。

そんなわけで、私と息子が選んだ 習っている・習った習い事をまとめてみました。

英会話・英語

  • 0歳3ヶ月~は週1回:月4,000円
  • 3歳~5歳の間は週4回:月7,000円
  • 6歳~は週1回:月5,000円
  • 7歳~は週2・3回:月3,000円ほど

正直、0歳から習うのは早すぎると思います。

それこそ、自宅でディズニー英語システムを使っていれば充分ではないかと。

しかし、私の場合は、本当は私が習いたいので、妊娠前に私が通っていた英会話教室へ息子を入れました。

私もレッスンを続けたいけど乳児連れでのグループレッスンは難しい(預かってくれる親戚は近くにいない)、そして個人レッスンは高い。

それなら息子を習わせるという名目で、英会話教室へ通えば、私が先生と英語で会話することも増え、英語の勉強になる!という不純な動機です(日本語があまり話せないネイティブの先生がしている英会話教室に通っていました)。

そして、7歳からはオンライン英会話に変更しました。

オンライン英会話だと、マンツーマンだし、スクールまでの送り迎えの時間がいらないし、隣で聞いていられるから、子どもの苦手なとこもチェックできるのでおすすめです。

子供のオンライン英会話教室おすすめランキング

水泳

  • 3歳~5歳は週1回:月6,000円
  • 8歳~9歳は週2回:月8,748円
  • 9歳~は週1回:月7,344円

小さい頃から近所の川で泳いでいたパパは、水泳部出身で泳ぎが得意ですが、今でも水が怖い私は、小学校のプール授業が恐怖でしかありませんでした。

そんな2人の間に生まれた息子は、私にそっくりなので、せめて水が怖くないようにと、親も一緒に入らなくてよくなる年齢の3歳からスイミングスクールへ入会しました。

息子は、1年ほどで水もプールが好きになりましたよ。

お花(生け花)

生け花を習う幼稚園児

  • 5歳(3回):1回1,000円お花代込み

幼稚園での教室です。

1回ごとのお支払だったのですが、3回でやめました。

お花を生けることより、茎を使って何かを作ったりすることが楽しいようだったので、これは違うな。と思ったので。

テニス

  • 4歳 週1回:1回1,000円

まだ小さかったのでテニスというよりは、ボール遊びのようなレッスンでした。

息子がだんだん乗り気じゃなくなってきたことと、 時間が合わなくなりこれは4ヶ月で辞めてしまいました。

でも、 今頃になって、

息子

錦織くんみたいになりたいからまたテニスがしたい♪

と言い出したのですが、今始めると完全にブームに乗った人になってしまうので習っていません。

囲碁

囲碁を習う幼稚園児

  • 6歳 週1回:月1,000円

幼稚園での保育時間終了後に教室で行うレッスンです。

元気いっぱいの息子なので、翌年から小学校で1時間大人しく椅子に座っていられるか心配だったことと、今の私たち家族のおかれている環境が、年配の方と触れ合う機会が少ないので、おじいちゃん先生とお話したりする時間も持たせたい、そして運動ばっかりじゃなく、ちょっとは頭も使え!なんて理由からです。

体操・運動

  • 6歳 週1回 × 2
    幼稚園での教室・市でしている体操教室
    (幼稚園月3,000円・市半年3,500円
  • 7歳 週1回 × 3
    大学の体操教室・体操教室・市でしている体操教室
    (大学半年12,000円・体操教室月5,000円・市半年3,500円
  • 8歳 週1回 × 2
    大学の体操教室・体操教室
    (大学半年12,000円・体操教室月5,000円
  • 9歳~ 週1回:半年12,000円

とりあえず体を動かすことが大好きな息子なので、いろいろな運動ができる体操教室(器械体操ではなく、月によってサッカー・野球・陸上・跳び箱などさまざまなスポーツをする教室)に通いました。

  • 小学校へ上がると習える習い事(小学生以上対象の習い事)が増えた
  • 幼稚園を卒園して幼稚園代を習い事代へまわせるようになった
  • 放課後お友達と遊びたくても少子化のせいか近所には低学年のお友達がほとんどいない
  • その数少ないお友達も学童(児童クラブ)へ行っているので遊び相手がいない

などの理由から、本人の希望もあり、気が付いたら3つも体操教室に入っていました。

農業体験クラブ

農業体験する幼稚園児

  • 5歳~(不定期) 年会費100円(体験ごとに別途必要)

毎回季節によって内容は違うのですが、 自分たちで畑を耕し、野菜などを植え、収穫し、収穫したものを使って料理、天体観測やホタル観賞をして1日を過ごす。というクラブです。

といっても、畑を耕すのはほとんど母の仕事。

子どもたちは木に登って実をとって食べたり、川に入ってザリガニつかまえたりして遊んでいます。

そういうthe 昭和の遊びをしてもらいたかったので母もがんばって畑を耕しています。

空手

  • 8歳~9歳 週1回:月3,600円

8歳になってから、空手を週に1回習い始めました。

夏休みの特別合宿(9時~16時まで勉強や運動をして過ごすもの)に2週間ほど行っていたときに教えてもらった先生がしている教室で、とってもいい先生!

レッスンのときは厳しく、レッスンが終わるととっても優しい。

こういうONとOFFが習えるのもいいですよね。

でも、先日先生が退職されることになり、空手の教室が閉まってしまいました。

道着姿もかっこよかったのに、残念。

習い事は週何回?

これから、ピアノと書道とそろばんも習って欲しいなぁ。と思っているのですが、プールを入れるともう週5で入っているからちょっとしんどいかなぁ。

外野に振り回されず、自分たちの生活スタイルにあった習い事を選ぶのがオススメです。

もちろん環境によっては「何も習わない」というのもありだと思いますよ。

追記

●8歳の現在、体操週2・空手週1・オンライン英会話だけになりました

●9歳前半の現在、体操週1・空手週1・オンライン英会話・水泳週2・プログラミング週1・習字月1になりました

●9歳後半の現在、体操週1・オンライン英会話・水泳週1・プログラミング週1・習字月1・陸上週1になりました

●10歳の現在、体操週1・オンライン英会話・水泳週2・プログラミング週1・習字月1・陸上週1になりました

●11歳の現在、オンライン英会話・水泳週2・プログラミング週1・習字月1・陸上週1・国語隔週になりました

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

シェアしてね♪

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆