ワクチン製造会社化血研がまた不正!予防接種は安全?

シェアしてね♪

ワクチン(予防接種)

化血研ってご存知ですか?

インフルエンザワクチンの約3割を製造している組織です(2015年の状況)。

インフルエンザワクチンだけでなく、血液製剤その他のワクチンもたくさん作っています。

その化血研が不正を行っていたというニュースが入ってきました。

今から40年以上前の1974年頃から国の承認と異なる製造方法で作っていたそうです。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

ワクチンは安全なの?(記者会見内容)

理事長:そういうこと(不正)があることは認識していた。

記者:安全なのですか?

理事長:・・・安全です。

記者:なぜ安全と言えるのですか?

理事長:・・・お答えできません。

(2015.11.2 記者会見より抜粋)

・・・安全と言いきれないのね。

化血研とは?

1989年に化血研が製造した血液製剤のせいでHIVに感染した人がいます。
(その後和解しています)

そんなことがあったにも関わらず、不正を続けていたわけです。

化血研ではその他に、

  • インフルエンザワクチン:約29%
  • 四種混合ワクチン:約64.2%
  • B型肝炎ワクチン:約79.9%
  • A型肝炎ワクチン:100%
  • 日本脳炎ワクチン:約36.2%
  • 狂犬病ワクチン:100%
  • はぶ抗毒素:100%
  • まむし抗毒素:100%
  • ガスえそ抗毒素:100%
  • ジフテリア抗毒素:100%
  • ボツリヌス抗毒素:100%

のシェアをほこっています。
※2015.11現在

どういう不正が行われていたのか

  • 国が承認したものではない添加物が入っている
  • 国が承認した方法と製造工程が異なっている

などがあるそうです。

もうね。

何を信じたらいいかわからないですよね。

この問題、どうなるんでしょう。

国の対応が気になります。

でもきっと、マスコミから叩かれるのは一時的で、何事もなかったようにトップクラスのワクチンシェアを誇ったまま、改善されることもなく、反省することもなく製造を続けるんでしょうね。

政府の息がかかった機関なんてそんなものでしょう。

国民の安全なんて後回しなんでしょうね。

関連記事

⇓クリックすると関連記事に飛びます

今年のインフルエンザの予防接種受ける?受けない?
インフルエンザが流行り始める季節となりました。 関東の方ではもう学級閉鎖になっている学校があるらしいですね。 みなさんは...
予防接種の副作用(副反応)について【予防接種を週末に打つのはやめよう】
「予防接種は副反応が出る恐れがあるから、休みの前日に受けるのは止めたほうがいいよ」という実体験のお話です。 ...

インフルエンザで副反応が出たのはもしかしたら・・・って思ってしまいますよね。

追記

今年のインフルエンザワクチンについて言えば、製造工程の一部が国が承認した方法と異なっていたため、厚労省が9月に出荷の自粛要請を出したのですが、10月には出荷再開を認めてしまいました。

理由は、「品質や安全性に重大な影響を及ぼす可能性が低いから」だそうです。

2016年10月4日また新たな行政処分

厚生労働省は2016年10月4日午後、化血研に対し新たな行政処分を行う方針を固め、さらに、厚生労働大臣が、事業を他の企業に譲渡するよう求めているそうです。

もうね。

化血研のことなんか、誰も信用してませんよ!

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

シェアしてね♪

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆