美女と野獣~ディズニー映画 あらすじ・続編・見どころ

『美女と野獣』は、アニメーション史上初!アカデミー賞作品賞にノミネートされた名作中の名作なので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

愛の物語としてでなく、家具などになった使用人たちのキャラクターのかわいらしさも見どころ。

映画は1991年に公開されましたが、その後2002年に新版として映像・音響もスケールアップし、公開当時は時間の都合でカットされていた名曲『ヒューマン・アゲイン』(人間に戻りたい)が加わってさらに素晴らしい作品に仕上がっています。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

美女と野獣 Beauty and the Beast 1991年

主な登場人物

  • ベル (読書好きの女の子)
  • 野獣・ビースト (魔法の呪いで野獣に変えられた王子様)
  • ポット婦人 (お城の料理番:魔法でティーポットに変えられた)
  • チップ (ポット婦人の息子:欠けたカップ)
  • ルミエール (給仕係:ロウソクの燭台)
  • コグスワーズ (執事:置時計)
  • ワードロープ (オペラ歌手:洋服ダンス)
  • モーリス (ベルの父。発明家)
  • ガストン (自称町一番のハンサム)

主題歌・挿入歌など

  • 朝の風景
  • 強いぞ、ガストン
  • ひとりぼっちの晩餐会
  • 愛の芽生え
  • 美女と野獣
  • 夜襲の歌
  • ※ヒューマンアゲイン
    上映当時カットされた名曲が2002年バージョンから加わりました。

φ(..)メモメモ

  • 原作は、フランスの民話『美女と野獣』
  • 番外編に、
    『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』
    『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』 がある。

あらすじ

美人で読書が大好きな、町ではちょっと変わり者として有名なベル

ある日、ベルの父親のモーリスが森で迷い、ある城に迷いこみます。

そこは野獣が住むお城。

ベルモーリスの代わりにお城に囚われることになるのですが・・・

続きは映画で♪

みどころ

なんといっても音楽!

ミュージカル調のこの映画は数々の名曲で成り立っています。

映画公開3年後、ブロードウェイミュージカルになりました。

劇団四季の美女と野獣も有名ですよね。

どの曲も大好きですが、ルミエール(燭台:魔法にかかる前は給仕頭)が歌っている『ひとりぼっちの晩餐会』は、ぜひCDではなく映画の中で映像とともに聴いていただきたい一曲です。

ルミエール

美女と野獣2『ベルの素敵なプレゼント』

美女と野獣のその後・・・ではなく間?のクリスマス時期のお話です。

なので野獣の姿のまま、ベルは囚われの身のままです。

このお話に新しく出てきたキャラクター

  • フォルテ (宮廷音楽家:パイプオルガン)
  • ファイフ (ピッコロ奏者:ピッコロ笛)
  • アンジェリーク (城の装飾係:人形)

本編のように重々しくなく、ちょっと怖いところもあるけど、最終的にはほっこりする子供向けのお話です。

美女と野獣3『ベルのファンタジーワールド』

これも、美女と野獣のその後ではなく、その間のお話。

野獣と心を少しづつ通わせる4つの物語で構成されています。

こちらも新しい仲間が出てくるのですが、正直もういいかな。と。

ディズニーチャンネルで観るのにちょうどいいような内容です。

美女と野獣の悪役 ガストン

悪役というには小粒すぎるガストン

自称町一番のハンサムで、お色気ムンムンの取り巻きが3人もいます!

顔はさておき、私、ホントこいつ嫌い!

気持ち悪いし、偉そうだし、臭いし、乱暴だし、ベルが嫌がるのがすっごくわかります。

そんな彼は、美人のベルを自分のものにしようとあの手この手を使います。

そしてベルにプロポーズ・・・するも玉砕!

最後はちょっとかわいそうでしたが、まぁ仕方ないかな?

実写版 美女と野獣

2017年4月21日公開予定の実写版 美女と野獣

ベルは、ハリーポッターシリーズでハーマイオニー役をした美女、エマ・ワトソンが演じます。

楽しみですね♡

美女と野獣 予告編

うーとおすすめ度 ★★★★★

ディズニープリンセスの王道ですからおさえておきたい作品です。

映像もキレイですし、音楽もいいのでぜひ!

美女と野獣好きに観て欲しいディズニー映画

美女と野獣好きのみなさんに、私がおすすめしたい映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典②

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆