滝の裏側に入れる「岩井滝(裏見滝)」岡山県鏡野町(旧上齋原村)

シェアしてね♪

鏡野町(上齋原村)の岩井滝(裏見滝)

岡山県鏡野町(旧:上齋原村)に岩井滝があります。

岩井滝は、滝の裏側に入れる「裏見滝」としても有名です。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

岩井滝について

岩井滝で修行中の男の子(RYU)

岩井滝は、旧:上齋原村、つまり岡山県と鳥取県の県境にあります。

近くには恩原高原スキー場 (おんばらこうげん)があるくらい山奥なので、一番近い院庄ICから車で1時間ほどかかります。

公共の交通機関を利用して行くのは難しいので、自家用車で行くかツアーを利用することになると思います。

そして、途中から車ですれ違えないほど、かなり道が細いです!

しかも、こんな看板があります。

Bears are in Japan. 日本には熊(クマ)がいます。 If you see the warni&

冬の岩井滝はツアーのみ!

岩井滝周辺は、雪が2m近く積もることもあり、11月下旬から4月上旬は一般車両の進入・駐停車は禁止です。

ただ、凍った岩井滝はめちゃめちゃキレイなんです。

うーと

写真でしか見たことがないけど。

そんな冬の岩井滝へ行きたい方は、特別なツアーでなら行くことができるそうなので、気になる方は鏡野町産業観光課に問い合わせてみてくださいね。

岩井滝の水は子宝の水【日本名水百選】

鏡野町(上齋原村)の岩井滝(裏見滝)

岩井滝にはかなり広い駐車場があるのですが、そこから数分山道を歩きます。

山道といっても、キレイに整備されているので、杖が必要な方でなければ比較的歩きやすいと思います。

その山道を歩いて1分ほどのところに、名水100選にも選ばれたお水が湧き出ているところがあります。

みなさん大きなペットボトルを持って水を汲みにきていますが、車まで往復するのはなかなか大変だと思うので、体力に自信がない方は小さ目(2リットル×2本程度)がいいかもしれません。

なぜ、岩井滝の水が人気かというと、「岩井滝の水を飲むと子宝に恵まれる」という子宝伝説があるからです。

岩井滝まつり(7月10日)

鏡野町(上齋原村)の岩井滝(裏見滝)

岩井滝の水を21日間飲み続け、7月10日に子供を授かったという伝説から、岩井滝の水は、「子宝の水」と呼ばれています。

また、毎年7月10日には「岩井滝まつり」が開催されています。

岩井滝周辺の情報

岩井滝で修行中の男の子(RYU)

●場所:岡山県鏡野町上齋原

鏡野町(旧:上斎原)

妖精の森ガラス美術館は、岡山方面から岩井滝へ行く場合前を通ります。

うたたねの里いっぷく亭は、鳥取方面からでも岡山方面からでも、179号線を通ってくる場合は、前を通ります。

鏡野町(旧:奥津)

院庄ICから岩井滝へ向かう場合、赤壁邸(あずみ)以外は、179号からすぐ(車で1分以内)のところにあります。
※奥津渓を通る場合は旧道を通ることになるので、少しだけ大回りすることになります

  • 静かな秘境温泉でまったり ⇒ 奥津温泉
  • 奥津温泉施設内にあるカフェ ⇒ Aelu
  • 奥津温泉道の駅で食べ放題 ⇒ 温泉亭
  • 奥津でお蕎麦を食べるなら ⇒ 秀峰
  • 赤壁のお蕎麦屋さん ⇒ あずみ
  • 景色(とくに紅葉シーズン)がキレイ ⇒ 奥津渓・甌穴

鏡野町

少し179号からそれますが、10分もあればソフトクリームだけでも買いに寄れますよ。

53号線へ抜ける峠の途中

どちらも鳥取県ですが、そもそも上齋原村が鳥取県との県境なので、そんなに遠くないです。

といっても、車で30分くらいかかりますし、冬はやめたほうがいいと思います。

峠を抜けたら

峠を越えるのに1時間以上かかりますし、冬は超えられません。

そのため、1日朝からお出かけ♪の日でないと同じ日のコースに入れるのはオススメしません。

スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆

シェアしてね♪

フォローはコチラ♪

オススメ記事


スポンサーリンク
☆スポンサーサイト☆