ディズニーピクサーの方向性に疑問「アーロと少年」恐竜映画

アーロと少年

2016年3月12日に公開された「アーロと少年

「恐れを乗り越えることについて」がテーマのディズニーピクサー映画です。

「映画館で観る必要はなかったかなぁ。」

「最近のピクサーはハズレが多いなぁ。」

とがっかりした作品です。

 

 

スポンサーリンク

アーロと少年 The Good Dinosaur 2016年

主な登場人物

  • アーロ(アパトサウルスの男の子)
  • スポット(人間の男の子 3歳くらい?)
  • ブッチ(ティラノサウルスのお父さん)
  • ラムジー(ティラノサウルスの娘)
  • ナッシュ(ティラノサウルスの息子)

主題歌・挿入歌など

日本語版のエンディングはKiroroの名曲「Best Friend」のアレンジ版

φ(..)メモメモ

  • ピクサーの作品

 

スポンサーリンク

アーロと少年のあらすじ

もしも隕石が地球に当たらないで、恐竜が絶滅することなく(恐竜は隕石が地球にぶつかったことにより絶滅したと言われています)恐竜と人間が一緒に暮らす時代があったとしたら。というお話です。

草食恐竜が植物を育てて、肉食恐竜が動物を飼っている世界。

人間は原始人スタイル。

また、アパトサウルス(草食恐竜)のアーロ視点で描かれているので、アーロに限らず恐竜はしゃべりますが、人間のしゃべっている言葉はわかりません。

 

アパトサウルス(草食恐竜)のアーロは3兄弟。

母親・父親・姉・兄と5人で暮らしています。

アーロは怖がりで、なかなか家族の役に立つことができません。

そんなある日、アーロはお父さんからトウモロコシドロボウを捕まえる役目をもらいます。

これが成功すればみんなに認めてもらえる!

 

・・・しかしアーロはトウモロコシドロボウを逃がしてしまい、さらに父親に叱咤され雨の中トウモロコシドロボウを追うのですが、途中で父親は濁流に飲み込まれてしまいます。

父親を失った家族が農作業に励んでいると、またあのトウモロコシドロボウスポット)がやってきて・・・

 

続きは本編で♪

 

スポンサーリンク

アーロと少年のみどころ

見どころは何と言っても予算をオーバーしてまでこだわった大自然です。

背景が美しくて大画面でみてもCGとは思えません。

 

また、なんかどこかで観たことあるような・・・が溢れている作品でもありました。

スポット ダーラ(ファインディング・ニモに出てくる歯を矯正中の女の子)

これホント似てる。

まぁ同じピクサーだから仕方ないのかな。

 

ストーリーの内容はライオンキングに似ているように思いましたし、他にも「あれ?このシーン・・・」というところがあると思うので、大人の方でストーリーに飽きたらぜひその辺りをチェックしてみてください。

 

違和感

これは何といっても、恐竜たちの手抜き感

実際は手抜きではなく、

「非現実的なフォルムの恐竜とリアルすぎる風景のコントラストが、アーロたちが現実世界には存在しない存在であることを暗示した」

ということらしいのですが、実際私が感じたのは違和感以外の何ものでもありませんでした。

まったく映画に入り込めない偽物感が、せっかくのストーリーをだいなしにしているとしか思えない・・・。

 

それにね。

確かに背景である風景のリアル感はすごいんです。

でもそこはなんなら実写でもよかったんじゃない?と。

「こんなにすごいことができるんだぞ!」という自己満足感しか伝わってきませんでした。

この映画の世界観が非現実的なものだということはわかっているので、対比にこだわらなくても、むしろその非現実を現実っぽくみせてほしかったなぁ。

 

日本語吹替え

どうしてもっと声優陣を使わないのかは毎回イライラさせられますが、今回は特にティラノがまとめて酷かったです。

まぁ脇役なのでいいですけどね。

アーロと少年

 

恐竜が好きなんだってば!

私が恐竜好きだからかもしれないけど、

  • 主人公のアパトサウルス(アーロ)
  • なぜかいいやつティラノサウルスたち
  • 今回の悪者プテロダクティルス(翼竜)たち
  • ヴェロキラプトル(小さい肉食恐竜)たち
  • スティラコサウルス(トリケラトプスに似た角竜の仲間)

どれもひどい・・・もっとかっこいいハズなのに!

特にティラノサウルスが走っているシーンとか笑っちゃった。

 

内容的にも声優的にもイマイチだったけど、画なら断然こっち(ディズニー映画:ダイナソー)のほうがリアルでよかった!

⇓クリックしてね⇓

「ダイナソー」ディズニーが作った恐竜映画(イグアノドンVSカルノタウルス)
ディズニーが作った恐竜映画「ダイナソー」です。実写の美しい風景とCGでリアルで迫力ある場面が多く出てきますが、出てくる恐竜が日本ではマニアックなことと(イグアノドンVSカルノタウルス)吹き替えがひどいです。

 

スポンサーリンク

アーロと少年 予告編

 

スポンサーリンク

おすすめ度 ★★☆☆☆

映像がきれいだけど、キレイな映像を観たいなら世界遺産のDVDでも観てれば・・・。

直接的な怖いシーンがないので、子どもにはいいかもしれません。

大人はつっこみどころがいっぱいありすぎて、落ち着いて観れないかも。

DVDで観るにはいいのかもしれませんね・・・(精一杯のフォローです)。

 

スポンサーリンク

アーロと少年好きに観て欲しいディズニー映画

アーロと少年好きのみなさんに、私がおススメの映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ ディズニー映画一覧「キャラクター主題歌辞典④」

 

タイトルとURLをコピーしました