いいうんちとは?~痔の薬

こんにちは(*^▽^*)

大地主です。

このブログは、うーとちゃんではなくて、大地主が書いている

と毎回冒頭で宣言しているにも関わらず、なぜかバレてしまっているのでここで発表しちゃいます。

読んでない人はここからチェック! 

⇓ 痔ブログ その① ⇓
https://uto-blog.com/di-story

⇓ 痔ブログ その② ⇓
https://uto-blog.com/di-koumonka

ええそうです。

大地主ちゃんは、私、うーとの2年前の姿です。

けっ!

なんでバレたんだろ???

さて。気を取り直して、『痔』とは切っても切り離せない『いいうんち』のお話でも書きますか・・・

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

いいウンチ

それは…1本で太くて長い貫禄があるもの!

私はずっとそう信じていました。

大地主のものはまさにそれだったのですが、これが大きな間違いだったんです!!!

病院で言われたのが、

看護師さん

女性の親指くらいの太さのブツを出力してください。

えっ?

お・や・ゆ・び !?

えっ?

巨人の親指じゃなくて?

人間の?

キレイなお姉さんの親指サイズですかっ!?

(キレイじゃなくてもいいらしい)

大地主

あのー…

私の腕くらいありました。

でもかたくないんですよ。

看護師さん

大きすぎですっ!!!

だから少しずつ傷つけてきていたんです。

す・・・すみません。

ということで、『いいうんち』とは、

『親指くらいの太さのかたくないもの』なんですって。

みなさん知ってました?

いいウンチを出す薬(痔の薬)

初診でいただいた薬は、大地主が『不妊治療中』ということで、妊娠中でも大丈夫なもの。を処方されました。

それはMg(マグネシウム)

そう。サプリメントによく入っている、あのマグネシウムです。

でも、それだけではなく大地主のお薬手帳を見てみると

  • 酸化マグネシウム 1.5g … 胃酸を中和したり、便秘などに用いたりします。
  • パントシン散 3g … 高脂血症の治療や、便秘の治療、パントテン酸の欠乏に用いられます。

とよくわからないものも混じっていました。

ちょっとググってみましたが、説明をみてもよくわからないので、

「まぁこういうときに処方される薬なんだ。」

ということで理解することにしようと思います。

マグネシウムの恐怖!

その薬を飲みはじめてから、

なんと!

すぐに!

痛さが倍増

病院へ行く前までは、痛いのは毎朝の出力のときだけだったのに、お薬を飲むようになってから出力するのが1日3回。

しかも出力前に突然激痛がっ!

そう。

たとえるなら、

陣痛!

出産経験のある方ならわかる1分間隔になった陣痛!

そんなかんじ。

なので1日3回

と何かにつかまって、10秒ほど息もできなくなり固まります。

少し楽になり移動。

すると1分後にまた、

こんな状態になるわけで。

こんな状態になりながらトイレへ移動。

もちろんトイレの中でも、

『はぅあっ!』

の連続です。

そうなると、こじゃれたレストランなんかに行こうものなら、

なんてすましてみたところで、すぐに

恐ろしいことになるわけで。

あー。

薬を飲んでもこうなるなんて、やっぱり私ガンなのかも。

あー。

保険にガン特約つけるの今からでも遅くない?

と悶々としてきたので、ネットで『痔 ブログ』を検索してみました。

そして数分後に気づきました。(早っ!)

下痢って痔によくないんですね!

39年生きてきて、下痢という症状にほとんどなったことない私。

下痢って何なのかよくわからなくて。

お薬飲んで出力しているこのブツが、正解のブツだと思って信じて疑わなかったこの3日間!

人間痛いと本当に、

「はぅあっ!」

とアニメみたいな声を出すんだと知ったこの3日間!

・・・話がそれましたが

レディの親指くらいのブツを出すことに集中しすぎて、柔らさをないがしろにしていました。

固さは元のままでよかったんです。

だって今まで腕くらいの太さの長いやつを出すのに全然苦じゃなかったし、いいくらいの柔らかさだったハズ!

そういや先生に、

「1週間後に来てくださいね。 薬の量を調整しますから。」

と言われていたことを今頃思い出してみたり。

はぁ。こういうことだったのね。

お薬効き過ぎちゃってたのね。

採血されている途中で説明されたから、うわのそらでした。(大地主は採血で倒れるタイプ)

とりあえず今日から毎日3包だった薬を1包に減らしてみますっ!

みなさんもマグネシウムには要注意!



市販の痔のお薬といえば

妊活中・妊娠の可能性がある場合はこちら

(市販の薬を使う場合は、通っている産婦人科に相談しましょう)

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆