シンガポール旅行記⑤インドネシアのビンタン島へ行くゾウ!

ビンタン島(インドネシア)ニルワナビーチリゾートの玄関前

シンガポール4日目日記の続きです。

昨夜ホテルのコンシェルジュさんに、

うーと

明日ビンタン島へ行くのでフェリーターミナルまで行きたいのですが、何分に出たら間に合いますか?

タクシーはすぐに来てくれますか?

と下調べ済みなので(タクシーで20分ほど。6時30分に出たら間に合うんじゃないかな。と言われました)、4時30分に起きて準備をし、6時過ぎにホテルを出ると、6時30分にはもうフェリーターミナルへ着いてしまいました。

8時10分発のフェリーだったので、出国手続きと、ネットでチケットを買ったのでその辺りの手続きもあるので、1時間30分前には着きたかったからちょうどよかったのですが、まだ受け付けは開いてませんでした。
※30分前には着かないとキャンセル扱いになるので、1時間前には着くようにしましょう

結局7時になってから受付が開いたので、チケットをゲットし、スーツケースを預け、入国手続きをすませてから朝食です。

ここではカヤトーストも食べれるのですが長蛇の列だったので、早めに中に入るのがおススメですよ。

そして、スーツケースには食べ物や飲み物を詰めておきましょう。

ビンタン島は食事が高いです!

フェリーの予約の仕方はコチラ↓

シンガポールからビンタン島へフェリー予約の仕方
シンガポールからインドネシアのビンタン島へ行く方法は、シンガポールのタナメラフェリーターミナルから出航している高速フェリー(1時間ほど)を利用します。フェリーの予約の仕方、英語ができなくても行ける方法について詳しくまとめました。

 

 

スポンサーリンク

ビンタン島は楽園リゾート

ビンタン島(インドネシア)ニルワナビーチリゾートの庭・ガーデンニルワナリゾートホテルはカエルがいっぱい

ビンタン島はゆーっくり時間が流れるところでした。

人は親切でフレンドリーだし、広くてのびのびしてて、

うーと

リゾート地に来たぁぁぁ!

という感じです。

シンガポールと1時間時差があるので、8時過ぎに出たのに、着いたのも8時過ぎだったので、早めにチェックインさせてもらい、ビーチを散歩しました。

そして、私の一番の希望であった象に乗りに歩いて行きました(ニルワナビーチリゾートから歩いて数分です)。

息子も、ここが楽しかったらしいのですが、色々思い出に残った場所でもあったようです。

小学生が旅行で学んだことについてはコチラ↓

「伝えたい」という気持ちが大事!子供がオンライン英会話に夢中
小学生(子供)が「英語を習いたい!もっと英語を話せるようになりたい!」と思ったきっかけについてまとめました。※もともとオンライン英会話は習っていました

 

象に乗った後はお礼にバナナをあげました。

宿泊したホテルについてはコチラ↓

トカゲと一緒に泊まるならビンタン島のニルワナビーチクラブ(コテージタイプのホテル)
シンガポールから1時間で行けるリゾート地、インドネシアのビンタン島にある激安コテージタイプのホテル「ニルワナビーチクラブ」の体験談(クチコミ)を写真多目でまとめました。

 

プールサイドのバーでビールの飲むのが一番の幸せ

ビンタン島(インドネシア)ニルワナビーチリゾートのプールバー

4時に起きたので1日が長いです。

象に乗った後は、プールサイドで食事をした後、ビーチで泳いでそのままプールへ行きました。

プールの中にはバーもあり、ビールが飲めるんです。

うーと

毎日ここに来たい!

プールでがっつり遊んだ(飲んだ)あとは、無料のバスで隣のホテルへ寄った後、ケロンレストランで夕食をいただきました。

ここは量が多いのでお値段はちょっと高いけど、満足できましたよ。

帰ったら今夜はもう飲まないで就寝です。

いっぱい泳いだから疲れたよ~。

ビンタン島についてはコチラ↓

インドネシアのビンタン島はシンガポールから1時間で行けるリゾートアイランド
シンガポールから高速フェリーで1時間で行けるリゾート地、インドネシアのビンタン島は本当に素敵な島でした。象に餌をあげたり、象に乗ったりもできます。ゆっくりしたい方にもおすすめ!日本人は少ないです。

 

5日目の出費

シンガポール旅行で使ったお金まとめ表

合計:19,931円の出費でした。

シンガポール旅行6日目へ続く

 

シンガポール旅行記☆目次☆

 

タイトルとURLをコピーしました