シンガポール旅行記②旅行前にチェックしておくこと~改装中・観光地への行き方

シンガポールのリゾートワールドセントーサショッピングロード

シンガポール1日目日記の続きです。

昨夜遅かったにも関わらず、早起きしました。

だって興奮してあまり眠れないし。←遠足前の小学生かっ!

お腹がすきすぎて目が覚めたという夫は、息子を連れてホテルに隣接しているショッピングセンターのベーカリーで山ほどパンを買ってきました。

そしてなぜかSUBWAYで瓶入りジュースも買ってきていました。

  • 焼きたてパンいっぱい…8.20ドル
  • ジュース2本…9.30ドル
うーと

考えろっ!

値段を考えろっ!

そして夫が選んだパンを間違えて食べてしまった息子に激怒!

はぁ。。。

うーと

パンの1つや2つええやんけっ!

そのジュース買うてこんかったらそのパン5つは買えただろっ!

と言いたい気持ちをこらえ、全身にSPF・PAが最高値の日焼け止めを塗ります。

化粧はなし。

がっつり日焼け止め。

でも眉毛は書くけどね。

 

 

スポンサーリンク

アドベンチャーコーブウォーターパーク(セントーサ島)

シンガポールリゾートワールドセントーサにあるアドベンチャーコーブウォーターパークまでの通路

今日のメインイベントは、この旅行で一番楽しみにしていたアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークです。

このプールの目玉はなんといっても、2万匹以上の熱帯魚が泳ぐ珊瑚礁のプールを約15分間シュノーケリングできるレインボーリーフです。

深さは3mほどあるそうですが、ライフジャケットを着れば問題なし。

ライフジャケットは5サイズあって無料で使えるんです。

これなら泳げない私でも大丈夫♪

さらに、

620mの流れるプールには、ジャングルや峡谷、魚のトンネルなど14のエリアを通り抜ける神秘的なもので、ウォータースライダーは6種類もあって、ボートごとエスカレーターで上まで運んでくれるタイプのものまであるんです。

 

もちろんここで1日ゆっくり楽しく過ごす予定でしたよ。

だってそのために水中撮影できるカメラを買ったんだもん♪

水中でも使えるデジカメについてはコチラ↓

水中写真を撮りたいなら評判の悪い水の中で使える防水デジタルカメラTG-870
オリンパスデジタルカメラTG-870レビュー●評判が悪かったけど、水中写真を撮りたいために買いました!実際に使ってみた感想とスマホと比較、実際に海やプールで撮った写真もまとめています。

 

ここで楽しく過ごす予定でした。

予定でした・・・。

 

ワクワクしながら入口へ行くと、あれ?誰も並んでない?

まだ開いてないのかなぁ・・・

うーと

すみませ~ん。

大人2枚と子ども1枚・・・

えっ?

上を見ろ?

この長文を読めと???

えっと・・・10月16日まで改装のためお休みしま・・・えぇ!?

 

下に水着を着て(それは私だけ)

化粧もせず(それも私だけ)

大荷物を持って(これは全員。なぜならタオルは持参しないといけないから)

ここまで来たのに、まさかの・・・

かいっ・そうっ・Chu!

 

はぁ・・・

泣きそうになっている息子を連れて、今回の旅行予定になかった同じエリア内(歩いて5分かからない)にあるユニバーサルスタジオへ行くことにしました。

えぇ。

すっぴんで、無駄に水着着こんでますが。

 

スポンサーリンク

ユニバーサルスタジオシンガポール

ユニバーサルスタジオシンガポールのHollywood(ハリウッド)エリア

息子はそれでもまだ悲しみが癒えないようで、USS(ユニバーサルスタジオシンガポール)に入ってすぐのこの場所でシャボン玉を破壊すること数分。

さすがに見かねた両親が止めに入るという事態になりました。

その後、比較的スムースにアトラクションを周ることができ、半日ほどで乗りたいものにはすべて乗ることが出来ましたよ。

 

ちなみに息子、この日がジェットコースター初体験!

かなり恐怖に震えていたようなのですが、降りてきてからは、

息子

たいしたことなかったな。

と。

うーと

もう1回乗ってもええよ。

と言うと、

息子

時間がないけんやめとくわ。

と言うかわいいヤツです。
(時間はいっぱいある)

ここのジェットコースターはかなり怖いようなので、いきなりこれに乗せる親も親だと思いますが。

もちろん私はジェットコースターなんていうものは大の苦手なので、

  • HUMAN
  • CYLON
  • Mummy

の3つは夫と息子が乗りました。

そうしないとロッカー代もかかるしね。
(私は、ロッカー代を払ってでも乗りたくないけど)

ユニバについて詳しくはコチラ↓

ユニバーサルスタジオシンガポールは日本にないアトラクションがある
シンガポールのセントーサ島にあるユニバーサルスタジオのおすすめアトラクション・レストラン、お得なクーポン(日本語サイト)、子供の制限についてなど詳しい情報をまとめました。写真多数あり!

 

その後USSを後にした途端、また夫の、「お腹すいた」攻撃です。

2時間ほど前に3人分食べたのに・・・。

 

スポンサーリンク

リゾートワールドセントーサの鼎泰豐(ディンタイフォン)

シンガポールリゾートワールドセントーサの鼎泰豐の小籠包と餃子

ここ、鼎泰豐(ディンタイフォン)での決済の際に初めて、「円かシンガポールドルか」を聞かれました!

カード決済では必ず現地通貨を選びましょう。

シンガポールではここ以外では聞かれることはなく、また勝手に「円」にされることもありませんでしたが、注意が必要です。

現地通貨を選ぶ理由詳しくはコチラ↓

海外旅行の通貨・外貨両替(円→ドルなど)手数料が安くてお得なのは?
海外旅行のときに必要なお金の両替「通貨・外貨両替(円→ドルなど)」の手数料が安くてお得なのは?注意点を含めまとめました。

 

鼎泰豐についてはコチラ↓

マレーシアンフードストリートと鼎泰豐(ディンタイフォン)シンガポールリゾートワールドセントーサ
シンガポールのセントーサ島にある「シンガポールリゾートワールドセントーサ」※ユニバーサルスタジオ近くで食事をするならココ!地元の料理が食べられるフードコート「マレーシアンフードストリート」と小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)についてまとめました。

 

スポンサーリンク

セントーサ内の移動はタクシー厳禁!

シンガポールリゾートワールドセントーサからみたマリーナエリア

小籠包を食べた後は、息子が2番目に行きたがっていたメガジップアドベンチャーへ行くことにしました。

もともと、ウォーターパークの後に行く予定だったのでここからは予定通りです。

しかし! 行き方がわかりません。

そこで、

うーと

タクシー安いし、間違いなく着くだろうから♪

なんて理由でタクシーに乗ったのが間違いでした。

メガジップアドベンチャーなんて、観光客しか行かないような施設の住所を見せたところでタクシーの運ちゃんにはわかりません。

一度セントーサ島から出てしまい、また戻るというわけのわからないルートを辿り、15.56ドルもかかってしまいました!
(実際はUSSから無料バスで5分ほどで行けるところ)

セントーサ島内の移動は、無料のものを使いましょう。

そして行きたいところの場所はあらかじめ調べておきましょう。

セントーサ島の移動について詳しくはコチラ↓

シンガポールセントーサ島への行き方とVivoCityのフードリパブリック
セントーサ島へ入るには入島料金がかかります。セントーサ島へ行く方法と、モノレールで行くときに寄ることができるオススメのフードコート、VivoCity(ビボシティ)のFood Republic(フードリパブリック)の紹介です。

 

スポンサーリンク

メガジップアドベンチャーパーク

シンガポールセントーサ島のメガ・アドベンチャーパーク(旧メガジップ)

迷いに迷ってやっと体験できたメガジップ!

楽しかったのですが、この後写真を買うときに(上の画像は購入したもの)私はデータで欲しかったので受付で少し手間取ってしまい色々話をしている間に、

シンガポールセントーサ島のシロソビーチ

息子が砂浜で遊んでしまい、靴もデニムもドロドロに!

この後、マリーナエリア(マリーナ・ベイ・サンズがあるところ)に移動して夜景を観る予定だったんだけどなぁ。

メガジップにつていはコチラ(動画有)↓

シンガポールセントーサ島でメガ・アドベンチャーパーク(旧メガジップ)動画有り
シンガポールセントーサ島でジップライン「メガ・アドベンチャーパーク(旧メガジップ)」の体験日記です(動画あり)子供もOKでした。お得なチケット購入方法やクーポン、受付場所などの詳しい情報もまとめています。

 

シロソビーチについてはコチラ↓

シンガポールセントーサ島のシロソビーチとパラワンビーチで海水浴はできる?
シンガポールのセントーサ島には海水浴ができるビーチもあります。モノレールやバスを降りてすぐのところにあるシロソビーチとパラワンビーチの紹介です。

 

スポンサーリンク

CO⁺Nut⁺ink(ココナッツアイス)

CO⁺Nut⁺inkのココナッツアイスシロソビーチでバスを降りてすぐのところ

CO⁺Nut⁺inkは、シンガポールのあちこちに屋台タイプであるお店です。

やっぱり南国に来たからはココナッツ食べたいですよね♪

CO⁺Nut⁺inkのココナッツアイス

無料でフレッシュ ココナッツ ウォーターもついてきます。

ココナッツの入れ物に入っているから雰囲気あるけど自立できないから、ずっと持っておかないとダメです。

このシンプルなアイスは5.55ドル

味は・・・うん。

ココナッツ。

ココナッツウォーターは、私は好きだけど、夫は一口でムリでした。

アイスも入れ物ココナッツについているココナッツも全部私が食べました。
(夫も息子もこういう変わったのは苦手)

 

ここから、無料バスに乗ってユニバーサルスタジオがある、リゾートワールドセントーサへ戻り、そこからタクシーに乗ってホテルへ戻りましたが、最後の食事(鼎泰豐)から4時間以上たっていて、夫はお腹がすいてイライラしているので(しかも私は寝不足でイライラ)服のまま海に入った息子はこっぴどく叱られて、険悪なムード。

 

仕方がないので、お腹はすいていませんが、

シンガポールの食事で一番人気!

かつ、

日本語ガイドブックで一番美味しい!

と絶賛されている文東記へ行くことにしました。

 

スポンサーリンク

文東記(ブントンキー)本店

シンガポールの文東記の料理(チキンライス)

夜は予約したほうがいい!と本には書いてありましたが、そんなこともなく、行ったらすぐに入れました。

日本人向けガイドブックでいっぱい紹介されているだけあって、日本人好みの味でしたよ。

文東記についてはコチラ↓

シンガポールで並ばないで美味しいチキンライスが食べれる文東記(ブントンキー)本店
シンガポールで一番有名なチキンライスのお店「文東記(ブントンキー)本店」に行ってきました。屋台には安くて有名なチキンライスのお店がたくさんあるのですが、並ぶ・暑い・夕方には売り切れるなど観光客がフラッと行って食べれないことも!でも、文東記なら涼しく清潔なところで並ぶことなく食べられます。

 

スポンサーリンク

現地のスーパーマーケットは最高っ!

タイガービール

スーパーは不思議なものもたくさん売ってるし、ビールもジュースも安いからついつい色々買いすぎちゃいます。

この日の夜は、息子の靴を洗ったり、服を洗ったり、結局洗濯だけで3時間かかってしまいました。

1週間やそこらの旅行なら、「洗濯」よりも「睡眠」のほうが大事です。

パンツなんていざとなればひっくり返して履けばいいんだから!

そして、ココナッツアレルギーの私はお風呂上りに蕁麻疹が出ていることに気付きました。

まぁそりゃそうか。

かゆい…。

 

スポンサーリンク

2日目の出費

シンガポール旅行で使ったお金まとめ表

合計:47,340円の出費でした。

シンガポール旅行記3日目へ続く

 

シンガポール旅行記☆目次☆

 

タイトルとURLをコピーしました