多読(英語学習法)の効果と本の選び方

多読(たどく)

本来の意味は、文字通り「本をたくさん読む」という意味ですが、「英語の本を多く読むことで、英語の上達を目指す」という英語学習方法の一つとして使われることが多いです。

うーと

私もNOVA時代に、アメリカの先生に勧められてやってみました!

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

多読のルール3

英語学習法としての多読は、人によってルールが色々あるようです。

「ルールなんて必要ない!とにかくたくさん読めばいい!」という人もいれば、「絶対に辞書を使ってはいけない」という人もいます。

これが正しいルール!

というのはないのですが、一般的には、

  1. 辞書を使わず読む
  2. わからないところはとばす
  3. 途中でダメだと思ったらやめて他の本にする(ムリして最後まで読まない)

この3つが多いようです。

1.辞書を使ってはいけない理由

  • わからない単語が出てくる度に辞書をひいていたのでは、内容に集中できない
  • 単語の意味を覚えるのではなく、英語の流れを覚えるため

2.わからないところはとばす

  • わからない単語や文章がところどころあっても、気にせずどんどん進む
  • とにかく英語に慣れる

3.諦める!?

  • わからない単語や文章が多すぎて、内容がつかめない
  • おもしろくない
  • 読むのが苦痛

そうなった場合は、思い切って読むのを止めます!

そして、次の本へと移ります。

私の多読方法

私が、先生から教わった方法は、

  1. 気に入った本を
  2. 辞書をなるべく使わないで
  3. 3回読む

でした。

重要!本の選び方

一番大事なのは、本選びです。

  1. 読んでみたい本
  2. まだ読んだことがない本(内容を知らない本)
  3. 自分のレベルに合っている本

この条件すべてに合う本を見つけましょう!

うーと

これが難しい!

読んだことがないのに、読みたいと思えて、しかもその本が自分のレベルにあっていないといけません。

辞書の使い方

  • 最初~2回目:辞書を使わない
  • 3回目~4回目:辞書を少し使ってもよい
  • その後:辞書を使わないで読む

やっぱり最初は辞書なしです。

同じ本を3回読む

同じ本を最低でも3回読む!

3回も同じ本を読むのですから、よっぽど気に入った本でないとムリですよね。

私が選んだ本

私は、当時、話題になったのに映画を観ていなかった、『チャーリーとチョコレート工場』にしました。

辞書を使わないで読んだのですが、実は、この本には最後のページに難しい単語や言い回しの訳がついているんです。

なので、「意味がわからないところは、最後の訳のページにしおりを挟んでおいて、ちょっこっと見ながら読む」という使い方ができます。

えっ?

それは辞書使ってることにならないのかって?

うーと

だって辞書は使ってないもんねー♪

(ヘリクツ)

さらに、このシリーズには、おおまかなレベル(TOEIC 400点~など)が書かれています。

『チャーリーとチョコレート工場』は、TOEIC 400点~(初心者向け)なのですが、かなり難しかったです。

多読を体験した感想

初めて辞書を使わず(?)1冊読み終えたときの達成感は、なんともいえないものでした。

ただ、1冊読んだからといって、

  • 英語が突然わかるようになった
  • 単語をたくさん覚えた

などの実感はありません。

私が最初に選んだ本(チャーリーとチョコレート工場)が、私には少し難しすぎたというのもあると思います。

語彙力が極端に少ないので、わからない単語が多すぎました。

レッスンの度に先生に励まされ、なんとかがんばって読み終えることができましたが、途中で何度も諦めたくなりました。

その後、私はマジックツリーハウス(洋書)に出会い、やっと洋書をたくさん読めるようになりましたが、あいかわらずわからない単語は多いです。

うーと

マジックツリーハウス1巻は10回くらい読みました。

実感としては、その頃から英語に対する恐怖感というか、嫌悪感というかそういうのがなくなった気がします。

英語を早く身に付けたいなら、同じ本を何度も読むのがオススメ!

そしてその後も同じ本を3回以上読んでいるかというと・・・

一度読んでなんとなくストーリーがわかると、続きが気になるから次の巻に進んでしまうんですよねぇ…。

うーと

そして次の巻をAmazonでポチッとしている私がいる…。

英語・日本語に限らず、本をたくさん読むことで得られるものは多いと思いますよ。

おすすめの洋書

初めて洋書を読む、英語レベル初心者の方は、自分のレベルより2ランク下の本を選びましょう。

途中で挫折したときの敗北感は、自分が思っている以上です。

短くて簡単な本から挑戦するのが良いと思いますよ。

おすすめの洋書・児童書~大人の初心者向け英語本

私が挑戦した『チャーリーとチョコレート工場』を出版している講談社英語文庫も紹介しています。

未就学児・小学校低学年におすすめ「絵本のような英語教材本」

ここで紹介しているのは、Pre1とLevel1ですが、Level3は大人初心者向けです。

日本語と英語で同じ本を読み比べてみよう!

英語・英会話を勉強するなら

おすすめ無料体験ができるオンライン英会話スクール

大人におすすめのオンライン英会話学校

子供におすすめのオンライン英会話学校

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆