安い!地元フィリピン人に人気「セブウエスタンラグーン」ドラゴンプール

セブ市内(ビジネスセンター)から車で20~30分ほどのところに、セブ ウェスタンラグーン(Cebu Westown Lagoon)があります。

ここはホテルですが、プールを一般開放(デイユース)しているので、宿泊しなくても格安でプールのみ利用できます。

うーと

私は、セブ親子留学中に2回利用しました。

セブ親子留学日記1~3日目

セブ親子留学日記10~12日目

お値段と施設のバランスを考えると、私はセブのプールでここが一番好きです。

ただし、清潔さを求める方にはオススメしません。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

おすすめポイント(特徴)

値段(料金)が安い

マクタン島にある高級ホテルのデイユースは、大人1人:2,500ペソ(5,500円ほど)するところが多いのですが、ここはなんと、

  • 大人:350ペソ(770円ほど)
  • 子供:250ペソ(550円ほど)

と激安で、しかも、チケットにはワンドリンク付いています。

ただ、子供料金は2~4フィート(約60cm~120cm)料金なので、小学4年生のうちの息子は大人料金になりました。
※2フィート未満は無料です

持ち込みOK

セブ ウエスタンラグーンは、食べ物・飲み物の持ち込み自由です(レチョンとアルコール以外)。

そのため、フィリピンの人は、ここで誕生日会などのパーティーをすることが多いようです。

パーティーをするための、コテージ(上の画像・大きさは様々あり)を借りるのに半日、

  • 平日:600ペソ~
  • 土日:800ペソ~

かかります。

ただ、ここで食事をしないのであれば、コテージを借りる必要はないかなぁ。と思います。

その他、テーブルだけだと500ペソ、有料ロッカー(ボロボロ)も使用できますが、お値段がプール代金より高かった(値段は覚えていないです)ので、私たちは無料のテーブルを利用しました。

無料のテーブルとイス

無料のところも、屋根があるので突然のスコールでも安心です(ただ、かなり吹き込んでくるので荷物の場所は注意)。

ここは、このあとご紹介する3つのプールのうち、キッズプールとドラゴンプールの間にあるので、ジャグジーやスライダー、プールバーがあるプールとは少し離れています。

私たちは携帯・お財布・着替えなどが入ったバッグを長時間放置していても大丈夫でしたが、貴重品には注意してくださいね。

プールの側には、上の画像にあるようなチェアーがたくさんあるので、貴重品だけはいつも近くに置いておいたほうがいいかもしれません。

子供が楽しめる!プールがかわいい

プールは大きく分けて3つあります。

キッズプール

入口から入って真正面にあるプールです。

いろいろなプールに行ってみて気付いたのですが、セブのどこのキッズプールも「水をかけるのが好き」なようです。

とにかくあっちこっちから水が噴き出しているので、顔に水がかかるのが苦手なお子さんは要注意です。

滝・ドラゴン・スライダーと盛りだくさんのプール

入口から入って左側にあるドラゴンがかっこいいプールです。

ここはスライダーや滝もあり、大人も子供も楽しめます。

夜になると雰囲気がさらによくなりますよ。

大きなスライダーと深さのあるプール

入口から入って右側に進んだところにあるプールです。

ただし、入口近く(プールバー横)から入ると少し深いです!

スライダーがあるところは深くないので、お子さん連れの方は少し奥まで移動してから入るといいかもしれません。

また、スライダーには監視員さんがいないので子どもたちだけに任せておくとキケンです。

小さな子供が遊べるエリア(公園)がある

陸上にも、キッズプールとドラゴンプールの間のところに、子供が遊べるエリアがあります。

ここは、無料のテーブルからも見える場所なので、水が苦手な兄弟・姉妹がいる場合はここで遊ばせることもできますよ。

大人も嬉しいジャグジー・プールバーがある(1ドリンク無料)

セブのほとんどのプール(私が行ったプールはすべて)に、プールバーがありました。

しかも、セブ ウエスタンラグーンは、プール代金がめちゃめちゃ安いのに、チケットに1ドリンク無料券がついてきます。

右側の冷蔵庫一番下に入っている、哺乳瓶を大きくしたみたいなボトルが水です。

その他、種類は多くないですが、ソフトドリンクがありました。

そして・・・

無料チケットは、ビールもOKなんです!

カメラの充電が切れてしまったため画像がないですが、このプールの奥に、ジャグジーもあります。

しかも夜になるとジャグジーの中までライトアップされてキレイでしたよ。

私が行ったときは、18時を過ぎたくらいからライトアップが始まりました。

すべてのプールが幻想的になりますし、いろいろな粗も見えにくくなる(?)ので、夜もオススメです。

ここが残念(注意点)

セブ ウエスタンラグーンに限らず、基本的にセブのトイレはキレイではありません。

紙がないのはもちろん、便座がないこともあります。

高級ホテルのプールのトイレが、日本の通常レベルです。

セブ ウエスタンラグーンも例外ではなく、その手のシャワー室&トイレでした。

ですので、私はシャワーはしないで、無料のテーブルのところで着替えました(まだそのほうがキレイ)。

着替えやすい服装と、巻きタオルなどを用意しておいて、どこか隅っこで着替えるのがオススメです。

Cebu Westown Lagoon まとめ

  • 住所:FF Cruz Moonlight St., Subangdaku NRA Mandaue 6014, Philippines
  • 営業時間:8時~23時
  • 料金:大人350ペソ・子供250ペソ
    ※クレジット払い可能
  • 注意点:タオルの貸し出しなし

近くには、食事ができる屋台っぽいところ(Grabカーの運転手さんがオススメしてくれました)もありますし、そこへ行ってもいいのかなぁ。と思いますが、子連れだとそんなにアクティブに動けないですよね。

水着やタオルで荷物はいっぱいだし、早く部屋に帰ってシャワーを浴びて休みたい…。

子供が自然と英語を話すチャンス

清潔感に欠けるものの、プールは楽しいですし、プール自体の設備や水が汚いと感じることはありませんでした。

セブ滞在中は、ネットがつながらなくて(仕事上、どうしてもネットにつながないといけないことがあったため)フリーWi-Fiがあるカフェに行くことが多く、プールに頻繁に通う余裕がなかったのですが、そうでなければ、このプールにもっと行きたかったです。

セブ ウエスタンラグーンは、お値段も安く、パーティーができる場所なので、地元の人に大人気のプールです(セブの人はパーティーが大好き!)。

どこへ行っても韓国人ばかりでしたが、唯一ここだけは、地元の方のほうが多かったです。

フィリピンの人は気さくで、おしゃべり好きな人が多いので、キッズプールでは、子供同士あっという間に仲良くなって英語で会話していました。

海外留学は、学校での勉強はもちろんですが、こういう日常の英会話こそが海外留学の醍醐味なんじゃないかなぁと思います。

そのためにも、積極的に地元の人が集まる場所へ出かけてみるのがオススメですよ。

息子の実体験からオススメ子供用オンライン英会話スクールはこちら

私が試した大人用おすすめオンライン英会話スクールはこちら

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆