つやま自然のふしぎ館~日本で唯一の博物館 in 津山市

津山市の鶴山公園(城山)入口にあるつやま自然のふしぎ館という博物館があります。

本当にびっくりするくらい不思議な館で、大人でもゾワゾワしちゃうくらい怖い展示物から、子供が楽しめる展示物までそろっているんですよ。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

つやま自然のふしぎ館の歴史

「つやま自然のふしぎ館」は、1963年に開設された、歴史ある自然科学総合博物館です。

昔の高等学校を改築した建物内に、2万点以上の展示物があります。

  • ワシントン条約で禁止されている動物のはく製
  • 化石
  • 鉱石
  • 貝類
  • 昆虫類
  • 人体標本

など、見どころ満載なのですが、中でもやはり、野生動物のはく製が目をひきます。

ワシントン条約発令前にこの博物館が創立されたため、珍しいものが多いんです。

はく製だけで、約800点あるそうですよ。

そして一番の特徴は、人体標本で、この博物館の創設者である森本慶三さんの遺言で、ご本人の臓器がホルマリン漬けで展示されています。

ほかにも、胎児のホルマリン漬けもあります・・・。

スポンサーリンク

迷子のホッキョクグマ物語

ボク

こんにちは!

ボク(3歳)は、この「つやま自然のふしぎ館」が大好きなんだよ。

このシロクマちゃん。

迷子みたいなんだ。

すっごく大きいけど子どもなんだって。

よし。

ボクがパパを探してあげるよ!

ボク

ドウモウそうな生き物たちだけど、色が違うからパパじゃないよね?

ボク

色は同じだけど、大きな角があるからたぶん違うよね。

ボク

このバッファローの角・・・もつれてるけど大丈夫?

ボク

全然似てないよね。

パパはどこだろう?

ボク

プンバァ見つけたー!

※プンバァはライオンキングに出てくるイボイノシシのことです。

ボク

でっかいね。

おっかないね。

ボク

なんだかどんどん似てない部類に・・・。

ボク

!!!

このゾウアザラシと闘ってるのが、きっとパパだよね。

大きいね。

怖いね。

・・・お取込み中みたいだからまた出直そうかな。

つやま自然のふしぎ館情報

  • 住所:津山市山下98-1
  • 休館日:3月・7月・9月 月曜日
    :6月・11月・12月・1月・2月 月曜・火曜日
    :年末年始(12/29~1/2)
  • 開館時間:9時~17時
  • 入館料:大人600円
    :小・中学生600円
    :4・5歳300円
    ※70歳以上割引あり

特別休館日やイベント等で夜間のオープン(夏休み限定のナイトミュージアムなど)もありますので、お出かけ前に確認してくださいね。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆