勝山から智頭へ移転した「タルマーリー」でランチ&クラフトビール

シェアしてね♪

タルマーリー(智頭)のクラフトビール

勝山(岡山県真庭市:旧勝山町)で人気だったタルマーリーさんが、2015年に鳥取県智頭町に移転しました。

智頭町は、岡山県との県境にあるので比較的近いといえば近いのですが、峠を越えるので、なかなか行けれなかったのですが、ようやく行くことができました。

想像以上に素敵なところでしたよ。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

タルマーリーとは?

智頭のタルマーリー外観

タルマーリーは、智頭町の旧保育園を改築して営業されている、パン・クラフトビール(地ビール)・カフェのお店です。

ご夫婦(イタルさんとマリコさん)の名前をとって「タルマーリー」というそうですよ。

千葉県いすみ市での自家製酵母と国産小麦だけで発酵させるパン作りから開業、2011年の東日本大震災のあと岡山県に移転、2015年鳥取県智頭町へ移転されました。

タルマーリーさんの経済本

タルマーリーの本:田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

タルマーリー夫妻は、千葉県で開業されたときに、

酒種をつくるための麹菌も自家採取し始めたことで、素材の栽培方法が発酵に表れる、つまり自然栽培(無肥料無農薬)の素材が一番良く発酵する

ということに気づき、東日本大震災と福島第一原発事故の後、良い水を求めて岡山県に移住して来られたそうなんです。

うーと

東日本大震災の後、岡山に移住してこられた方って多いんですよ。

岡山県で、天然麹菌の自家採取に成功。そして、「パンを作れば作るほど、地域社会と環境が良くなっていく」事業を目標に、ロール製粉機を導入し、地元産の小麦を自家製粉してパンや焼き菓子の材料に使い始める。さらに、パンで積み上げてきた発酵技術を活かし、野生酵母だけで発酵させるクラフトビール製造を実現するため、2015年鳥取県智頭町へ移転。元保育園を改装し、パン、ビール、カフェの3本柱で事業を展開。

「地域の天然菌×天然水×自然栽培原料」

「今ここで、タルマーリーにしかつくれないパンとビール」

天然菌による発酵を起点とした地域内循環の実現こそ、タルマーリーの集大成と考え、智頭の里山の恵みを最大限に活かした加工と、それを楽しむ最高の場づくりを目指す。

以上タルマーリ公式ページより

クラフトビールがこんなに美味しいなんて思わなかった!(昼間っから3杯も飲んじゃった)

この本は経済の本ですが、日本の農業についてもよくわかると思います。

日本の農業(無農薬・有機栽培などについて)

この本、お店で少ししか読んでないけど、めっちゃ頷きながら読みましたもん。

保育園をリノベーションした店内

タルマーリーの店内

入口入ってすぐは、パンの販売コーナー・お会計コーナーです。

カフェ利用は料金前払い制で、ここでお会計をしてから、好きな席へ移動します。

タルマーリーの店内

廊下には、カウンター席もありました。

奥には2部屋あって、

タルマーリーの店内2017年

タルマーリー(智頭)店内の様子2018年

土足OKの部屋と、

タルマーリーの店内(キッズルーム)

靴を脱いで上がる、小さなお子様優先のお部屋がありました。

広さはどちらも同じくらいでしたよ。

子供OKの素敵な空間

タルマーリーの店内(キッズルーム)

絵本がたくさんあるので、子供も飽きないですし、なんてったって外は元:園庭です!

タルマーリーの園庭(お庭)

小学生だって走り回っちゃいます!

今、赤ちゃんの泣き声や幼児の遊ぶ声に批判が集まっていますが、ここなら、大人も子供ものびのびと過ごせるんじゃないかなぁ。

カフェメニュー(ジビエ料理・地ビール)

ランチは月曜だけなので、この日はカフェメニューでした。
※メニューの内容は私が行った日のものです
※2017年9月・2017年11月・2018年12月に行きました

ピザ

タルマーリーのピザピザ(トマトソースとチーズ)

タルマーリー(智頭)のピザピザ(旬野菜と豆乳マヨネーズ)

タルマーリー(智頭)のピザピザ(ハーフ&ハーフ)

  • トマトソースとチーズ…1,296円
  • 旬野菜と豆乳マヨネーズ…1,296円
  • ハーフ&ハーフ…1,425円

ピザは王道ですね。

サンドイッチ・ハンバーガー

タルマーリー(智頭)のイノシシバーガーイノシシ肉のハンバーガー

  • イノシシ肉のハンバーガー…810円
  • NZ産ゴーダチーズと旬野菜のバーガーサンド…486円
  • 旬野菜とメキシカンオーロラソース ピタサンド…324円
  • 季節のジャムと豆乳カスタード ピタサンド…324円

ハンバーガー系よりピザがオススメです。

サイドメニュー

タルマーリーのクラフトビールとピクルス柚子ベルジャンダブル
旬野菜の自家製ピクルス

タルマーリー(智頭)のジビエソーセージ左:イノシシソーセージ
右:本日のおつまみ

  • 旬野菜の自家製ピクルス…378円
  • パン盛り合わせ…540円
  • 本日のおつまみ…540円
  • 本日のスープ…518円

ソフトドリンク

タルマーリー(智頭)の珈琲コーヒー
チョコスコーン

  • コーヒー(ホット・アイス)…380円
  • カフェラテ(ホット・アイス)…480円
  • 和紅茶(ホット・アイス)…380円
  • 完全放牧牛乳(ホット・アイス)…480円
  • みかんジュース(100%ストレート)…480円
  • アップルジュース(100%ストレート)…480円
  • スパークリングエイド(330ml瓶)…630円

スパークリングエイドは、ライム・パッションフルーツ・ブラッドオレンジから選べます。

どれもこだわりが感じられるのにリーズナブルで驚きです。

スイーツ

タルマーリーのクラフトビールとバナナケーキバナナケーキ
ホップホワイト

  • 自家製アイスクリーム(ミルク)…324円
  • プレーンスコーン…324円
  • ヘーゼルチョコスコーン…324円
  • バナナケーキ…324円

もちろん販売しているパンを選んで、店内で食べることも可能です。

オリジナルクラフトビール

タルマーリーのクラフトビールとピザペールセゾン

クラフトビールは6~4種類あるようで、季節によってビールが入れ替わるようです。

お値段は600円~700円でした。

タルマーリー(智頭)のクラフトビール

タルマーリー(智頭)のクラフトビール

どれも飲みやすくて、爽やかで美味しい!

美味しいもの・クラフトビールをいただきながら、園庭で走り回る子供を見守る。

あー幸せ♡

タルマーリーの営業時間

タルマーリーの店内

  • 住所:鳥取県八頭郡智頭町大背214-1
  • 定休日:火曜・水曜
  • 営業時間:10時~17時
    (ラストオーダー16時・ピザは15時まで)
  • 月曜はパン製造お休み・カフェは営業
  • 月曜限定でランチセットあり

駐車場もあります。

因美線那岐駅から歩いて5分ほどでした。

近くにあるオススメスポット

  • 卵とふわふわパンケーキのお店(ランチも始まりました)…ココガーデン
  • 限界集落にある古民家カフェ…歩とり
  • 智頭駅前でホルモンそば…とっこ処

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

シェアしてね♪

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆