小学生が算数を好きになる方法~国語力も上がる!

小学生のあいだに、算数を嫌いになってしまう子どもが多いようです。

足し算・引き算・かけ算・割り算などの基本的な計算方法も、文章問題を使えば楽しく覚えることができます。

ひたすら計算問題を解くのも楽しいですが、算数を好きになるような面白い問題もたくさんあるんですよ。

九九を覚える方法はコチラ

九九の歌☆掛け算をCDで楽しく覚える♪~入学前に
「数学は社会に出てからあまり必要がない。」とも言われていますが、算数はまた別。 とりわけ九九は、社会に出てからも使う機...

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

パラドックスで頭の体操

例えば、「クレタ人は嘘つきだと、クレタ人は言った」

有名なパラドックス(矛盾)の一つなのでご存知の方も多いかもしれませんが、こういう問題を考えるのは頭の体操になります。

直接算数と関係ない、国語の問題のような気もしますが、こういう「パラドックス」は、数学の問題にたくさんあるんですよ。(「シンプソンのパラドックス」などが有名です。)

パラドックスだけでなく、一筆書き、パズル、確率なども算数を好きになる入口の一つだと思います。

普段の生活と密着している算数

数学は、あまり普段の生活に関わることはないかもしれませんが、算数は本当に大事!

  • ケーキを6人で分けると1人分は?
  • 300円の商品に2割引のシールが貼ってあるけど何円になるの?
  • 宝くじが当たる確率は?

などなど。

「算数(数学)」と思うから、「嫌いっ!」って思ってしまうこともあります。

子どもとクイズ形式を取り入れて楽しい問題を作ると、親子で楽しめますよ。

文章問題は実在の人物を入れて

私が息子に問題を出すときは、実在の人物を入れて、なおかつちょっと笑える設定にします。

うーと

息子っちがAくん(お友だちの名前)から誕生日ケーキをもらいました。

息子っちは大事に冷蔵庫にしまっていたのに、ママが1/2食べてしまいました。

その後、こっそりパパが残ったケーキの1/2を食べてしまいました。

さて、冷蔵庫にケーキはあるでしょうか?

息子

ボクの誕生日ケーキなのにぃ!!!

えっと・・・

1/2と1/2だから・・・

ケーキ残ってないっ!

うーと

そうかな~?

わからないときは、絵を書くようにすれば頭の中でイメージを作りやすくなります。

かけ算、分数、割り算・・・と習う小学校2~4年は勝負のときだと思いますよ。

オススメ!算数が楽しくなる本

小学校低学年の間は、親が問題を出してあげるのが一番だと思います。

いくら楽しい本でも、「字を読んでなおかつ問題を解く」というのは、本・算数の両方が好きな子供でないと、本を開くところまでいきません。

もちろん、じっと一人で座って勉強できるお子さんなら、そっと見守るだけで大丈夫だと思います。

入学前から楽しめる算数パズル

このシリーズはたくさん種類があるのですが、まずは比較的簡単な入門編からはじめて、「問題が解ける楽しみ」を味わってもらいたいです。

大人と一緒に楽しむ算数の本「アリスの計算パズル」

ふしぎの国のアリスのお話とともに、算数パズルの問題が書かれた本です。

ふしぎの国のアリスの作者である、ルイス・キャロルは作家であり数学者でもあったんですよ。

低学年にはちょっと難しい問題もありますが、アリスの世界観もあり、親子で楽しめる本だと思います。

高学年にオススメ「浜村渚の計算ノート」

これは物語もおもしろいので本当にオススメ!

エピメニデスの「クレタ人のパラドックス」のお話は、3さつめに載っていますよ。

算数の文章問題には国語力が必要

国語力も上がる算数の文章問題は、「勉強している!」という感覚がなく楽しめるものがたくさんあります。

気付かない間に国語と算数の基礎力が付きますよ。

大人も楽しめる算数の本についてはコチラで詳しく書きました。

ストレス解消には数学!
子どもには本をたくさん読んでもらいたいから、2週間に1回のペースで図書館へ行っています。 私の地域の図書館は、一度に何...

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆