ビアンカの大冒険~ちょっと地味だけどほっこりするディズニー映画

イギリスの作家、マージェリー・シャープ『The Rescuer』が原作の映画『ビアンカの大冒険』です。

ディズニーの映画は原作を大きく変更している場合が多いのですが、この作品は、原作の主人公をそのまま生かしています。

※原作は、ミス・ビアンカシリーズとして全7巻発売されています。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

ビアンカの大冒険 The Rescuers 1977年

主な登場人物

  • ビアンカ (国際救助救援協会のネズミ ♀)
  • バーナード (国際救助救援協会のネズミ ♂)
  • オービル (アホウドリ航空のパイロット)
  • ペニー (みなしごの女の子)
  • メデューサ (ペニーをさらう質屋の女主人)
  • ネロ&ブルータス (メデューサのワニたち)

主題歌・挿入歌など

  • 誰かが待っている
  • 明日を夢みて

φ(..)メモメモ

  • 原作は、イギリスの作家マージェリー・シャープの『ザ・レスキュアーズ』

ビアンカの大冒険のあらすじ

ニューヨークの国際連合の建物の下には、ネズミたちの国連があるのです。

その名も『国際救助救援協会』(通称:RAS)

そこに、人間の女の子ペニーから助けを求める手紙が入った瓶が届きます。

ミス・ビアンカバーナードペニーを助けるために、アホウドリ航空の陽気なパイロット、オービルの背中に乗って悪魔の沼に向かいます・・・

続きは本編で♪

ビアンカの大冒険の見どころ

キャラクターがかわいいです。

ミス・ビアンカおしゃれキャットダッチェッスマリーちゃんのお母さん)は、モデルが同じ人だそうで、品のあるところが似ています。

バーナードは、験を担ぐタイプで、石橋を叩いて叩いて叩いて渡るタイプなのですが、ミス・ビアンカは、天真爛漫でとってもおおらか。いいコンビです。

悪者であるメデューサは悪者らしい悪者?で、ペットがワニ2匹なところなんかが、なんとなくリトルマーメイドアースラを彷彿させます。(アースラのペットはウツボですが)

ビアンカの大冒険の主題歌

サミー・フェインが作曲した♪誰かが待っている が、アカデミー賞主題歌賞にノミネートされました。

♪明日を夢みて もいい曲ですよ。

ビアンカの大冒険予告編

うーとおすすめ度 ★★★★☆

ディズニーっぽくないかもしれませんが、原作が良いせいもあってか、子ども受けしそうな内容です。

キャラクターの個性もしっかりしていて、前向きに、助け合って生きること。そしてそれらは、どんなタイプの人でも、どんなやり方でもできる。など、そこから学ぶところも多いかもしれません。

ビアンカの大冒険好きに観て欲しいディズニー映画

ビアンカの大冒険好きのみなさんに、私がおススメしたい映画は、

大人のみなさんには

子どもさんには

です。

ディズニー映画一覧に戻る ⇒ 『ディズニー映画一覧☆キャラクター主題歌辞典①

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆