簡単!ブックカバーの作り方(布製)

私は、勉強のためにときどき洋書を読んでいるのですが、洋書って独特のサイズなんです。

しかも、洋書はAmazonで買うことが多いので書店でしてもらった文庫本の紙カバーは使いまわせないし、だからといってそのまま持ち歩くと、たいして英語ができるわけでないのになんだか恥ずかしい…。

そんなわけで、私はブックカバーを愛用しています。

洋書(ペーパーバック)は基本的に同じサイズなので1つ作っておくと、使い回せるんです。

うーと

自分がよく読む本のサイズで作っておくと便利ですよ。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

用意するもの

用意するのは、

  • お気に入りの布:表地と裏地
  • 布にあった色の糸
  • 針(ミシンがあれば早い)
  • アイロン

布の大きさは、

  • 横:縫代1cm×2+本の横幅×2+本の横幅2/5×2(折返し部分)+本の厚み+1cm
  • 縦:縫代1cm×2+本の高さ+1cm

これを2枚用意します。

※今回は息子(9歳)が縫うので、縫代を1.5cmとっています

折返し部分の量は好みですが、私は1/3~1/2くらいが使いやすいです。

そして、あまりピッタリだとパッツンパッツンになってしまうので、出来上がり合計の寸法に1センチ~の余裕をもたせるといいと思います。

うーと

今回は、表の生地は2つの柄(リボンと黒い生地)を合わせています。

間にレースなんかを入れてもかわいいですよ♪

布はオックス生地がオススメ!

子供の通園グッズを作るときによく使うのがオックス生地です。

しかも、かわいい柄が多いんですよ。

ちょっと厚めだけど(といっても帆布生地ほどではない)、厚みがあるおかげで、よれにくくて縫いやすいんです。

ブックカバーの作り方・手順

前準備:布を作る

まずは、表地を作ります(1枚の生地で作る場合はこの工程は必要ありません)

2つの生地、もしくはレースなどを縫い合わせて1枚の布にしておきます。

①生地を中表にして両サイドを縫う

2枚の生地を中表にして両サイドを縫います。

②折返し部分を中に折りたたんで上下を縫う

中表のままで、両サイドを内側に折返し寸法分折りこみます。

そして上下をそれぞれ縫いますが、必ずひっくり返す口を開けておいてください。

③ひっくり返して繕う

ひっくり返すのに使ったところを手縫いで閉じたら完成です。

完成!

まっすぐ縫うのを4回(縦2回・横2回)に、最後に口を閉じれば完成なので、ミシンがなくても簡単にできますよ。

その他の簡単手作りグッズ

ブックカバーは英語ではない

英語で、ブックカバー(book cover)というと、本の表紙のことを指します。

日本でいうところのブックカバーは、

  • book jacket
  • dust wrapper
  • dust jacket
  • dust cover

などとよばれているそうです。

英語を勉強するって楽しい

オススメの洋書

子供用英語教材

無料体験!オンライン英会話

子供におすすめ英会話教室(オンライン)

大人におすすめ英会話教室(オンライン)

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆