蜜蝋ミツロウキャンドル手作り体験~山田養蜂場 in 鏡野町

先日美味しいいちご狩りで紹介した、山田養蜂場みつばち農園で開催さいれている体験イベントミツロウキャンドル作りへ行きました。

リーズナブルで楽しく学べて体験できる楽しいイベントでしたよ。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

蜜ろうとは?

蜜蝋(みつろう)はミツバチの巣を構成する六角形の巣(蝋)を精製したもの。

ミツバチの巣を形成しているロウは、働きバチの蝋分泌腺から分泌されたもので、最初は透明だけど巣を構成するにつれ、花粉・プロポリス・幼虫のマユ、排泄物などが付着してできています。

つまりミツロウ体験は、まさに山田養蜂場ならではのものなんです。

もちろんこれらのことは、体験前にしっかり勉強します。

ミツバチの巣です。

素晴らしい構造美・・・神秘的ですよね。

山田養蜂場のミツロウ体験

小さい子でも簡単に作れものと、大人の手が必要なものがあります。

まずは当時3歳の息子が作っている様子をどうぞ!

この緑色のシートは、ミツロウキャンドル用に板状にしたもの(カット済み)です。

これにキャンドルの芯を入れクルクル巻いていきます。

くるくるくるくるくるくるくるくるくるくる・・・

できた!

(最後に大人がギュッとしてあげましょう)

これに、カラフルなチップを手でちぎって、好きな形や大きさにしてデコレーションしていきます。

その間に大人は、ちょっと難しいディッピングキャンドルを作りましょう。(大人でなくても、小学生くらいならできると思います)

缶の中に溶けたロウが入っているから、最初はヒモにギリギリまでしみこませて(上の画像下のミルクポッキーみたいなのが最初の段階です)後はサッとつけてサッとあげる。を繰り返してどんどん大きくしていきます。

ママは出来上がり。(画像下の転がっているの。下側は最後にカットして立つようにします)

息子っちは一生懸命飾りつけをしています。

出来上がり

あっという間でしたよ。

子どもでも簡単に作れるのでおススメ!

体験に使ったのと同じシートやミツロウチップも売っています。

蜜蝋キャンドル体験のお値段

  • 体験料 1人 1,030円
  • 休園日 木曜日(祝日の場合は営業)
  • 営業時間 10:00~17:00
  • 駐車場 50台ほど(無料)
  • 要予約

山田養蜂場その他の楽しみ方について

  • 山田養蜂場みつばち農園についてはコチラ
  • みつばち農園のいちご狩りについてはコチラ
  • みつばち農園のブルーベリージャム作りについてはコチラ
  • 山田養蜂場の商品ならなんでも揃う?ぶんぶんファクトリーはコチラ

by カエレバ

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆