ジャージーとスウェット(スエット)の違い

お正月の初売りで、初めてスポーツショップの中身が見える福袋を購入しました。

20年近く運動とは無縁の生活を送ってきたので、スポーツショップに行ったはいいものの、どんなものを買うのが正解なのかさっぱりわからない。

とりあえず、動きやすい運動する衣類が欲しいんだけど・・・と思いレディースコーナーをウロウロしていたら、

10代女子

えー?

私ジャージじゃなくてスエット探してるんだけどー。

という親子の声が。

えっ!?

ジャージとスエットって何か違うの?

っていうかスエットって何!?

というわけで、調べました。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

ジャージーとは?

ジャージー(jersey、ジャージ)とは、

  • ニット(編み物)の編み方の一種でジャージー編みと呼ばれているもの。
  • ジャージー編みによって伸縮性を持たせた布(ジャージー生地)
  • ジャージー生地で作られた衣類、特にジャージー生地で作られたトレーニングウェア

などのことを指す。

ジャージー生地は伸縮性があって動きやすいことから、スポーツのユニフォームやトレーニングウェアに使われることが多い。 そのため、日本の学生や運動好きな人の間で「ジャージー」と言った場合には「ジャージー生地で作られたトレーニングウェア」を指す場合が多い。

wikiさま調べ

ジャージーって聞くと、蒜山(ひるぜん)ジャージー牛しか思い浮かばない・・・。

蒜山ジャージー牛乳って美味しいんだよねぇ~。

はっ!

話がそれましたが、ジャージとは、「ジャージー生地で作られたトレーニングウェア」を指すようです。

それでは次に、スエットについて調べてみましょう。

スエットとは?

スウェット(スエット、sweat)とは吸湿性の高い厚手の布で作られた、伸縮性、吸汗性、防寒性に優れたゆったりした生地。日本ではスウェットを生地ではなく衣類として扱われる傾向が強い。

また、元来はスポーツ選手が競技の前後に着たものであり、それが由来となって日本ではトレーナー(トレーニングから派生)とも言われる。トレーナーにフードをつけたものをパーカ(パーカーとも)と呼び、これもスウェットを用いた代表的な衣料である。これらの衣料は吸汗性と防寒性という長所を期待して寝間着にも用いられるほか、部屋着などリラックスして着用する場合の普段着、あるいは生地の厚さから怪我を防止する目的で軽作業用の作業着としても用いられるなど広く使われる。

一般的に秋から冬にかけて着用される衣料に好ましい生地ではあるが、オールシーズンで使用可能な生地でもある。そのため、運動用の衣料に使用される傾向も強い。

wikiさま調べ

まとめると、

  • スエットはスウェット。
  • トレーナーもスエットの仲間。
  • スエットは、様々な状況(分野)で使われている。

ということでしょうか?

ジャージーとスウェットの違いは?

スエットの説明で、スウェット生地は、綿ジャージーに分類される。とあるので、明確な違いはないのかもしれません。

では、みんなはどう使い分けているのでしょうか?

私の周りのスポーツ少年少女ママさんにインタビューしてきました!

  • ジャージはトップスがファスナータイプのもの。スエットは部屋着っぽいもの
  • ジャージはシャカシャカした生地。スエットは柔らかい生地
  • ジャージはなんとなくオシャレなもの。スエットは一歩間違えたらパジャマに見えるもの
  • スエットを上手に着こなしたらオシャレだけど、一歩間違えたら「パジャマ?」ってなっちゃうよね。特にグレーのスエットパンツは着こなしが難しいよねー

と、ママさんたちは盛り上がっていました。

ふむふむ・・・。

そんなわけで、ジャージーでもスエットでも動きやすいものには違いないようなので、気に入ったものを買えばいいのかな?

でも素材によっては、着こなしが難しかったり、ブランドによってサイズ感が違ったりするので注意が必要かもしれません。

とりあえずオシャレ度が低い私は、グレーを避けました・・・。

簡単ダイエットについてはコチラ ⇒ 簡単食事制限ダイエット

私のダイエット体験記はコチラ ⇒ 短期間ダイエット結果発表

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆