子供9歳はじめて手足口病になりました~症状と経過(画像あり)

高熱後、口の中にブツブツができ、病院へ行ったところ、ウイルス性の感染症と診断されました。

最初の診断・口の中のブツブツの考えられる原因についてはコチラ

ところが、その翌日に手と足にもブツブツが出てきたんです!

・・・ということは、

うーと

9歳の息子が、生れてはじめて手足口病になりました。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

手足口病は夏に流行る

手足口病は、大人にもうつる場合がありますが、通常は5歳以下の子供がかかることが多いそうです。

1日目:38度~39度の高熱

●月曜日:7月3日

通常通り学校・スイミングスクールへ行って20時に寝ました。

23時過ぎに、私が寝室へ行って息子に抱きつくと(これは毎晩の恒例)めっちゃ熱いんです!

急いで熱をはかると38度を超えていました。

その夜は、何度もうなされながら寝ていました。

2日目:続く高熱

●火曜日:7月4日

朝には39度を超えていたので、学校を休んでいつもの病院へ行きました。

「何かの病気」という診断ではなく、解熱剤だけをもらいました。

食欲はほとんどなく、アイスもゼリーも食べれないので、ポカリスエットと解熱剤だけを飲んで1日中寝ていると、夜には熱が下がり元気になりました。

しかし!

20時過ぎに仕上げ磨きをしようと口の中を見ると、ブツブツが出来ていました!

夜は、ずっとうなされていました。

私も夫も蹴られまくりです・・・。

3日目:ウイルス性の感染症と診断される

●水曜日:7月5日

熱はなくすこぶる元気なのですが、何か伝染する病気だったらいけない!と思いまた病院へ。

ウイルス性の感染症だろうから大丈夫。お薬も特にありません。」ということだったので、家でまったり。

ずっと家にいるので食欲はないですが、元気いっぱいでいつも通りの息子でした。

でも、夜はうなされていて、あいかわらず大暴れです。

4日目:通常の生活

●木曜日:7月6日

熱もないし、伝染するものでもないので学校へ行きましたが、夜になって、

息子

足が痛い!

というので足をみてみると・・・。

よくみるとブツブツ

なんかブツブツ出てる!

もしや!

わかりにくいけどちょっとだけブツブツ

そしてなぜか腕にも!

ちょっとだけブツブツ

夜はやっぱり機嫌が悪かったです。

ゆっくり眠れないみたい。

5日目:手足口病の疑い

●金曜日:7月7日

手足口病の疑いありとなってしまいました。

どうやら学校・クラスでも流行っていたようです。

熱もなく、食欲もあり元気いっぱいですが、病院へ行くため学校はお休みしました。

2日目:足

2日目:手

息子の場合は、症状がかなり軽いのであまり参考にならないかもしれません。

この日にはもう痛みはなくなっていたようなのですが、気になるみたいですぐに触ろうとしていました。

夜も落ち着いて眠れたようです。

6日目:ブツブツが落ち着いた

●土曜日:7月8日

ブツブツも乾燥してきて、そこまで気になる様子もなく、いつも通り過ごせました。

3日目:足

3日目:手と腕

手はほぼわからなくなりました。

明日は日曜ですが、なんならもう学校へも行けそうです。

7日目:もう大丈夫?

●日曜日:7月9日

4日目:足

むしろ足はブツブツが目立ったきたかんじ。

4日目:手

手は親指のところにかすかに見えるだけでキレイです。

口の中にはもうブツブツがありません。

スポンサーリンク

出席停止期間~いつから登校(登園)していいの?

手足口病は、完治まで長い人で1ヶ月くらいかかります。

なので出席停止ではなく、お医者さまによって、いつから学校へ行っていいかの判断時期が分かれるようです。

  • 熱が下がるまで(熱が出ない場合もあります)
  • 水泡が乾くまで
  • ブツブツがある程度ひくまで

息子は結局、

  • 2日目(高熱だったので)
  • 3日目(口の中にブツブツが出たので)
  • 5日目(手と足にもブツブツが出たので)

と、3回病院へ行きました。

病院のお医者さんの判断

息子が通う病院のお医者さんの判断は、

「熱が下がったらもう学校へ行っていいよ」

でした。

ですから息子の場合、3日目以降は学校へ行けてたんですね…。

その他、気になっていることも質問してきました。

※あくまで息子が通う病院のお医者さんの意見です。

うーと

いつからプールに入っていいですか?

A.熱が下がったら入っていいです。ただ、「体力が落ちているかもしれない」という理由で、あまりオススメはしません。

息子

友達の家に遊びに行ってもいいですかー?

A.もちろんかまいません。ただ、相手の方が嫌がる可能性も…。

※ブツブツがヒドイ場合や、小さいお子さんや妊婦さんがいるような家庭へはもう少し時間を置いてから訪問するほうがよさそうです。

とのことでした。

学校の判断

息子が通う学校側の判断としては、「お医者さまが行ってもいいといったら出席可」とのことでした。

出席停止の感染症ではないですしね。

出席停止の病気についてはコチラ

ただ、あまり長引く場合は、学校側が出席停止の処置をしてくださるそうです。

デリケートなタイプのお子さんなら、「ブツブツがあるから学校へ行きたくない。」となってしまうこともあると思います。

ムリせずゆっくり休むという選択肢もありだと思いますよ。

小さなころからのケアが重要です!『善玉ガード』

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆