狼に育てられたディズニー映画『ジャングル・ブック』

ウォルト・ディズニーが手掛けた最後の長編アニメとして有名な『ジャングル・ブック』です。

原作がある作品ですが、ディズニーらしい脚色が光る映画になっています。

日本では、アメリカで公開された約1年後の1968年に公開されました。

海外では、子どもの頃にこの作品から影響を受けた人も多く、約36年後の2003年にジャングル・ブック2が公開されました。(日本では映画公開なし)

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

ジャングル・ブック The Jungle Book 1967年

主な登場人物

  • モーグリ (人間の男の子)
  • バルー (モーグリの友達)
  • ラマ (モーグリを育てたオオカミ)
  • バギーラ (モーグリの保護者 黒豹)
  • シア・カーン (人間嫌いのトラ)
  • カー (催眠術が得意な大蛇)
  • ハティ大佐 (ゾウのリーダー)

主題歌・挿入歌など

  • ザ・ベアー・ネセシティ(Bare Necessities)
  • 君のようになりたい(I wanna be like you)
  • ハティ大佐のマーチ(Colonel Hathi Elephant March)

φ(..)メモメモ

  • 原作は、イギリスの作家で詩人のラドヤード・キップリングの短編集『ジャングル・ブック』
  • 続編『ジャングルブック2』も映画化されました。
  • 実写版『ジャングルブック』が2016年8月に公開されます。

ジャングルブックのあらすじ

インドのジャングルで、バギーラ(黒ヒョウ)が置き去りにされた人間の赤ちゃんを見つけました。バギーラはその人間の赤ちゃんを、赤ちゃんを産んだばかりのオオカミに預けました。

オオカミは、人間の赤ちゃんにモーグリという名前をつけて育てます。

ところが、モーグリが10歳になった頃、人間嫌いの恐ろしいシア・カーン(トラ)がジャングルに戻ってきたのです。

バギーラモーグリを人間の村へ送りとどけようとするのですが・・・

続きは本編で♪

ジャングルブックのキャラクター

ほぼジャングルでのお話なので、様々な動物が出てきます。

  • オオカミ(アキーラ・ラマ)
  • 黒ヒョウ(バギーラ)
  • くま(バルー)
  • トラ(シアカーン)
  • ヘビ(カー)
  • オラウータン(キングルイ)
  • ぞう(ハティ大佐・ベビーエレファント)
  • ハゲタカ(バジー・ディジー・ジギー・フラップス)

左:バルー
右:キング・ルイ

ジャングルブックの曲

バルー(とモーグリ)が歌う♪ザ・ベアー・ネセシティと、キング・ルイが歌う♪君のようになりたいが有名です。

どちらもディズニー全体でみてもかなり有名な曲で、おすすめですよ。

ジャングルブックの問題点

オオカミに育てられた少年のお話で、原作がある作品なのですが、『南部の唄』と同じく、人種問題や何やらで騒がれることも。

『南部の唄』は、東京ディズニーランドの人気アトラクションスプラッシュマウンテンの元になった映画ですが、上記のような問題でVHSで出版はされましたが、それ以降、DVD化もされていません。

ジャングルブック 予告編

うーとおすすめ度 ★☆☆☆☆

約50年前の映画なので、その当時観たとしたら感動したのかもしれません。

映像がやはり古いのでちょっと物足りない感じがするのは仕方ないのですが、それだけでなく、ラストがあまりにも現実的というか・・・

これでよかったんだし、こうなるべきなんだろうけど、幼い頃の私は、この終わり方にショックを受けて、この映画が嫌いになりました。

夢見がちな人には向いてないラストシーンかもしれません。

ジャングルブック好きに観て欲しいディズニー映画

ジャングルブック好きのみなさんに、私がおススメしたい映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典①

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆