おしゃれキャット~マリーちゃんのディズニー映画(ちょっと退屈?)

日本で人気のマリーちゃんが出てくる、1910年のパリが舞台の映画です。

※マリーちゃんは主人公ではありません。

今から40年以上前の作品ということに加え、

ディズニー映画が苦手な理由ダントツ1位

突然歌い出す♪

というシーンが多く、本編の1/3は歌や音楽が流れています。

シャンソンやジャズが中心でまさにおしゃれなパリ風の仕上がり。ではありますが、好き嫌いがはっきり分かれそうです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

おしゃれキャット The Aristocats 1970年

主な登場人物

  • ダッチェス (ネコ ♀)
  • ベルリオーズ (ダッチェスの子ども)
  • トゥルーズ (ダッチェスの子ども)
  • マリー (ダッチェスの子ども)
  • トーマス・オマリー (野良猫 ♂)
  • スキャット・キャット (オマリーの友人のjazzネコ)

主題歌・挿入歌など

  • みんな猫になりたいのさ
  • トーマス・オマリー
  • おしゃれキャット

φ(..)メモメモ

  • 日本では、なぜか主役ではないマリーちゃんが人気。

おしゃれキャットのあらすじ

お金持ちのボンファミーユ婦人は、ダッチェスというメス猫とダッチェスの子猫3匹(ベルリオーズトゥルーズマリー)をかわいがっていました。

ところがボンファミーユ婦人の財産を狙う執事のエドガーが、遺産をネコたちに奪われないように、ダッチェスたちを郊外へ捨ててしまうんです!

途方にくれたダッチェスと子猫たちですが、野良猫のオマリーと出会い、たくさんの仲間にたすけられながら、ボンファミーユ婦人の元を目指します。

続きは本編で。

みどころ

子猫ちゃんたちの可愛らしさと音楽がみどころ(聴きどころ)です。

日本ではマリーちゃんがキャラクターとして人気ですし、主人公ではないにしろ(主人公はマリーちゃんのお母さんのダッチェス)全編を通して出ているので、マリーちゃん好き、ネコ好きの人には楽しい映画かもしれません。

おしゃれキャット予告編

うーとおすすめ度 ★☆☆☆☆

うーん。私は嫌いではないですが、きっと苦手な人が多いだろうなぁ。と思うのでおすすめはしません。

  • マリーちゃんが好き
  • とにかく猫が好き
  • シャンソン・ジャズが好き

という方限定で観ていただきたい映画です。

おしゃれキャット好きに観て欲しいディズニー映画

おしゃれキャット好きのみなさんに、私がおすすめしたい映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典①

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆